« 寝台特急「北斗星」 | トップページ | 東京・高円寺 »

2010年10月14日 (木)

新幹線三景

50_52
東京・有楽町駅前

昨日は歴史のあるブルートレインの話題を採り上げました。ローテクのブルートレインなら、ハイテクの最たる路線は新幹線でしょう。

50_58

私は東海道新幹線しか乗った事がなく、東京以北の新幹線は未だ乗っていません。ブルートレインも東京以北の新幹線も乗車経験がないという、珍しい人間かもしれません。(笑)

50_55

その東海道新幹線も最近は京都へ行く時しか乗っていません。今年の京都詣では春に二回行っただけ。今度乗車するのは紅葉の京都に行く時でしょうね。猛暑の後の紅葉、どういう結果になるのか・・・。

紅葉と言えば昨晩テレビで紅葉の旅番組が放送されていましたが、青森八甲田の紅葉(黄葉)が素晴らしかったですねぇ。自分の目で一度見てみたいとテレビを見ていて思っちゃいました。北海道十勝岳の紅葉も見る事が出来ましたが、やはり自分の目で見たいですね。

NIKON F3 + Nikkor H-Auto 50mm/F2、Kodak T-MAX 400

« 寝台特急「北斗星」 | トップページ | 東京・高円寺 »

コメント

管理人様

ライカを調べていたらここにたどり着き
興味を持って楽しく拝見させていただきました。

大変突然で恐縮ですがご質問させてください。
EOS 5D初代にアプダターをかまし、念願のライカRレンズを入手しました。
レンズは35m F2.8のタイプです。Summicron-R 50mm/f2はツアイスのプラナー50 F1.4を持っていたため35mmにしたのですが、
それでもSummicron-R 50mm/f2は別物でしょうか?
コクのある粘りのある描写という評判に引かれています。
また、年代の種類?タイプによって写りが違っているものなのでしょうか?
大変お手数ですがお時間あります時にご教授頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

おはようございます。
有楽町の風景のスナップは、モノクロが似合いますね。私も観光目的で乗った新幹線は東海道新幹線の京都までだけです。九州新幹線も全線開通のようですね。日本中が近くなりますね。遠いとつい飛行機と思ってしまいますが、時間があったら、列車の旅は楽しいですよね。KONDOHさん、今年の紅葉狩りはどちらへ? もしや八甲田行きの計画中とか(^^)

Futuさん、おはようございます。
EOS 5Dが登場した時、Rレンズをフルサイズデジタルで撮影出来ると喜び、私も予約して購入しちゃいました。現在は手放しておりますが。
さて、お尋ねのSummicron-R 50mmですが、ご存じだと思いますが初代の俗にいうおちょぼ口のタイプとフィルター径E55との二種類あります。またE55もカナダ製とドイツ製とがあり、コーティングも違ったりと、選別に悩む事と思われます。
ただ私はE55の現行(ドイツ製)しか使用経験がなく、年代の違いをお教え出来ないのでご容赦下さい。
Rレンズはキヤノン EFレンズなどの発色とは違い、やや渋めなところがあり、それが色にコクがあると表現される所以ではないかと。しかしRレンズの中でも比較的設計の新しいアポマクロ100mmやアポズミ90mmなどは従来とは少々違う感じも受けています。
Summicron-R 50mmは私が使った現行世代に関しては従来からある他のRレンズと同じ印象です。しかし歪曲も良く補正されており、さすが設計はライツ、という印象です。
今、Rレンズは大分安くなりましたので、初代とE55のふたつのタイプを使ってみるのも面白いかもしれませんね。ご参考にならない回答で申し訳ありません。

koukoさん、おはようございます。
再開発される前の有楽町の方がよりモノクロに適していたと思うのですが、それでも直ぐお隣が銀座とは思えない雰囲気も未だ残っておりますね。
さて新幹線、おっしゃるように九州新幹線も全線開通、そして東北新幹線も全線開通を待っている状態で、北海道、四国を除けばどこでも新幹線を利用出来るようになりました。凄い事ですね。
八甲田の紅葉、今から準備したのではもう遅いのではないかと。来年以降ですね。(^^;

Futuさん、はじめまして!横から失礼します。
Rレンズを使う一人としてまた一人お仲間が増えるのはうれしいです。Summicron 50mmは定評ある標準レンズです。シャープさに関してはトップレベルで、特に初期の個体は解像度が高いです。標準レンズの中の標準レンズといえます。既にPlanar 50mmをお持ちとのこと、標準レンズの比較をされるという目的でないのなら、Macro Elmarit 60mm/f2.8もおすすめです。ちょっと長めの標準レンズ+マクロという重宝なレンズです。

この前東北新幹線に乗りました、3回目かな。新幹線という感じがしないのは何故?景色のせいかもしれません。私事で恐縮ですが昔大阪出張の帰り「ひかり」と「こだま」間違えて乗っちゃいました(笑)。

都心の新幹線は車中からの風景のみで、道路や在来線から撮影したいと思いますが最近は旅行の機会もなくなり訪れた際は長目のレンズで夜間撮影すれば流れていい画像ができるのかと是非撮影したいと思っています。
来年3月になれば東京、博多で乗り継ぎしなければならないのですが青森から鹿児島まで東京では接続していない線路ではありますが新幹線で旅行できることになりますね。
このような長距離利用する人はいるのでしょうか。疑問ですね。

tamuraさん、こんばんは。
フォロー、ありがとうございます。
Summilux 50mmは初期のタイプを愛用しております。これもまた素晴らしいレンズで手放せません。

ダンさん、こんばんは。
東北新幹線、3回お乗りになってらっしゃいますか。私も一度は・・・と思っているのですが。
「ひかり」と「こだま」を間違えましたか。東海道新幹線は色の区別がないですから間違えやすいかもしれませんですね。

TOKIWAIさん、こんばんは。
都心の新幹線撮影は難しいですね。防音壁で囲まれておりますから撮影場所は限られてしまいます。
確かに青森から鹿児島まで、直通ではないにしても一応新幹線で移動出来るわけですね。しかしお金も時間も掛かりそうです。

KONDOHさん、こんばんは!
すみません、ちょっと差し出がましいことを書いちゃいました。
Summilux 50mm は初期タイプとE60の2本所有しています。開放付近でのボケはE60に軍配ですが、現代的でスッキリ描写ですね。その点初期タイプは開放こそぐるぐるボケで癖がありますが、味があるレンズです。両者全く違う描写なので、できれば両方あると、、、以下自粛(笑)

tamuraさん、
いえいえ、絶妙なヘルプでした。ホントにありがとうございました。
Summilux 50mm 初期タイプのボケはおっしゃるように時にぐるぐるボケですが、これもまた味と思っております。(笑)
E60、一度某ショップに中古として出ていたのですが、かなり使い込んでいると見えて外観がボロボロでしたので見送りました。しかしその後一度も出会っていません。今思えば保険代わりに購入しておけば良かったと後悔しております。まぁ、またいつか出会いを期待して・・・。

こんにちは。
新幹線に縁のない人は意外に多いようで、前の会社でも仕事以外では乗ったことがないという人がけっこういました。僕の郷里は近くに新幹線の駅があるにもかかわらず、乗ったことが無いという人が非常に多いです。使う人は頻繁に使いますし、二極化しているのかもしれません。

ビワさん、こんばんは。
そういうものなんでしょうかねぇ・・・。やはり新幹線は運賃が高い、というイメージから敬遠されてしまうのでしょうか。
もっとも用事がなければわざわざ乗る人もおりませんでしょうが・・・。

KONDOH様
tamura様

ご丁寧な解説をありがとう御座いました。
結局、欲しくてたまらない状況になってきました。

初期タイプとE55とE60の3種類くらいがあるという事ですね。
どれでも良いので伝説の50mm F2を探したいと思います。
東京に住んでいますので、銀座あたりを物色したいと思います。
ありがとう御座います。

Futuさん、おはようございます。
ズミクロンがシリーズフィルターの初期タイプとE55です。E60というのはズミルックスの新設計タイプであります。
どれを選んでも良いレンズに変わりありませんが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寝台特急「北斗星」 | トップページ | 東京・高円寺 »