« 京都・圓光寺 (えんこうじ) | トップページ | 京都・詩仙堂 »

2010年11月30日 (火)

宮本武蔵

Img_4784
一乗寺下り松 (四代目)

京都の紅葉写真が続いていたと思ったら宮本武蔵…??? と、首を傾げた方も多いかもしれません。昨日の圓光寺は左京区一乗寺下り松町に所在しております。ここは剣豪、宮本武蔵が京都名門の兵法家、吉岡一門数十人を相手に果し合いを行った場所なのです。

Img_4774
京都一乗寺下り松町、八大神社

武蔵は果し合いに向かう前、早朝にこの八大神社を訪れています。そこで武蔵は自分を守ってくれるよう神頼みをしたという説と、神仏に頼る己の弱さを恥じて、そのまま果し合いの場、一乗寺下り松に向かったという二つの説があるそうです。

私は高校生の時に吉川英治さんの大長編小説「宮本武蔵」を読み、武蔵の生き様に大変大きな感動を受けました。以来、映画、テレビで宮本武蔵の作品は気が付く限り見るようにしています。

Img_4772
武蔵存命当時の下り松、古木の一部

宮本武蔵が果し合いに向かった時の松の一部が現代まで保存されているなんて感動ものです。

宮本武蔵の映画、テレビドラマを随分観て来ましたが、どの俳優さんも吉川英治さんの作品のイメージには程遠く、いつもがっかりしておりました。過去に中村(萬屋)錦之介さんが演じていた作品をそれまで知らなかったのですが、いつだったか、名匠内田吐夢監督による宮本武蔵五部作(東映作品)がテレビで放送されまして、録画して観たら・・・、これが素晴らしい作品なのです。

Img_4765
八大神社前にて

この作品を観た時に、「これぞ、自分がイメージしていた宮本武蔵!」と拍手喝采したいくらいでした。中村(萬屋)錦之介さんの武蔵を知ってからは、他のどの俳優さんが演じていても錦之介武蔵を上回る人はおりませんねぇ・・・(自分の中では)。

すっかり気に入ってしまい、その後市販DVDで全巻揃えてしまったくらい。すでに何度か観ていますが、観る度新たなる感動と得るものがあるのです。

Img_4769
宮本武蔵(第四部) 一乗寺の決斗 (1964年、東映製作)

この映画、一乗寺下り松での果し合いシーンだけモノクロになるのですが、黒沢明監督の名作「七人の侍」を思わせる素晴らしい演出。

Img_4783

まだ幼い吉岡一門の子を切る武蔵。吉岡拳法の師範、吉岡清十郎との果し合いで武蔵は木刀の一撃で勝利。恥を晒した兄に代わり次男坊、吉岡伝七郎が三十三間堂で武蔵に挑むも武蔵に返り討ち。

慌てた吉岡一門が子供を名目人に仕立て上げ、門弟全員で武蔵に襲い掛かるのが一乗寺下り松の決斗というわけです。

Img_4767

果し合いを見に来た佐々木小次郎(高倉健さん)。

Img_4766

三十三間堂は先日ご紹介した智積院の前に在ります。やはりここも一度は入ってみなくてはいけませんですねぇ・・・。

Img_4768

武蔵に恋するお通の役を入江若葉さんという女優さんが演じているのですが、これまた小説を読んだ時のイメージにピッタリでした。やや甘ったるいながらもしとやかなセリフ回しは一途に武蔵を恋い慕うキャラクターに最高の女優さんだと思います。

この内田吐夢監督による五部作は以下のように一年一作のペースで製作されていたのですね。

宮本武蔵 (1961年)
宮本武蔵 般若坂の決斗 (1962年)
宮本武蔵 二刀流開眼 (1963年)
宮本武蔵 一乗寺の決斗 (1964年)
宮本武蔵 巌流島の決斗 (1965年)

佐々木小次郎を演じている高倉健さん、ちょっと貫禄が有り過ぎ。(笑)

宮本武蔵を小説、映画に於ける架空の人物と思っている方がいらっしゃるようですが、実在の人物ですね。晩年に残した水墨画は優れたものが多いですし、武蔵が記した書物「五輪書」は海外にも翻訳出版されているそうです。

是非、レンタルでこの作品をご覧になってみて下さい。全五部、すべて素晴らしい作品ですよ。第一部の冒頭、カメラワークの凄さに感嘆してしまいました。

Canon EOS 7D + EF-S 15-85mm/F3.5-5.6 IS USM

« 京都・圓光寺 (えんこうじ) | トップページ | 京都・詩仙堂 »

コメント

おはようございます。
子どもの頃、よく祖母とTVで東映時代劇を見ていた記憶があります。この武蔵も♪ カメラワークなど少しもわかりませんが、面白かったのは印象に残っています。健さんは、まだ若かったと思いますが、お写真を見ると、すでにスゴイ貫禄ですね^^

koukoさん、おはようございます。
往年の東映時代劇をテレビで観ると、勧善懲悪のシンプルなストーリーが多いですが、宮本武蔵は優れた作品だと思います。
一乗寺の決斗、京都の廓で吉野太夫が琵琶を割って人間の生き様を話すシーンなど、私はジーンと来ちゃいます。

宮本武蔵。子供の頃から吉川英治の作を何回読んだことか。映画も相当見ました。中村錦之介は勿論片岡千恵蔵も見ています。TVではあまり見ません。きれい過ぎます。『五輪書』はmy蔵書に隠れています(笑)。

KONDOHさん こんにちは!

今日の記事 頷きながら読みました。

私も、中学の時 『宮本武蔵』に夢中になりました。
やはり、錦之助さんの武蔵 この作品が 一番気に入っております。

KONDOHさん こんばんは。
「一乗寺下り松」で思い出すのは、その近所で小茄子のきらら漬を買ったことです。その当時、仲の良かった写真家から教えてもらいました。
食べものネタで・・・。

ダンさん、こんばんは。
おお、吉川英治さんの武蔵を何度もお読みでしたか。良い作品ですよね。
片岡千恵蔵さんの武蔵もあるのですか? なんだかイメージが湧きませんです。(^^;
テレビ製作の武蔵、幾つか観ましたが、内田吐夢監督作品を超えるものはないですねぇ・・・。

マリアさん、こんばんは。
マリアさんも読んでおられましたか。宮本武蔵は日本人なら誰でも知っているのではないかと思います。錦之助さんの武蔵、ホントに良いですね。

harasawaさん、こんばんは。
一乗寺下り松で小茄子のきらら漬ですか。あの辺はお土産店も少ないのでどちらだったのかなぁ・・・?
食べものネタ、大いに結構です。(笑)

こんにちは。
僕は吉川英治の大ファンで、もちろん『宮本武蔵』も読みました。内田吐夢監督のは見ていないので、是非とも見てみたいです。

ビワさん、こんばんは。
吉川英治さんの「宮本武蔵」、良いですよねぇ・・・。
今日ご紹介の作品、きっと気に入って頂けると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・圓光寺 (えんこうじ) | トップページ | 京都・詩仙堂 »