« 築地川銀座公園 | トップページ | 京都・紅葉便り 2010 »

2010年11月23日 (火)

フルHDはトレンド?

Gf2
Panasonic GF2

先日発表(米国では大分前)されたパナソニックさんのGF2ですが、ニューモデルは来春くらいかと思っていたら一年強でモデルチェンジ。早いですねぇ・・・。しかし私がやや驚いたのはその事ではなく、動画にフルHDを搭載して来た事。

先に発売されたGH2がフルHD動画を主力としている機種だけに、同社他のモデルにはフルHDを搭載しないものと思っていましたので。今秋に発売された各社のデジタル一眼レフには当たり前のようにフルHD動画機能を搭載して来ましたが、いよいよスチルカメラとビデオカメラの垣根がなくなって来てしまったような・・・。

ただ日本や米国の放送規格NTSCでは60フィールド30フレーム方式。奇数走査線と偶数走査線の二枚で一枚の画像を作っており、これをインターレースと呼んでいます。よく「1920x1080」の後ろに「60i」とあるのは規格通り60フィールドによるインターレース方式であるという事です。

デジ一眼でフルHDを売りのひとつにしている機種でも、この規格通り「60i」で出力しているデジ一眼は現在発売中のものではGH2だけ。GH1は記録は」「60i」なのに、出力は何故か24Pでした。「P」はプログレッシヴの意味で、インターレースが二枚で一枚の絵を作っているのに対してプログレッシヴは一枚、一枚で絵を作っています。要するに24枚の写真の連続で動画を作っているわけです。

Hx5v
SONY HX5V

ぐだぐだと日本のビデオ方式の事を説明して来ましたが、映像にも興味がある私としてはフルHD動画搭載を喧伝する以上「60i」で搭載するべきではないかと思うわけです。上記ソニーさんのコンパクトデジカメ HX5Vや同社他のコンパクトでも「60i」のフルHD動画を搭載しているのですから。

ちなみにこのコンパクトデジカメによるフルHD動画は80インチの画面にも耐えられるほどの高画質ですよ。数十万円、数百万円もする業務用SD(DVD)画質のビデオカメラより画質が良いのですから。こういう事を申しますとビデオカメラに関心のない方は「デタラメを言うな!」と信じないかもしれませんが。SD(720x480)とHD(1920x1080)の画素数の違いは決定的な差ですから。ただHX5Vの内蔵ステレオマイクはとても貧弱な音ですが。

と、ソニーさんを弁護するような事を申しましたが、実は同社α55などのフルHD動画は「60i」ではないのですよね。どうやらセンサーサイズが影響しているようで、35ミリフルサイズやAPS-Cなどの大きなセンサーで「60i」にするには技術的に大変なようですね。

でも、これだけ各社フルHD動画搭載・・・フルHD動画搭載・・・と喧伝する以上、「60i」には拘って欲しいですねぇ・・・。パナソニックさんのAVCHD方式の専用ビデオカメラではAVCHD規格にはない「60P」をなんと搭載しちゃいました。これは独自規格になってしまうのですが、同社のチャレンジ精神には拍手を送りたいです。かなりな高画質らしいです。

今日はスチル撮影と同じくらいビデオ撮影を楽しんでいる私の能書きでした。動画はやらないからデジ一眼に動画機能は必要ない、という方も沢山いらっしゃると思いますが、試してみて頂ければ結構面白いものだ、と思うかもしれませんよ。(笑)

さて、明日のブログは多分・・・お休みさせて頂きます。

« 築地川銀座公園 | トップページ | 京都・紅葉便り 2010 »

コメント

 おはようございます。動画の世界、よく分かっていません。

 でも動画で撮ると、楽しさが増えますね。
 しかし、編集ソフトもないので、ただ撮るだけです。

 あっ、京都行きでしょうか。今、良い時期だと思います。紅葉も期待出来そうですね。

京都でしたらご隠居に遭遇するかもしれませんねl

動画もやってみたくもあり、撮るのも下手でもあり・・・

pyosidaさん、こんばんは。
動画って、何故か使わないままに敬遠する方がいらっしゃいますが、撮影してみると案外面白いものだと思います。
今日の記事の中身は私の能書きですから無視して頂いて結構なので、もっと皆さんに動画の面白さを経験して頂きたかったのが本音です。
ところで鋭いですね。(笑)

@KYOTO

roxanne6さん、こんばんは。
はい、これは京都のホテルからです。(笑)
動画、最近のデジ一眼は皆動画機能付ですから楽しんで頂きたいです。

 KONDOHさん、やはり京都でしたか。

 今日の午後は、京都は少し寒かったのではないでしょうか。
 でもその分、紅葉は良いはずです。

 KONDOHさんの、写真を楽しみにしております。
 KONDOHさんの写真を見て、京都に行ったことにします。(笑)

こんにちは。
ちょっと前までは動画の画質は静止画と比べて明らかに見劣りしましが、最近ではWeb程度なら動画から切り出しても問題ないくらいになってきました。もう動画はオマケではなくなってますね。

私も、最近使っていなかった5Dmk2の
動画機能を使っています。
秋の落ち葉何ぞを撮るのにもいいもんですえ。
ちょっとまだ慣れてはおりませんが、
結構面白いです。

pyosidaさん、こんばんは。
二日間、絶好の撮影日和とまでは申せませんが、先ず先ずの天候でした。
やはり京都は何度行っても良いところです。今回も素晴らしい巡り会いがありました。

ビワさん、こんばんは。
はい、動画はもうおまけではなくなりました。
それでも軽視する方がいらっしゃるのが残念です。

swingphotoさん、こんばんは。
デジ一眼の動画機能が注目されるようになったのは5D II からですし、それだけの画質があります。
使い勝手は専用ビデオカメラのようには行きませんが、これも将来更なる発展があると思います。
是非、これからも活用して下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 築地川銀座公園 | トップページ | 京都・紅葉便り 2010 »