« 今宵の月は・・・ | トップページ | OLYMPUS PEN、アスペクト比の不可思議 »

2011年1月22日 (土)

JAL 鶴丸復活!

Haneda
2011年1月18日撮影 (羽田空港) GF1 + 14-45mm

前方は新国際線ターミナル。富士山が雲に隠れていますが、頂上が少し出ています。

日本航空さんが昔使っていた鶴丸マークをまた復活させるというニュースはすでにご存知だと思います。現在は太陽のアークという、尾翼を赤く塗った塗装がシンボル(上の写真)。子供の頃、鶴丸マークの入ったショルダーバッグを持っている人を羨ましく見ていたものでした。実に他愛のない事ですが。(笑)

Air871
D2H + 80-400mm

懐かしの鶴丸マーク。鶴丸塗装機が再登場するのは四月からだそうで、待ち遠しいですねぇ・・・。

Air_286
D2H + 80-400mm

しかしその直前となる三月、長い間日本の空、世界の空を飛び回っていた愛称ジャンボ、ボーイング B747が全機引退します。残念ながら鶴丸マークでのジャンボは見られない事になります。寂しい事ですが、これもまた時代の流れ。

B747最後の勇姿を今のうちに撮影しておきましょうか。

« 今宵の月は・・・ | トップページ | OLYMPUS PEN、アスペクト比の不可思議 »

コメント

おはようございます。
鶴丸復活は歓迎ですが、747が消えていくのは残念ですね。二度ほどしか搭乗した事が無いですが・・・

ramble-leicaさん、おはようございます。
747、低燃費が叫ばれる現在では使用年数も合わせて考えると退役は仕方ないのでしょうね。
撮影中、747は堂々とした風格があって撮影し甲斐がありました。

おはようございます。
鶴丸マークやパンナムマークのショルダーバッグは、あこがれましたね~。まだ海外旅行自体があこがれだった時代ですね^^ 
そっかー、鶴丸のジャンボ機は見られないのですね。ちょっと残念ですね。

鶴丸マークは合併とはいえなぜ消滅したのでしようか。デザインとしてはとても良いのですが・・・
こうして飛行機の画像を見せて頂いていますと747が無くなり787等の中型機が導入されるると。航空業界には時代の流れが現れていますね。

こんにちは。
夕暮れの風景、いいですね。
航空会社のバック、空港のない県で育った影響もあって、すごくカッコ良く見えました。
ジャンボの引退は寂しいですが、保存展示とかってないのでしょうか。大きすぎますかね。

koukoさん、こんばんは。
子供心に入手出来るわけないショルダーバッグに何故か憧れておりました。今も持っていないですけど。(笑)
鶴丸のジャンボ、残念ですねぇ・・・。

TOKIWAIさん、こんばんは。
鶴丸をやめたのは当時も新生日本航空という意気込みがあったのかもしれませんですね。
旅客機も世界的に低燃費が叫ばれるようになって来ましたので、古い設計の四発は時代にそぐわないのだと思います。
B787、ANAへの納入がまた遅れました。どうなっているのでしょうかねぇ・・・?

ビワさん、こんばんは。
夕暮れ時の空港は絵になりますね。数年前の夏、関空で素晴らしい夕暮れに出会った事があります。感動しました。
ジャンボの保存展示、あれだけ大きいと場所的に難しいのではないでしょうか。

懐かしいですね、航空会社のマークの入ったショルダー
欲しかったです
ジャンボの鶴丸は見ることが出来ずに・・・
になってしまうのですね。

roxanne6さん、こんばんは。
航空会社のマーク入りショルダー、ちょっとしたステイタスに見えたものです。(笑)
ジャンボはいよいよ三月までのようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今宵の月は・・・ | トップページ | OLYMPUS PEN、アスペクト比の不可思議 »