« 勝鬨(かちどき)橋 | トップページ | 築地場外市場 »

2010年11月18日 (木)

マランツ NA7004 追記

Dsc00235

NA7004ですが、予想以上の成果に導入して良かったと思います。当初はPCオーディオなんて眉唾ものではないかと危惧していたのですが、ハイエンド・オーディオマニアの方まで騒いでいるのも納得でした。

愛用のCDプレイヤー、市販の音楽CDに読み込みが出来ないものが出て来るようになりまして、さすがに代替時期が来たのだと観念していたのですが、丁度PCオーディオなるものを導入してみる絶好の機会と思ったわけです。使っていたCDプレイヤー、現在の製品に置き換えたら15万から20万円くらいの中級機といったところ。

さて、そのネットワーク・オーディオ・プレイヤー、NASとはルーターを介してLANケーブルで繋がれているわけですが、そのLANケーブルによっても音が変わるとの事。導入当初はブルーレイ・レコーダーとルーターとを繋げていたカテゴリ 5という安物でした。しかしそれでも今まで使っていたCDプレイヤーより音は良かったのです。

で、昨日仕事帰りに上記写真のLANケーブルを購入して来まして、昨晩早速聴き比べてみました。このケーブル、端子周りに金メッキが施されています。

Mutter

使った音源(NASにリッピング済み)はこれ、カラヤンとムターによるドイツ・グラモフォンでの全録音を集めた5枚組みのCD BOX(輸入盤)です。激安だったのでつい購入してしまいました。(笑)

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲第一楽章を聴いてみました。最初はもちろん当初繋げた安物のケーブルでの試聴。数分ほどじっくり聴いてからストップし、そのケーブルを抜いて購入して来たLANケーブルに交換。そしてもう一度第一楽章冒頭から再生してみると、あれあれ・・・? アンプのボリューム位置は変えずにそのままにしていたのに、スピーカーから流れてくる音量が大きく聴こえるではないですか。

明らかに周波数レンジが広がっており、ムターのヴァイオリンも一段と艶やかに聴こえます。なるほどケーブルでこれだけ音が変わるものか・・・と感じた次第。購入したLANケーブルはカテゴリ 7に属しており、伝送帯域600MHzをクリアしているとの事。

マランツの社員の方曰く、USBケーブルほど大きな変化はないですが、それでもLANケーブルによる音質差はありますよ、と申しておりました。

音質アップで内心ニコニコしながら聴いていたのですが、良い事ばかりは続きません。今度は愛用していたアキュフェーズのアンプが調子悪くなりました。途中で右チャンネルからノイズがブツブツと聞こえた瞬間、プツッと音が消えてしまい、左チャンネルからしか音が出ていません。^^;

購入してから何年経っているのかなぁ・・・と保証書を引っ張り出して来て確認したら、1995年10月でした。15年間故障なく働いてくれていたのですね。さすがアキュフェーズ製品、信頼がおけます。

一旦電源を切ってからボリュームつまみをぐるぐる回転させて接点に刺激を入れてから再度電源オン。最初は右チャンネルも普通に出ていたのですが、直ぐにまた出なくなりました。もう一度電源を切ってボリュームつまみをぐるぐる。(笑)

その後は異常なく聴けましたが、使った年数・・・使用時間を考えるとオーバーホールが必要ですね。ところで音質アップが確認出来たら欲が出るもので、今度はNASとルーター間(現在はNAS付属のケーブル)もケーブル交換したらどうか・・・なんて考えております。(笑)

« 勝鬨(かちどき)橋 | トップページ | 築地場外市場 »

コメント

こんばんは。はじめてコメントいたします。
以前よりずっとブログ拝見していました。
素敵な写真はもちろんのこと、様々な分野に精通され、
感心いたしております。
最近自分もPCオーディオに関心があり、特にマランツの本製品には興味があります。その意味でもKONDOHさんの
記事は大変参考になり有り難く思っています。
勝手ながら当方のブログにリンクをさせていただきました。また訪問させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

電線の奥は深いというところですね、
だんだん電線にはまって電線マンにならないようにしてください(^^)
PCオーディオも危険な領域ですね。

おはようございます。
金メッキのLANケーブル、いかにもよい働きをしそうですね。普段見慣れているケーブルとは数段違いそうです^^ 何事もまずは道具を抑えることが大事ですね。カメラも^^

Eurekaさん、はじめまして。
拙ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。
好奇心旺盛であちこちに興味を持ってしまいますので、散財しております。
PCオーディオにご興味をもたれているとの事。おやりになってみる価値はあると思います。多分、この分野もこれから発展して行くのではないかと思っています。
リンク感謝致します。夜、帰宅後にこちらもリンクさせて頂きます。

roxanne6さん、おはようございます。
私はケーブル類にはまったくと言って良いほど拘らないのですが、今回は試しという意味であまり高くないものを使ってみました。

koukoさん、おはようございます。
最初に道具有りき・・・かな?(笑)
デジカメも使うメモリによって画質が違ったら面白いですね。実際のところどうなんでしょう・・・?

こんばんは。
PCオーディオ入門記、興味深く読まさしてもらってます。
こちらもCDプレイヤーの買い替え時期に来ておりましたので選択肢が広がりました。
自分には今のところ縁の無いものと思っていましたが記事を読むに連れ身近な存在となりつつあります。
ボーナスも近いので真剣検討に入ります。

こんにちは。
カテゴリー5は100MHzまで、カテゴリー7は600MHzまで対応ということなので、それだけでもずいぶん違います。カテゴリー7なら、10ギガビットLANで100m以上の通信ができるほどなので、十分以上の性能でしょう。シールドもしっかりしているので、ロスも少ないと思います。

Kenclipさん、こんばんは。
拙い文章をお読み頂きまして恐縮です。
当初眉に唾しながら始めてみたPCオーディオ、いざ自分の耳で確認してみると可能性が大きく開くような気が致しました。
今後オーディオメーカー各社も徐々に参入して来ると思われます。楽しみですね。

ビワさん、こんばんは。
コンピュータ分野は多分ビワさんのお得意の分野ではないかと推測しております。
今回のケーブル、ノイズ対策がしっかりされているようで、ケーブル自体が固いです。しかし本当に音は変わりました。

こんばんは。
ケーブルの交換に消極的な見解をお持ちだったKODOHさんが、違いを認められたのがおもしろいですね。
LANケーブルはオーディオ用に売られているものではなく、PC用のものでしょうか。私も試してみたいので。

yymoonさん、おはようございます。

>ケーブルの交換に消極的な見解をお持ちだったKODOHさんが、違いを認められたのがおもしろいですね。

痛いところを・・・・(笑)
消極的というよりピンケーブル一本に数十万円も費やす人の気持ちが分からないだけでして、ケーブルを換えれば音色にも違いが出るのは分かっておりました。
微小信号を扱うアナログプレイヤー、アームからの出力ケーブルを換えるだけで音色が変わるのは過去に自分でも交換して経験しておりましたから。
取り敢えず今回も眉に唾を付けながら(笑)、PC用としてハイエンドのカテゴリ 7を選んでみました。二重にシールドされているケーブルで、比較的硬く出来ております。これでも高周波伝送用ですから結構音は変わりましたです。

RLFCのN君の高校時代の知人です。LEICAのblog時々拝見しております。
 私も最近NetAudioに興味がありappleTVから光出力でPanaosnicのAVアンプ経由でAirPlayで楽しんでおります。(追加投資は8800円)iPodやiPadのコンテンツも無線LAN経由でpushで出力できパソコンを起こさなくても楽しめます。
 音源はNASではなく外付けのUSB SSD(
256Gbyte)にiTuneの音楽データーとしておいてあります。(5万相当) ハードディスクからの再生よりjitterが大幅に改善され24Bit192Khzの音源まで再生可能です。再生ソフトはフリーのAudioGate (
Korgのサイトよりダウンロード)を使用しております。music

moonlightgeckoさん、こんばんは。
拙ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。
NASを考えた時、SSDの方が・・・と思ったのですが、まだまだ高価なのでHDDにした経緯があります。
AudioGateはDSD録音が出来る事で有名なソフトのようですね。生録をされる方には特に人気のソフトのようで。
私の場合はPCオーディオ初心者なので、これからいろいろと実践してみたいと思っております。
これからも良きアドバイスをお願い致します。

SSDはMIcronの256ギガバイトのものをヤフーストアで4万円代で購入し、Amazonで購入した玄人志向の980円のケースにいれてUSB2.0で接続してあります。バッファローやアイオーデータの完成品は高価ですからね。
Windows 7でフォーマットしたら認識され使用可能となりました。
 AirPlayはネットワークにつながっている全てのiTuneライブラリとiPad iPhone iPadのコンテンツをappleTV経由で音声も動画もストリーミングで再生することができます。NASにこだわらずPCにつながっているストレージ全てのコンテンツを再生できます。
 Airfoilというソフトを使えばiTuneに限らず、ほぼ全ての音声再生ソフでトappleTVにストリーミング再生することができます。
 AudioGateはFlacファイルをWAVEやAIFFに変換できるのでituneに簡単に取り込むことができます。KORGのサイトから無料でダウンロードできますのでお試しください。

moonlightgeckoさん、おはようございます。
お教えいただいたSSD、ネット検索してみるとSSDとしては比較的安価に購入出来るようですね。意外でした。おっしゃるようにバッファローやアイ・オー・データ製は高くて・・・。
appleTV、随分小さい個体ですよね。店頭で見た時にびっくり。ただ今のところ購入予定は考えていないのですが・・・。
AudioGateは一度試してみますね。

 多彩なファイル再生に対応したQNAP製ネットワークマルチメディアプレーヤー「NMP-1000P」が発売
http://www.phileweb.com/news/d-av/201012/06/27446.html
という記事を読みました。NASで有名なQNAPです。
僕はこれで外部SSDをつないでNASに利用しようかと思います。

moonlightgeckoさん、こんばんは。
ご紹介頂いたサイト、拝見しました。
販売価格も案外安いですね。であるのに実にいろいろなフォーマットのファイルを扱えるので便利そうです。
これからPCオーディオ関係は広がりそうですね。高級オーディオ専業メーカーだったラックスマンもUSB DACを出して来ましたし。

本日夕方 秋葉原で人と会う用事があったので終了後 ヨドバシカメラに寄ってきました。
 NetAudioのコーナーでmarantzの社員に NA7004の視聴をさせてもらいました。
 スピーカーは自宅と同じB&WのCM-1 アンプはmarantzの中級のプリメインアンプでした。
 高級CDプレーヤー(自宅のNakamichi1000Mb+CDトランスポート)よりビートルズのジャズカバー(NA7004を購入するともらえる)のハイレゾファイルはすばらし音で再生されていました。
 NasはQNAPのTS-119でしたがヨドバシカメラで扱っていないものなので大きな声では宣伝できないそうです。
 SSDはMicron(日本ではCrucial RealSSD C300 シリーズ 256GB)がよいそうです。(本社ではそういわれている)
セット販売すれば買う人は便利なのにと言ったら、ヨドバシカメラの場所を借りているので公に勧めることができないそうです。
 apple TVやMac Expressの話をしたら怒られてしまいました。
NA7004は5000円でバージョンアップしてAirPlayにこれから対応するそうです。
帰りにツクモ電気によってSSDをまた1台NAS用に買ってしまいました。

moonlightgeckoさん、こんばんは。
ビートルズのハイレゾファイルはUSBメモリで特典として貰えます。私もすでに貰っていてNASにコピーして聴いております。良いですよね。
SSDは寿命の事が取り沙汰されておりますけど、普通に使っていれば問題ないのでしょうね。個人が使っていて何万回も書き込んだり消したりしないでしょうから。
NA7004は価格以上の音を出してくれますので満足しています。唯一希望を言えばギャップレス再生に対応した頂きたいという事です。これはいつかファームで対応してくれると嬉しいです。

Micron日本支社に問い合せておいたところ

Crucial RealSSD C300 シリーズ 256GBは
http://www.ssdlaboratory.jp/shopbrand/022/P/
で購入すれば正式国内サポートが受けられるそうです。
安価ですし、わたしもここで買えばよかったかな。

moonlightgeckoさん、こんばんは。
お教え頂いたサイト、結構安いのですねぇ・・・。
このくらいなら一台購入して試してみるのも良いかも・・・。
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝鬨(かちどき)橋 | トップページ | 築地場外市場 »