« 釧網本線 | トップページ | 知床・オシンコシンの滝 »

2010年12月17日 (金)

釧網本線「止別(やむべつ)駅」

Dsc00478
止別駅

釧網本線の駅で一番オホーツクの海に接しているのは「北浜駅」ですが、この止別駅も海には近いです。

Dsc00479

駅員のいない無人駅です。如何にもローカル線らしい雰囲気がありました。

Dsc00477

駅舎の中には「えきばしゃ」という名前のラーメン喫茶があります。テレビでも紹介されておりましたが、ツーラーメンという白髪ネギが乗っかったラーメンが有名です。

Dsc00481

ホームから網走方面を撮影。列車もワンマン運転です。今日の写真は13日(月曜日)に撮影しておりますが、雪は路面に少し残っている程度。翌日もここに立ったのですが、雪が降ってあっという間に白くなりました。

Img_5043

この後、知床へ向かうのですが、時間が遅過ぎました。午後三時を回るともう辺りは暗くなって来るのですから。

SONY DSC-HX5V、Canon EOS 7D + SIGMA APO 50-500mm/F4.5-6.3 DG OS HSM

« 釧網本線 | トップページ | 知床・オシンコシンの滝 »

コメント

おはようございます。
ストーブが寒い土地らしい風情でいいですね。酷寒の駅で熱々のラーメン、美味しそうです~^^
雪がありませんね。今年は全国的に雪が遅いようですが、道東も雪が遅いようですね。知床、撮れたのでしょうか^^

おはようございます。
雪が降っていないのにとても寒そうですね。

駅舎の中も、錆びたストーブ、使い古しの電車の座席、営業中と書いた水桶(?)など、これではとても営業しているようには見えませんね(笑)。

koukoさん、おはようございます。
駅舎を利用した喫茶、食堂。釧網本線には幾つかあるようです。」
私が行った日までは例年より雪は少なかったそうです。しかし翌日から降り始め、15日は寒波が来たようでテレビのニュースでもやっていました。危なかったです。(笑)
知床、この日は途中で暗くなったので諦めてUターンする事になっちゃいました。翌朝、直接知床へと。

yymoonさん、おはようございます。
例年より雪が少ないようです。でも、翌日から降り始めましたが。
駅舎内、実にローカルチックで良かったです。しかし利益が出ているのか心配になってしまう、ラーメン喫茶です。

待合室の椅子が鉄道車両の椅子ですね

冬の北海道は寒々しくてブルッとしそうです

roxanne6さん、こんばんは。
車両の廃品を集めて来たような待合室です。
しかし、なんとも味わい深い雰囲気があります。ローカル線らしくて良いですね。

こんにちは。
雰囲気が良いですね。煙突のないストーブやら座席を流用したイスなんかも良いです。寒い土地はラーメンがおいしいですが、ラーメン喫茶というのも北海道らしくて良いです。
ホームの景色は、まさに「鉄道員」ですね。

こんばんは。
駅舎の様子がなんともいえない雰囲気を醸し出していますね。ストーブが貫禄十分で。いつまでもかわらないで
この雰囲気であってほしいと思いました。

ビワさん、こんばんは。
そうでしょう・・・、ホントに雰囲気の良い駅舎でした。こういうところが如何にもローカル線らしくて良いですね。
駅舎を利用したラーメン店、こういうところものんびりしています。ホームからの景色も映画を思わせます。

Eurekaさん、こんばんは。
都会の駅舎では絶対見る事が出来ない光景だと思います。
こういうところが釧網本線の良いところですが、これをいつまでも残して頂きたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 釧網本線 | トップページ | 知床・オシンコシンの滝 »