« 大井川鉄道「家山駅」 | トップページ | BSは鉄道番組の宝庫 »

2010年9月11日 (土)

富士山静岡空港

Shizuoka_01

富士山静岡空港、静岡県島田市と牧之原市に跨る空港ですが、正式名称は静岡空港と言うようです。

Shizuoka_02

富士山静岡空港はニックネームのようで、富士山の近くに位置しているような錯覚をされる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際の距離は横浜と富士山との距離(約80km)に等しいので、視程が良くないと空港から富士山は望めません。これは自分の目で確認しました。

Shizuoka_03

この空港を使っているエアラインはご覧の通り。全日空が札幌便と那覇便を受け持っているようです。

Shizuoka_04

しかしこの空港も開港前から赤字になるのが分かっていての営業開始。日本の行政はホント不思議ですねぇ・・・。この後に開港した茨城空港も同じ。利益を得たのは建設に携わった会社と一部の政治家だけでしょうねぇ・・・きっと。

Shizuoka_05

事実ターミナル内は実に閑散としていて、出発ロビーもパラパラと乗客が来るだけでした。グランドスタッフも手持無沙汰という感じでスタッフ同士が駄弁っているくらいですから。(^^;

フリースポットのインターネットコーナーが設けられており、無線LAN内蔵のパソコンを持っていれば無料でネット接続が出来ます。私は iPodで試してみましたが、パスワードなどの面倒な設定なしでそのまま繋がりました。

Shizuoka_06

さて滑走路の方位は12/30で、2500x60mが一本。開港予定(2009年3月)直前、空港に隣接する立木を土地所有者に無断で伐採し、所有者の逆鱗に触れた事は有名ですね。そのお陰で開港が予定より遅れてしまったわけで。

Shizuoka_07

建設反対派も相当いらしたようですが、結局推進派が勝利しました。いろいろな利権が当然絡んでいるのでしょうねぇ・・・。狭い日本、そんなに空港を作ってどうするのでしょうか・・・?

Canon EOS 7D + EF-S 15-85mm/F3.5-5.6 IS USM、SIGMA APO 50-500mm/F4.5-6.3 DG OS HSM

« 大井川鉄道「家山駅」 | トップページ | BSは鉄道番組の宝庫 »

コメント

おはようございます。
確か以前行った紋別空港も1日に1本だった気がします。維持するだけでも大変かと思います。本当にこんなに作ってどうするの?っていう感じですね。

koukoさん、おはようございます。
紋別は1日1便ですかぁ・・・。
空港はあれば便利ですが、便数の少ない空港は維持費だけでも大変な費用だと思います。
静岡はそれでも地方空港としては便数は多い方ではないかと思います。

いかにも閑散とした富士山も遠いいい加減な名前の空港ですね。開業時からこれでは閉鎖も近いのでしょうか。
お役人の地理的条件、将来性も利用者のことは一切考えないつくればよいのだとの大型土木工事の典型ですね。これては茨城空港と同様行政の末期的症状でしょうか。大井川鉄道の必死の企業努力を僅かでいいので学んでほしいものです。
大井川鉄道と静岡空港の明暗を見せる見事な対比に考えさせられました。

TOKIWAIさん、こんばんは。
閉鎖はともかくとして、毎月の赤字補填は静岡県民の血税で埋められるのだと思います。私如きがとやかく申しても始まりませんが、羽田、セントレアの間にどうして空港を造る必要があったのか疑問です。
必要ないと分かっていながらも、利益を被る事が出来る人たちが造ったのでしょうけど・・・。もちろん完成した後の事なんて知らないよ・・・とほくそ笑みながら。

こんにちは。
新幹線があるから、九州、北海道、北陸便があれば十分という感じですね。
出発ロビー、昼を過ぎると寂しそう。近所に住んでいる人なら、ノートPC持ってロビーにくつろぎに来るというのはどうでしょう。

ビワさん、こんばんは。
そうですねぇ・・・、新幹線では遠い地域は飛行機で・・・、そういう利用の仕方になるのでしょうか。
無線LANは無料ですからネットはし放題。おまけに駐車場も無料。近所なら涼みがてらにパソコン持参。これ良いですね。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大井川鉄道「家山駅」 | トップページ | BSは鉄道番組の宝庫 »