« 京都・水のページェント | トップページ | 川辺の風景 »

2010年12月 5日 (日)

京浜急行「子安駅」

Cfe80_02
京浜急行線、子安駅

京急線シリーズ、前回から一ヶ月以上間隔が空いてしまいましたが、今日は「子安駅」をご紹介します。場所は横浜市神奈川区子安通に位置しており、前回ご紹介した神奈川新町駅のお隣(上り方向)になります。

Cfe80_03

現在子安駅は普通電車のみの停車駅で、快特、特急、急行電車の通過待ち合わせをする駅に設定されています。ホームは2面4線式。

Cfe80_01

今回私は初めて子安駅で下車しました。地元沿線である京急線、未だ一度も降りた事のない駅がかなりあります。

Cfe80_06

駅前の踏切ですが、歩いて踏切を渡るとその先はJR東海道線や京浜東北線の線路になっており、人は線路の下に在るトンネルを歩くようになっておりました。

Cfe80_05

駅の東側は国道15号線が通っており、写真方向は鶴見、川崎方面。逆方向はもちろん横浜駅東口方面になります。

交通信号に「京浜子安駅入口」と案内板が付いておりますが、「京浜子安」は以前の駅名で、川崎駅や蒲田駅もそれぞれ京浜川崎、京浜蒲田と称しておりました。しかし現在は「京浜」から「京急」に改められています。

Cfe80_08

JR線下のトンネルを抜けてみたら正面にお寺がありました。今回歩いてみて初めて知ったお寺。歩いてみるといろいろと知るものですね。さて、ここから右へ歩いて行くと大口商店街。その先はJR横浜線の「大口駅」へと連なるわけです。

Cfe80_09

そして大口商店街を分断している大きな通りが国道1号線。地元の人間は先程の国道15号線を一国(いちこく)、この国道1号線を二国(にこく)と称しているのですが、国道1号が何故二国と言うのだ、と思われるかもしれません。(笑)

実は国道15号を通称第一京浜国道、国道1号を第二京浜国道と呼ぶからだと思います。で、第三京浜は横浜・三ッ沢から東京・世田谷を結ぶ高速道路ですね。

さて、私はこの後、第一京浜を渡って工場地帯方面へとお散歩写真を続けたのでした。

HASSELBLAD 203FE + Planar T* CFE 80mm/F2.8、 Kodak 400TX

« 京都・水のページェント | トップページ | 川辺の風景 »

コメント

おはようございます。
神奈川区に住んでいた子どもの頃も京急を使うことはあまりなかったのですが、この子安駅だけは乗り降りしていました。大口商店街へ行くために。昔はにぎやかでしたけど・・・。イチコク、ニコク、いまでも時々そういってしまいます^^ この後のお散歩写真も、楽しみです~

こんにちは!
イチコク、ニコクですか。ところ変わればなのか、時代変わればなのか、、、私が子供の頃は品川あたりでは第一京浜、第二京浜と呼んでましたねぇ、、、で、だいぶ大きくなるまで、国道15号とか国道1号だと言うことは知りませんでした。(笑)

koukoさん、こんばんは。
子安駅はkoukoさんにとって思い出のある駅という事なんですね。
大口商店街、歩いてみると閑散としてましたが、賑やかな時代もあったのですね。私が子供の頃住んでいた近くの商店街も今はさっぱりのようですが、やはり昔は賑やかでした。大きなスーパーが近くに出来ると個人商店は大変ですね。
イチコク、ニコク、そう呼んでおりましたですか。(^^)

tamuraさん、こんばんは。
品川付近では普通に第一京浜、第二京浜でしたか。おっしゃるようにところ変われば・・・ですね。
国道15号と1号、どっちがどっちだか分からなくなる人もいるようで、そういう時にイチコク、ニコクという言い方は便利のようです。

子安駅から海岸側というのもおもしろそうです。
楽しみにしています

こんにちは。
立派な門構えのお寺ですね。脇にあるのはお地蔵様でしょうか。
国道1号線が第二京浜で、国道15号線が第一京浜というのは、事情を知らない者にはややこしいですね。その上、イチコクが国道1号線ではなく第一京浜、つまり国道15号線とは。いっそのこと、数字じゃない名前もあればいいのですが。

roxanne6さん、こんばんは。
子安はほとんど行った事がなく、歩いてみると「へぇ~・・・」という感触でした。

ビワさん、こんばんは。
このお寺の存在は歩いてみて初めて知った存在でした。左手前はお地蔵様のように見えますが、普通にみるお地蔵様とは少々違うようです。
イチコク、ニコク、知らない方にとってはややこしい言い方ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・水のページェント | トップページ | 川辺の風景 »