« 32年ぶり、メダル獲得! | トップページ | 勝鬨(かちどき)橋 »

2010年11月16日 (火)

マランツ NA7004 試聴記

Dsc00228_2
MARANTZ NA7004

オーディオラックから長年愛用していたCDプレイヤー(マランツ製)を取り出してしまいました! お役御免です。

マランツのネットワーク・オーディオ・プレイヤーを導入した事は先にお知らせしておりますが、今日はその試聴記を。結局オーディオラックの上に置く事にしました。基本的にはLAN上に接続しているNAS(LAN接続のHDD)からLANケーブルを使って音楽データを取り込みますからオーディオラックの中に入れても良いのですが、背面のUSB端子やデジタル入出力を使いたい時にラックの上にあるとケーブルの抜き差しが楽ですからね。

最初にNA7004ってどういうオーディオ機器かを簡単にご紹介しておきます。英LINN社のDS(デジタルストリーム)シリーズはNASによるメディアサーバーを使うオーディオ環境専用のネットワーク・プレイヤーですが、マランツ NA7004はこの機能の他にPCオーディオの基本であるUSB DAC(背面USB端子)としても使え、iPhone、iPodなどのデジタル接続に対応したUSB端子(前面)、更にはインターネット・ラジオも聴けるし、デジタル入出力端子をも背面に設けているので、他のデジタル機器を接続して本機のDACを使う事も出来るという、総合デジタルプレイヤーと言って良い機械です。

Dsc00222

ノートパソコンに音楽CDを無圧縮のWAVでリッピング(フリーソフト MediaMonkeyを利用)し、NA7004をUSB DACとして接続してCDプレイヤーと鳴き合わせをしてみました。ノートパソコンはご覧の通り安直にNA7004の上に置いています。アンプとスピーカーはもちろん両者一緒です。

私が長年使って来たマランツのCDプレイヤーはアナログ的な音調で、ゆったりとした低音を基調とした柔らかい音傾向です。まさにクラシック音楽向き。対してパソコンにリッピングしてUSB DACを通した音は? いやいや随分違うものですね。パソコンで再生した音はスッキリ伸びやか。ミネラルウォーターを飲むような無色透明的音傾向です。余計なノイズなどの付帯音が消えたような音。CDプレイヤーとはこんなに違うものなのですね。低音はCDプレイヤーの方が出ているような感じを受けますが、元々CDプレイヤーの低音はややしまりに欠けるところがありまして、パソコンからの音の方が引き締まっていて人によって好みが分かれると思います。

接続に使ったUSBケーブルは今まで周辺機器をパソコンに繋いでいた機器付属のものを使いましたので、オーディオ用USBケーブルに換えたらまた違う音調になるかもしれません。USB DACはケーブルによって結構音は変わるそうですから。

次に試したのは同じ音楽CDをNASにリッピングし、LANケーブルから音楽データを読み込んで再生するという、NA7004本来の使い方。これまた前述の使い方とは音調が変わります。USB DAC接続の時より低域に伸びが出て来、スケールが一段雄大になりました。自分的にはこちらの方が好みの音なので、結局NA7004本来の使い方をする事に決定。昨日は買って来たばかりでCDプレイヤーで聴いていないものもNASにリッピングしてNA7004で聴きました。(笑)

Dsc00218

マランツ社から iPhone用のリモコンソフトをアップル社からダウンロード出来るようにしてありまして、私も早速 iPhoneにダウンロードしてみました。NA7004にもリモコンは付属しておりますが、iPhoneによるリモコンもなかなかサクサク動いて軽快です。写真はインターネット・ラジオのクラシカル専門局を選局したところ。

Dsc00225

雑誌の付録として付いていたDVD-ROMです。ジャズ、クラシック、ヴォーカル音源をCDの44.1kHz/16bitフォーマットと、同じ演奏のハイレゾ音源として96kHz/24bit、192kHz/24bitの三種類を聴き比べ出来ます。NA7004は背面のデジタル入力ですと192kHz/24bitの再生に対応していますが、ネットワーク再生では96kHz/24bitまでなのでCDフォーマットと96kHz/24bitとを聴き比べてみました。

結論。もう全然違います。最初にCDフォーマットで聴いた後、ハイレゾリューション音源96kHz/24bitを再生すると音の実在感がまったく違う!
ジャズではベースのゴリッとした音色、太い弦が弾かれる感じなどが96kHz/24bitの方が圧倒的に素晴らしい! シューベルトのピアノ三重奏曲では音の立体感、奥行き感が全然違います。ヴォーカルではブレスの時の生々しさ、これはもう~・・・PCオーディオならではの楽しみですね。今後は各ハイレゾ専用サイトから音源を選んで購入したいと思います。

Dsc00229

前面の iPod、iPhoneなどのUSBメモリ対応の端子に繋げた iPhoneです。iTunesストアから購入した圧縮音源もNA7004で再生するとバカに出来ない音質でした。

昨日はかなりの枚数の音楽CDをNASにリッピングしちゃいました。NA7004はランク的にはエントリークラスだと思いますので、これが販売的に成功したら高級タイプも出て来る可能性がありますね。英国アイルランドLINN社のKLIMAX DS(定価 294万円)は凄い音なのでしょうねぇ・・・きっと。

PCオーディオ導入、NA7004を購入して正解でした。NASを使うネットワーク・オーディオ・プレイヤーがUSB DAC接続より勝るところ。それは何よりパソコンを起動しなくても使える事だと思います。
次のステップアップはオーディオ用のLANケーブルへの交換。そしてハイレゾ音源の入手を。

オーディオラックの空いたところは将来SACDプレイヤーを導入するまで空けておきます。(笑)

« 32年ぶり、メダル獲得! | トップページ | 勝鬨(かちどき)橋 »

コメント

おはようございます。
未知の世界ですが、試聴記、楽しませていただきました(^^) 聞き比べて明らかに違うことがわかったときは、おぉ~、という感じでしたでしょうね(^^) 導入の成果があってよかったですね♪ PCオーディオは無理なので、とりあえずiPhoneが欲しいです^^;

koukoさん、おはようございます。
iPhoneですか。私のは初代ですから古いです。4になって大分進化したようですね。
PCオーディオ導入でCDプレイヤーが引退しましたが、最近市販CDが読み込み出来なかったりして大分くたびれてましたので、良い機会でした。

おはようございます。
LANケーブルによる差、無線LANとの違いなど興味あります。
NA7004の場合は、無線は使えないのでしょうか。
私は、NASとPC間は無線ですが、ルーターとNAS間は付属のケーブルです。
これからPCオーディオ用のアクセサリーなどが沢山出てくるのでしょうね。

こんにちは。大変に参考にさせて頂いております。
そして購入を検討しているものです。
ちなみにNASは何をお使いですか?
参考までにご教示下さい。

yymoonさん、こんにちは。
NA7004は無線には対応していないのです。ですからLANケーブルを今迄使っていた無線ルーターに接続しております。
このケーブルはブルーレイレコーダーとルーターとを繋げていたもので、300円くらいの安物です。それでも長年使った専用CDプレイヤーより結果は良かったので、ケーブル交換でどの程度変わるのか・・・。
ルーターとNAS間はNAS付属のものを使っています。
PCオーディオはまだまだ産声を上げたばかりです。オーディオメーカーが本格的に参入して来たら今以上に良くなる可能性大ですね。

Mattさん、こんにちは。
ご購入を検討されていらっしゃるのですか。価格を考えると充分過ぎる出来具合だと私は思いました。
NASはバッファローのリンクステーション 2TBで、NA7004の後ろに写っているのがそうです。
HDDよりSSDの方が音質的には良いそうですが、今回はHDDにしています。それもRAID機能が使える2台体制ではなく単品のHDDにしました。LAN接続用は耐久性があると聞いていますので。

恥ずかしながらネットワーク・オーディオ・プレーヤー、初めて知りました。なるほど現在のIT環境を駆使すれば、ここまで便利になるんですね。そしてiPhoneがリモコン??!!う~ん、時代に取り残されております・・(汗)。

こんにちは。
こういった構成、ちょっと前ならもっと大変なことになっていたでしょうね。それがだんだんと手軽に楽しめるようになってきました。音源もネット経由であれば記録フォーマットに縛られることもないので、高品質のものがどんどん流通してくるでしょうね。そうなれば、再生環境にお金をかける人も増えるでしょうし、メーカーも力が入るでしょう。ビデオに比べれば少々地味な世界ですが、まさにこれからが楽しみですね。

うっちーさん、こんばんは。
レコード会社が録音する際に現在はコンピュータが使われる時代ですから、末端の再生でもコンピュータが使われるのは不思議ではない時代なのだと。
CDは過去の遺産になる日も・・・(笑)

ビワさん、
数年前まではDAコンバーターなんて大層な金額だったのに、今は1万円台から存在する時代になりました。それが現在のPCオーディオの普及に繋がったのかもしれません。
おっしゃるよにネット配信ですとフォーマットに縛られる必要がありません。某メーカーなどはCDで発売している音源のオリジナルデータを、そのまま配信していたりします。
多分、これから各オーディオメーカーが本格的に参入してくると思います。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hirasawa/20100312_353854.html

に評価記事があります。
他より高速なようです。

made in USAでCrucial(クルーシャル)は、レキサー・メディアの主要ブランドです。Memory ExpertsTMとして、レキサー・メディアはメモリー主要メーカーの一翼を担うDRAMメモリー製品のサプライヤーです。

moonlightgeckoさん、
紹介記事、拝見しました。
かなり高性能なSSDなんですね。ただ、その高性能な能力を生かすにはSATA 3.0に対応していなければならないとの事。
それでもノートパソコンのHDDと換装してみたくなりますね。

http://www.phileweb.com/review/closeup/na7004/
を見ました。NASはQNAPのTS-119がイラストに書かれていますね。LINNでは推奨NASにTS119がホームページにあげられていますがマランツではマニュアルにはどのNASがあげられていますか?

moonlightgeckoさん、おはようございます。
私は何を購入してもおよそマニュアルというものを読んだ事がないのです。分からない機能等があった時に初めてページを探したりする程度で。(^^;
NA7004の推奨NASですが、マニュアルを見てみましたが特に推奨NASの記載がありませんでした。
多分、お好きなものをお使い下さいという事ではないのかと勝手に推測しております。

http://www.oliospec.com/item_detail/itemCode,TS-119/
にLINN向けのハードディスク内蔵済 設定済のNASを販売している会社がリンクしてあります。

マランツも販売量をふやすならどこかのNAS販売サイトと提携するべきだとおもいます。
QNAPのホームページからはSSD(SEKITOBA 台湾らしいですね。)を内蔵したNASが売られていますがまだ高価ですね。
http://shop.unistar.jp/products/list.php?category_id=57

追記です。
SSD内蔵モデルも販売されておりました。
http://www.oliospec.com/item_detail/itemCode,TS-119-DSSP500/

moonlightgeckoさん、こんばんは。
ご紹介のサイト、拝見しました。NA7004向けの設定もしてくれるようですね。
しかし拙宅ではNASをルーターにただ接続しただけでNA7004もパソコンも認識して普通に使えています。どういう設定を販売店でしているのでしょうかねぇ・・・?
QNAPのNASはNA7004を購入する前に雑誌でPCオーディオを研究している時に「Net Audio」創刊号で知っておりました。売価7万円台という事でバッファローにしたわけであります。

 まあ音楽を聞くだけならQNAPのNASはオーバースペックだと思います。ただいままでの古いオーディオファンがおまかせでお金をだすからインストールしてくれということで設定済のNASを売るようになったのだと思います。ハードウェアの話ばかりしているとピュアオーディオおたくだと思われるので次には音源の話に移りたい思います。

QNAP、雑誌の評価もそれなりに高いようですが、現在の自分には少々高過ぎます。その雑誌でNASの試聴リポートが掲載されておりますが、軒並み数十万円の製品ばかり。とてもとても・・・。

http://kakaku.com/item/K0000170547/

http://www.ssdlaboratory.jp/shopdetail/001011000002/022/000/brandname/

 新型のQNAPと Crucial Real SSD C300シリーズ 2.5インチ SATA6.0Gb/s対応 SSDとの組み合わせではいかがでしょうか?(合計 約7万5千円)です!

いえいえ、とてもとても・・・(^^;
現在外付けHDDはNASも含めると5台にもなっております。中身はほとんど写真なんですが、置き場所にもそろそろ困るようになってます。
でも、SSDをそのうち試してみたいとは思っております。

ピュアオーディオにつき考える。
オーディオ雑誌にはおまじなや宗教のようなことがたくさん書いてあります。私がいい音で聞くために考えたことを順番に書きます。
1.まず元の音源をいいものにすること
カセットテープからDATに変えたとき激的にいい音になりました。また圧縮音源からハイレゾ音源に変えた時も同じです。
2.ゆらぎ(ワウフラッターやジッター)を軽減すること
ベルトドライブからDDドライブ サーボメカニズム採用、外部クロックの使用 ハードディスクの音源からSSDディスクの音源に変更
3.再生の過程に余分なものをいれない。
たとえば Windowsのサウンドミクサーをバイパスさせる ASIO WASAPIの使用 できらばMusic専用のOS iOS4.0やLINNやマランツのMusic Serverなど
4.電源に外からのノイズ 高周波を混入させない。
バッテリー再生やアイソレーターの使用
5最後に伝送ケーブルもノイズを拾わないものを使う
たとえばPRO CABLEの業務用(医療用)のものなどを使う
そう考えるとiPod nanoでヘッドホン再生させるか
WADIAやONKYOのDDコンバーターから同軸出力でピュアオーディオの入力に入れるのがベストかもしれません。

moonlightgeckoさん、こんばんは。
DATはフォーマット的にもCDを超えておりましたが、結局一部のファンにしか浸透しませんでしたね。私も持っているのですが。
アナログプレイヤー、ベルトドライヴよりダイレクトドライヴの方が良いと感じられますか。一般的にはダイレクトドライヴは音が良くない、という人が多いようですが。しかしこれは単純には比較出来ないのでは・・・と思っていますが。
いずれにしてもオーディオは何をしても音は変わりますね。

http://audio-heritage.jp/NAKAMICHI/Player/zx-9.html

私の使っていたNakamichiのカセットデッキ
ZX-9はダイレクトドライブでした。
DATはDAT-1000で今でもすばらしい音です。
http://audio-heritage.jp/NAKAMICHI/Player/nakamichi1000.html
アナログプレーヤーは自分ではもっていませんが
DRAGONーCTがすばらしかったです。

http://knisi2001.web.fc2.com/dragon-ct.html

お名前がないのでどなたかが分かりませんが、Nakamichiのドラゴンシリーズはどれも素晴らしい評価でしたね。お値段も相当なものでしたが。
私はカセットデッキで同社の製品を使った事があります。
現在は高級車のオーディオシステムに採用されておりますね。
DATはテープとはいえ、優れものです。

NA7004試聴記読ませていただきました。わたしも関心があるのですが、何かと理解不足で困っています。KONDOHさんがいう、「NASを使うネットワーク・オーディオ・プレイヤーがUSB DAC接続より勝るところ。それは何よりパソコンを起動しなくても使える事だと思います。」という意味を教えてもらえませんか?つまり、NASがパソコンを起動しなくても使えるということはどういう意味なんでしょうか?NA7004からNASを操作できるということですか?基本的なことですみません・・

zawaさん、拙ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
ご質問についてお答え致します。
PCオーディオの基本はパソコンからのデジタルデータをUSB DACを通してオーディオアンプに接続して音楽を聴くわけですね。デジタル音声をアナログ音声に変換するのがDACの役目となっています。この聴き方ですとNASは基本的に必要ないわけです。音声データをパソコンのHDDにリッピングすれば良いわけですから。

対してNA7004のようなネットワークプレイヤーを使う場合。事前にパソコンを使ってCDの音楽データをリッピングしてルーターにLAN接続したNASに入れておきます。ネットワークプレイヤーはルーターを介してNASのデータを読み込んでオーディオアンプに音声を送り込むのが仕事です。したがってデータをNASに入れておけばパソコンを見に行く必要がないわけです。

という事でルーターとNASの電源さえ入っていれば事足りてしまいます。これがパソコンを起動しなくても使えるという意味なんです。パソコンが必要になるのはCDのリッピングや、ハイレゾデータをネットからダウンロードする時だけになります。そのハイレゾデータもNASに入れておけば再生時もうパソコンは必要ありません。

こんな説明でご理解頂けましたでしょうか?

KONDOHさん、こんにちは。

丁寧な回答をくださりありがとうございました。よく理解できました。ますますNASとNA7004に関心を持ちました。ついでにもう2点ほどお聞きしてもよろしいでしょうか?

わたしのオーディオ機器は2階にあるのですが、無線LANルーターは1階にあります(PCも無線ですが常時1階に置いています)。このルータにNASをLANケーブルで有線接続することになると思いますが、購入後は2階に置くことになるNA7004とは無線LANによる接続になると思います。これは通常の接続パターンなのでしょうか?また、NA7004は有線ではなく無線で音楽データをうまく取り込む(音楽データが過不足なくスムーズに)ことは可能なんでしょうか?

もう一つは、DACの機能についてです。DACは高価なものが多いのですが、このNA7004は比較的安価と思います。機能的には他のものとどう違うのでしょうか?質問ばかりですみません。

zawaさん、こんにちは。
NA7004は残念ながら無線LANには対応しておりません。有線LANのみの対応です。したがいまして一階のルーターに接続するとなるとLANケーブルを一階から二階へ引いてくるようになってしまいます。もしそうされる場合はカテゴリ 7の高速タイプをお使いになられた方が良いと思います。
USB DACですが、価格はピンキリです。1万円台から数十万円までいろいろあります。デジタルはDAC次第で音質は決まってしまいますので、選択は予算と合わせて悩むところだと思います。
NA7004のDACは同社中級機のSACDプレイヤーに使われているもので、価格を考えると音は良いと思います。しかしもっと高級タイプのDACを採用した機種が出れば当然音はもっと良くなりますので、将来はそういう可能性もあると思います。

初めてお便りします。私もクラシックが好きで、写真が好きでとても親しみを感じて、思わずコメントを書いてしまいました。
私も昨日「NA7004」を購入してBUFFALOのルーターから、USBでHDDをつないだ簡易NASでセッテングしましたが、操作方法がよく分からなくて戸惑っております。それでもPCを立ち上げなくても聴くことができるのはいいです。丁度CDプレーヤーが故障してタイミング的にはよかったのですが、なかなかいい音で鳴っております。
これからはNETオーディオが主流になりそうで楽しみです。さっそくe-ONKYOから楽曲をダウンロードしました。
iPod touchなら操作が容易になりそうなので購入も考えていますが高齢者にはハイテク製品は敷居が高いです。また、いろいろ教えて下さい。

red and blackさん、こんばんは。
NA7004をご購入されましたか。ひとつだけ不満もあるのですが、価格を考えるとなかなか良く出来たネットワークプレイヤーだと思います。
私も長年使ったCDプレイヤーの調子が悪くなったのを機会に導入致しました。
私の場合はルーター経由のNASで楽しんでおりますが、LANケーブルで随分音が変わりました。
私の分かる範囲でしたら何でもお答えしますので、どうぞ楽しんで下さいませ。

NA7004の操作方法教えて下さい(LAN接続)
①NASに追加でfolderを作り曲ファイルを入れたけど認識されない。

②次にNASのデータを全部消して、全く新しくfolderを作り、それぞれに曲ファイルを書き込んだけど、最初にネットワークの設定をしたときのままで書き変わっていない。もちろん再生もできません。ネットワークの設定をやり直しても状況は変わりません。リセットして工場出荷の初期状態に戻す方法も分からなく困っています。
何か解決する方法があればご教授下さい。

red and blackさん、おはようございます。
これから出勤なので、夜帰宅しましたら詳しくお返事致しますので、しばらくお待ち下さいませ。

red and blackさん、こんばんは。
最初に数字の丸1、丸2というのは機種依存文字と申しまして、Macでは正しく表示されなかったりします。windowsではそのまま表示されるのですが。(1)(2)というようにされると良いと思います。

さてご質問の(1)ですが、私はNASにどんどんフォルダを作成してCDをリッピングしております。ですからフォルダを作成する事自体まったく問題がないと思われます。
認識されないというのはNASが認識されないのでしょうか?それとも作成したフォルダが認識されないという事でしょうか?

(2)についてですが、工場出荷状態に戻すには付属のソフトウェア、DriveNavigator を使います。このソフトはパソコンにインストールしてありますでしょうか?
一度このソフトで出荷状態に戻し、最初からリッピングをしてみては如何でしょうか?

それとred and blackさんはNASをNA7004に直結されていらっしゃるのですよね?もしそうならLANケーブルはクロスタイプを使う必要があるはずです。ストレートケーブルですと不具合が生じるかもしれません。

KONDOH 様 ありがとうございました。
説明不足で申し訳ありません。Modemと無線LANルーターはケーブルで接続。PCとルーターは無線。ルーターとNASはUSB接続です。(ルーターが簡易NAS機能有)。NA7004とルーターはLANケーブルで接続。
不具合の内容:最初はNASを認識して、曲の再生もできていました。そこへfolderを追加してもそのfolderを認識しない。
ご教示いただいた方法で試行してみます。お忙しいなか早々にご回答下さいまして感謝します。

ちなみに作成しているフォルダですが、NASのルートに作成していらっしゃるのでしょうか?
NASのフォルダに share というフォルダがあると思います。私はこのフォルダに新規フォルダを作っております。他のパソコンからはこのフォルダが見えますので・・・。

7004の説明書によく書いてないのがいけないのですがTwonkeyMediaをインストールしておかないとFlac 24Bit 96KhzファイルはNASから再生できません。
DLNA 1.5の規格のMusic レンダラーではYAMAHAでもLINNでもMaraztzでも同じです。
 QNAPのNASでは最初の設定でできますがアイオーやBuffaloではどうなっているのでしょうか?
 KONDOHさん教えてください。

moonlightgeckoさん、こんばんは。
私のバッファロ製NASではFLAC 24bit 96kHzの音源を普通に再生出来ております。
TwonkeyMediaなどといったものは特にインストールしておりませんです。

http://data.yamaha.jp/sdb/local/products/images/19291/99/19291_99_1.pdf

ということでTwonkeyMediaをf導入された方が便利だと思います。

moonlightgeckoさん、おはようございます。
これはヤマハユーザー用ではないのですか?

おはようございます。red and blackです。NETオーディオを導入したはいいけど、相談する仲間も居なくて心細い限りでしたが、いろいろアドバイスがいただけて喜んでいます。
マランツを買う前は、PCオーディオで、NASのデータをonkyoのUSBデジタルオーディオプロセッサーを介してfoobar2000などで再生していました。それでも結構いい音がしていたので、マランツに換えればかなり音質や取り扱い方がよくなるだろうと期待して切り替えた訳ですが、こんなに厄介なものとは想像できなかったです。
現在は、PCレスで再生したいので、NASのルートに交響曲、協奏曲などのfolderをいくつも作り、そこに各種の音響ファイルが入っています。TwonkeyMediaは入っていません。

red and blackさん、こんにちは。
私はNASとNA7004をルーターに接続してあります。
リッピング時のみパソコンを必要としますが、再生時はパソコンを起動せず、ルーター、NAS、NA7004の電源を入れているだけであります。
ハイレゾ音源もダウンロードする際、直接NASにダウンロードし、楽しんでおります。
私もTwonkeyMediaはインストールしていません。それでも不具合なく再生出来ております。

 DLNA1.5対応のMusicレンダラーではTwonkeyMediaのインストールを推奨されております。LINNのMajik DSでもマニュアルにTwonkey Media
のインストールを推奨しており標準で装備しているNASがQNAPのNASなのです。

 MarantzでもDLNA1.5対応なのでマニュアルにははっきりかかれていませんがTwonkey Mediaのインストールが推奨されるわけです。

http://www.linn.jp/pdf/ds/qnap.pdf

をごらんください。
TeonkyMediaの設定と

NASのどこにMusic Holderをおくかが指示されております。

MarantzでもNASの設定は同じはずです。

http://www.linn.jp/ds/overview/
BuffaloのNASではQNAPと比べて再生に制限事項があると書かれています。(LINN Japan)

マランツに問い合わせました。TwonkeyMediaのインストールが好ましいとのことこれからホームページの上で告知するそうです。マニュアルに抜けていることはお詫びしていました。
 多くの人が困っていると伝えておきました。ヤマハやLINNはホームページにちゃんと出ていると伝えておきました。
 なんだかなあ。.....

moonlightgeckoさん、こんにちは。
詳しいご説明、ありがとうございます。
今のところ私のシステムではまったく不具合なく再生出来ております。
一応、マランツの告知を見てからまた考えて見ることに致します。パソコン系は不具合がない時はいじらない事にしております。(^^;

http://www.twonkymedia.com/store/index.aspx

ここから無料のTwonkeyMedia
をダウンロードできます。

http://manual.buffalo.jp/buf-doc/35011105-1.pdf

でmedia server
を利用するにチェックをいれるとDLNA1.5の機能が利用できるようになるとBuffaloのNASのマニュアルにあります。

moonlightgeckoさん、こんばんは。
重ね重ね、ありがとうございます。

こんばんは 自分も先日NA7004黒を購入して、LANにパソコン、PS3、ディーガ、NAS(バッファローのテラステーション1テラ及び2テラ)でLANを組んでいます。パソコンにはPMSをインストール済みです。NASの中身を見るときにどうも不具合があるようで、NASの中のフォルダ構成をパソコンで変えても、構成を変える前の情報も残ってしまいます。またNASの中から選曲する際に、アーティストインデックス等から選曲すると正しい曲順なのですが、フォルダから入っていって選曲すると曲順がアルファベット順になってしまいます。このほかにも不具合があるのですが、PMS経由でNASの中を見ると正しく見えます。これはNASの仕様のせいなのでしょうか???
KONDOHさんのNA7004ではそのような不具合は発生しておりませんでしょうか?

yasさん、こんばんは。
バッファロのNAS、moonlightgeckoさんからもご指摘があるように、やはり完全なものではないようです。
曲順が変わる問題ですが、曲の前に数字があるとその順番になるようで、曲目の頭に数字を打っておくのもひとつの手かもしれません。
私の場合はほとんどクラシックですので、各楽章に自動的に数字が付きますので、それほど不具合はかんじておりません。
それよりギャップレス再生に対応していない事の方が私にとってはきついです。ファームアップで対応出来るものであれば将来的にお願いしたいところです。

KONDOHさん こんばんは
いろいろありがとうございます。
やはりバッファローNASが原因なのでしょうかね
ファイルに 01 02とかついているものでも、フォルダから追っていくと数字が取れているものがあったりします・・・不具合の対応やギャップレス再生のファームウェアバージョンアップお願いしたいところですね。そうじゃないとLINNの高いやつ欲しくなっちゃいそうです(笑)ではまた。

yasさん、おはようございます。
バッファロが原因なのか、NAS全体の問題なのか分かりませんが、私もクラシック以外で曲順が変わる経験をしております。その時はNASに直接番号を書き込んだりして対処しています。
ただ私のNASは音楽専用ではなく、写真や映像も入っているので、このまま併用するつもりです。

http://www42.atwiki.jp/pms_ps3/

 Playstation Media Server(無料)をインストールすると上記の問題は解決できます。DLNA1.5対応のレンダラーには全て使えます。
 AirPlay アプグレードを申し込みました。

moonlightgeckoさん、おはようございます。
このソフトは別のところで知識を得ておりました。
PCオーディオはまだまだ発展途上という事を感じています。これから使い勝手はもっと向上するのでしょうね。
いつもありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 32年ぶり、メダル獲得! | トップページ | 勝鬨(かちどき)橋 »