« 愛聴盤を 96kHz/24bit で! | トップページ | 築地川銀座公園 »

2010年11月21日 (日)

水のある風景

S50_34

川や運河のある風景、こういうところは人の営みを感じて好きです。自分の場合は物心ついた時から小学五年生まで家の前が川でしたから、なんとなくこういった風景は心が和みます。

S50_33

そういえばどうしてだか分からないのですが、川に落ちてしまう人がいて、子供時代何度か見ています。もちろんご近所の大人たちがロープを投げたりして助けていましたが。水面を青大将が泳いでいるのを見た事もありましたねぇ・・・。

そうそう、汚泥を川底から掬う船に乗せてもらって横浜港まで行った事などもありまして、その汚泥を横浜港で捨てていました、今思い出してみると埋め立てに利用していたのかなぁ・・・?

LEICA R7 + Summicron-R 50mm/F2、Fuji TREBI 100C

« 愛聴盤を 96kHz/24bit で! | トップページ | 築地川銀座公園 »

コメント

こんにちは。
青大将がいたのですか。面白いような怖いような。
作業船に乗せてもらうなんて、今ではなかなかできないでしょう。何かあるとイヤだから作業者も乗せないでしょうし、そもそも子供が寄りつかないでしょう。

ビワさん、こんばんは。
その青大将の前に長い棒切れを出したどこかのおじさんがおりまして、助けるのかと思いきや、棒を伝わって上がって来た青大将を手掴みし、大きな袋に詰めてどこかに行ってしまったのを何故か未だに覚えています。(笑)
作業船、私の住んでいる家の前にいつも係留していまして、拙宅に時々水道水を貰いに来ていたので、自然と船頭さん(?)に話し掛けられていたのが切っ掛けで乗せてもらいました。懐かしい話です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛聴盤を 96kHz/24bit で! | トップページ | 築地川銀座公園 »