« 宮本武蔵 | トップページ | 京都・真如堂 »

2010年12月 1日 (水)

京都・詩仙堂

Img_4744

今日から先生も走る師走。一年、あっという間ですねぇ・・・。

詩仙堂を訪れるのはこれが三回目。一昨日ご紹介した圓光寺のすぐ傍でして、過去二回詩仙堂に来ながら圓光寺には行ってなかったのです。詩仙堂下の金福寺も入ってないのですが、先日テレビで金福寺が紹介されているのを見た時、あぁ・・・入っておけば良かったと少々後悔。

Img_4749

詩仙堂は初めて訪れた時の紅葉が素晴らしく、その印象で今回が三度目の訪問になるわけですが、最初の印象が強烈だっただけに三度目の今回はイマイチかなぁ・・・という思いです。それでも拙宅周辺で見る紅葉とは雲泥の差ですが。

Img_4758

五月下旬のさつきも素晴らしいそうですが、私は三回とも紅葉の時期にしか訪れていないのです。

Img_4760

残っていた柿にピントを合わせて・・・。

Img_4763

詩仙堂入り口際の竹林が見事でしたので、一枚撮影しておきました。

詩仙堂を出てから昨日の八大神社を訪れ、その後白川通りまで戻って京都市バスに乗り、真如堂へ。真如堂は桜の時期や初夏にも訪れた事がありますので、今回で何回目になるのか自分でも分かりません。真如堂も観光バスで団体が押し掛けて来るところなのですが。

Canon EOS 7D + EF-S 15-85mm/F3.5-5.6 IS USM

« 宮本武蔵 | トップページ | 京都・真如堂 »

コメント

おはようございます。
詩仙堂は私も何度か行ったことがあります。座って眺めるお庭が素敵な場所ですね。常緑の木が多いようですね。竹林がきれい。

koukoさん、おはようございます。
詩仙堂は人気の場所なので、座って眺めている方がそれなりに多かったです。
やはり人気の場所は平日でもこの時期は人が多いようです。

 詩仙堂、妻が行きたがっています。
 随分前に訪れたのですが、とても印象深かったようです。

 「次は、春かなぁ・・・」
 哲学の道、南禅寺、また詩仙堂の周辺に行きたいです。

おはようございます!
先日はお疲れ様でした。ようやく紅葉撮影を終了しました。今年の京都は全般的にはまずまずの色づきでした。中旬の冷え込みが弱かったこともあってか、色々な色が混ざってグラデュエーションが楽しめましたね。そんな中でも圓光寺は一押しでした。詩仙堂の残り柿、良いですね。残り柿が絵になるのは、ここと落柿舎、大原の実光院あたりでしょか。

ここは山茶花が見事だとの印象がありました。この近くに曼殊院、赤山禅院もいいところですよ。東山連峰山麓は紅葉が素晴らしいところが多いようですね。
今年は是非鷹峯にと予定していたのですが少し遅れていきますとテレビ放映後なので雑踏の最中の紅葉見物でしたがかろうじて撮影しました。次回は雪景の頃撮影したいとおもっています。いわれのある源光庵、常照寺と光悦寺でした。以前はもう少しのどかでしたが住宅地になっていますがひなびたお寺でした。すこしづつアップしたいと思います。

pyosidaさん、こんばんは。
奥様は詩仙堂がお気に入りですか。確かに女性に人気があるのか、観光客も女性が多いようです。
是非、来春にでもいらして下さい。

tamuraさん、こんばんは。
京都では今回もお世話になりました。ご推薦頂いた圓光寺、素晴らしかったです。アドバイスがなかったら訪れていなかったでしょう。本当に感謝申し上げます。
詩仙堂の残り柿、過去二回は残っていませんでしたから今回初めて撮影しました。他でも二箇所あるのですね。
次回は桜撮影、こうして追っていると一年はあっというまですね。

TOKIWAIさん、こんばんは。
京都にお近いですから羨ましいです。
一般に有名なところより、ひなびた感じの地味なお寺が良いですね。そういうところの方が一段と味わい深く感じます。
TOKIWAIさんのお写真も楽しみにしています。今度京都を訪れるのは来年になると思いますが、いつ行っても良いですねぇ・・・。

こんにちは。
ここのお庭も見事ですね。
そして、京都といえば竹林。竹林も手入れをしていないと単なる竹藪。それなりに維持は大変でしょうね。

ビワさん、こんばんは。
はい、ここは有名で、畳に座ってじっくりとお庭を鑑賞するのが一番です。
京都の竹林はどこも手入れが行き届いているようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206801/50177574

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・詩仙堂:

« 宮本武蔵 | トップページ | 京都・真如堂 »