« PENTAX SV 初撮り | トップページ | 横浜松坂屋が消えた »

2010年11月10日 (水)

ハーンのチャイコフスキー

Hahn_2

チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35

ヒラリー・ハーン(Vn)

ヴァシリー・ペトレンコ指揮
ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団

2008年11月、リヴァプールで録音

ドイツグラモフォン B0014698-02 (輸入盤)

このCDはペンタックス SVのテスト撮影をした帰りに購入したもの。ヒラリー・ハーンさん、前回初めて購入したエルガーのヴァイオリン協奏曲の印象が良かったので、最新録音のチャイコフスキーも購入してみました。実は同じチャイコフスキーの新譜で日本の神尾真由子さんの演奏も出ており、気になってはいるのですが購入していません。神尾さんのCDも未だ一枚も購入していないので。

さて、もう耳タコと言っても良いほど聴いているチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲、ハーンさんの演奏は如何に。前回のエルガーでも申したのですが、ハーンさんのヴァイオリンはとても美しい音色ですね。その音色を聴いているだけで酔いしれてしまいます。

第一楽章、ハーンさんは終始ゆったりとしたテンポで一音一音を丁寧に弾いていきます。ただ個人的好みから言わせて頂くと、この楽章はもう少しアグレッシブに弾いても良いのでは、と思うところもあるのですが、エルガーの時に感じた、これがハーンさんらしい個性なのだと思います。

面白かったのが指揮者の解釈。ハーンさんの遅めのテンポに対し、オケだけになるとややテンポが上がるのです。ハーンさんのテンポに業を煮やし、まるでストレス解消するような感じでオケを鳴らしているように聞こえ、ややアンバランスのようにも取れます。

もっとも聴き手によってはそれが協奏曲の面白さ。両者が張り合うような演奏が面白いのだ、とおっしゃる方もおりますでしょう。しかし少々ゲオルグ・ショルティさんの指揮を思わせるような、やや切り貼りの絵を見るような感じで、ハーンさんのヴァイオリンとは合わないような印象を受けました。しかしコーダではその指揮者のテンポに煽られるようにハーンさんも力強く弾き切っており、素晴らしい終結部になっています。

第二楽章は絶品です。こういう曲想こそ現在のハーンさんにピッタリだと思います。チャイコフスキー特有の甘美なメロディをハーンさんの美しい音色で聴いていると、俗な言い方になりますがまさに天国的調べ。この楽章に関してはチョン・キョンファさんより良いかもしれない。

終楽章はハーンさんも第一楽章のゆったり感が消え、指揮者のダイナミクスに乗った感じの弾きぶり。それでもハーンさん特有の美音はそのままにクライマックスを築き上げていきますので、なかなか聴き応えがあります。ヴァイオリン好きな方には是非一聴をお薦め致します。

CDにはヒグドンのヴァイオリン協奏曲が最初に収録されておりますが、ヒグドンという人は現代アメリカの作曲家で、この曲はハーンさんのため、2008年に書かれた曲だそうです。この曲に関してはノーコメントという事で。(^^;

最後にジャケット写真について。グラモフォンはアーティストのバストアップ写真が多いレコード会社で、個人的にはあまり面白みを感じないのですが、このハーンさんのCDに関してはブックレット裏表紙の写真を表に使った方が良かったのではないかと。なかなかユニークな写真ですよ。でも、会社としては冒険をしないのですね、きっと。

« PENTAX SV 初撮り | トップページ | 横浜松坂屋が消えた »

コメント

こんばんは。
私もこのCD(輸入盤)を月曜日にタワレコで購入したばかりです。
第1楽章しかまだ聴いていませんが、KONDOHさんと同じような印象を受けました。
神尾真由子の方は思い切りヴァイオリンを鳴らしていますが、ハーンは細かいニュアンスを大事にしている感じでした。

なお、お薦めのカラヤンのチャイコフスキー第4番(HQCD)も購入しました。

おはようございます。
前回ラブ・ロマンス映画とおっしゃっていたハーンさんですね。前回もでしたが、今回もその美しい音色を絶賛ですね。クラシックファンではありませんが、ちょっと聴いてみた気になりました。このCDジャケット、私は結構好きかも。裏表紙はさて、どんなだったのでしょう^^

yymoonさん、おはようございます。
同じ日にタワレコに行かれたんですね。私が行った夕方の時間帯ではカラヤンのチャイコフスキー、4番だけがありませんでした。このシリーズを集めた棚も、チャイコフスキーの棚にもありませんでした。HQCDとノーマルCDを聴き比べる良い機会だと思ったものですから。
ハーンさんの演奏、第一楽章は同じ印象でしたか。やはりそうですよねぇ・・・。やや大人し過ぎるかなと感じましたので。
神尾さんのもやはり聴いておきませんといけないですね。

koukoさん、おはようございます。
はい、本当に美しい音色ですよ。koukoさんにも是非お聴き頂きたいです。
女性ポートレートはその女性が一番美しく見えるカメラ位置で撮りますから、このカットが選ばれたのでしょうね。

KONDOHさん お久し振りです。。。

実生活が忙しく 御無沙汰してしまいました。。。

久し振りにお邪魔したら、大~~好きなチャイコフスキーの
ヴァイオリン協奏曲!!
私が、クラシックに魅せられたのは、チャイコフスキーの
バレエ音楽がきっかけなんです。
バレエ音楽だけでなく、全般的に好きです。

この方の演奏は まだ聴いていません。
KONDOHさんの記事を読んでたら、無性に聴きたくなりました~
(o^―^o)ニコッ

マリアさん、こんばんは。
チャイコフスキーのバレエ音楽も良いですよね。組曲版に必ず演奏されるワルツがまた好きでして。
チャイコフスキーのメロディは日本人に合っていると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« PENTAX SV 初撮り | トップページ | 横浜松坂屋が消えた »