« 見沼通船掘 | トップページ | 携帯カメラで見沼を »

2010年10月 4日 (月)

カラーをモノクロ変換

L9770027_2

ここだけ時間が止まったかのよう・・・。芝川でのんびりと釣りをしている人がおりましたので、何が釣れるのかと私まで休憩がてら見てしまいました。その静寂を破るように向こうの橋梁をJR武蔵野線が通過して行きました。

L9770028_2

私はモノクロで撮りたい時はモノクロフィルムを使うので、デジタルで撮影したものをモノクロ変換する事がまったくと言って良いほどありません。そこで今日はカラー撮影したデジタル写真をモノクロに変換してみました。写真はすべて見沼田んぼ周辺で撮影したものです。

L9770006

L9770013

通船掘にはカルガモ、コサギ、何故か猫も川縁をトコトコと歩いてました。

L9770021

カラーで見るとドギツイ色の蜘蛛も、モノクロで見ると中和されて良いかと。(^^;

モノクロ変換した写真を拙ブログに掲載するのは初めてかもしれません。自分の記憶にありませんので多分・・・初めてでしょう。こういうのも有りかな・・・?

LEICA R9 + Summilux-R 35mm/F1.4 + DMR

« 見沼通船掘 | トップページ | 携帯カメラで見沼を »

コメント

おはようございます。
モノクロ変換したデジタル写真、まるでフィルムのようですね。3枚めの木のお写真などはカラーで見ると印象が全然違うのではないでしょうか。フィルムの先行きが不安な今日この頃ですが、今日のお写真を拝見すると、デジタルでこういうのもありかな、と思いました。でも、これはきっとR9とそのレンズの威力でもあるのでしょうけれど^^

お久しぶりです^^/
デジタルの場合、最初から黒白で撮るよりカラーで撮って黒白変換の方が良い…という記述を読んだ事がありますよ。椎名誠さんの連載写真もカラー写真のモノクロ出力が多いですね。

koukoさん、おはようございます。
3枚目・・・って、私の事でしょうか?(^^;
確かにこの写真はカラーで見ると肉眼で見た印象と少し違うので、モノクロの方が面白くなりました。
将来的にモノクロフィルムが入手しづらくなった場合、カラーをモノクロ変換して楽しむようになるのかも・・・。そんな事になったら実に残念ですが。
R9とレンズの威力、はいありますよ(と、思ってます)。(^^;

スカルピアさん、おはようございます。
そうなんですか・・・。確かにカメラの機能のひとつに「モノクロ」というのがありますね。雑誌連載の椎名誠さん、そういえば毎月モノクロでした。
雑誌でもモノクロ変換の記事が掲載されたりしますが、時代はデジタルのモノクロ写真変換なのですねぇ・・・。

こんにちは。
モノクロにすると中和されるというのはありますね。カラーでは生々しすぎる写真もモノクロだとすんなり受け入れられる場合があります。あまり美しくない物なんかも、モノクロだとフォルムに集中できるようになりますね。

ビワさん、こんばんは。
モノクロは見る側にいろいろと想像させる面もあるかと思います。カラーですと見たまま・・・という感じなんですが。
案外、じっくり見るのはモノクロの方かもしれませんですねぇ・・・。

モノクロで色を感じさせるのは難しいですね、
自家現像、プリントはモノクロしかできませんでしたが、部屋が酢酸くさくなるほどやったものでした。

roxanne6さん、こんばんは。
モノクロはご覧になって頂く方に色を想像させる、というメリットもあると思います。
今日、或るモノクロプリントの写真展を見て来たのですが、結構じっくり見ている自分に気が付きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 見沼通船掘 | トップページ | 携帯カメラで見沼を »