« 京浜急行「穴守稲荷駅」 | トップページ | カメラのカラバリ »

2011年1月15日 (土)

タクマーをデジタルで・・・

Img_4951

ペンタックス製スクリューマウントの古いレンズをデジタルで使ってみました。使用したカメラがフルサイズではないという事もありますが、そう破綻のない描写ではないかと思います。と言うより、良く写りますね。

Img_4953

古いレンズはデジタルでは使えない・・・という方、或いはメーカーさんが存在しますが、使えない・・・という基準をどこに置いているかですね。

Img_4955

写真というのは基本的にはプリントしたものを見る事が先決だと思います。しかしながらデジタルになってプリントは全然せずに、モニターを使って等倍表示したものを重箱の隅を突くように、まるで粗探しをしているかの如く見る人が多くなっているのではないかと勝手に想像しております。

私の知り合いのWさんという方、恐らくこの方以上に写真をプリントする方はいらっしゃらないのではないかと思うほどです。何しろいきなりA3サイズでプリントしちゃうのですから。小さいサイズでテストプリントなどせず、いきなりA3です。プリント枚数も半端ではありません。昨年暮れ、お宅に訪問したら大きな紙袋二つに溢れるほどの使用済みインクカートリッジが入っておりました。毎度の事ながらホント凄いです。尊敬に値します。

ところで・・・、

Nx5_2

NEX-5、新色シャンパンゴールドが来月発売されるのですね。これは「買い」かも。

Canon EOS 7D + PENTAX SMC TAKUMAR 28mm/F3.5

« 京浜急行「穴守稲荷駅」 | トップページ | カメラのカラバリ »

コメント

すいません、あまりプリントしない人間です(^^;)
私もDSLRで古いレンズばかり使っていますが、使えないと思うことはそれほど多くはないですね。
気になるのは明暗差の大きいシーンでの色滲みですね。パープルフリンジとかです。
それも毎度、毎度現れるわけでもなく、後でソフトウェア処理も可能ですから、昔のレンズは使えないというのは新しいレンズを買わせたい側の意見でしょうね。
むしろDSLRになって、アダプター装着で古いレンズが手軽に使えるようになったことを多くのユーザーが喜んでいると思います。
そういえばKONDOHさん、TAKUMARの100/2.8は切れ味の鋭い粋なレンズですよ!(^^;)

こんばんは。旧いレンズが使えないとは偏見かなと思います。確かに弱い部分はあるでしょうが、旧いレンズと最新のデジタルとの組み合わせはやっぱり楽しいですし、魅力的な描写を見せてくれると思います。タクマーを5Dで楽しんでるひとも結構多いみたいですね。

おはようございます。
お写真、お茶の水ですね。この風景は何度見てもいいですね~。古いレンズを新しいデジタルで! それこそいま私がやりたくてしかたがないことなのです^^ NEX-5も小さくて、GF2購入時の対抗馬でしたが、私にとっては1:1で撮れなかったことが×だったのです~。

cucchi3143さん、おはようございます。
最近はカメラ内で色収差を補正する機能を積んだものまで出ておりますから、こういうカメラは特に楽しめそうですね。もっとも古いレンズで楽しまれている方の中にはこういった収差も楽しまれていらっしゃるのかもしれません。
古いレンズはデジタルでは使えないと申しているメーカーさん、cucchi3143さんがおっしゃるように新しいカメラ、レンズを買わせたいという事なのでしょう。裏を返すと自社のレンズ、あまり性能が良くないと言っているようなものではと勘繰りたくなります。(笑)
TAKUMAR 100/2.8ですか。暮れに中野にありましたですね。1万円以上していましたが。

Eurekaさん、おはようございます。
Eurekaさんもう同意見でしたか。多少の収差はあっても、昔のレンズの方が個性があったりして面白いようです。
そういったレンズ、フルサイズの方がもっと面白いでしょうね。

koukoさん、おはようございます。
御茶ノ水の有名ポイントですが、ここはホントに良いですよね。鉄道ファンにも人気の場所ではないでしょうか。
GF2でのレンズ遊び、いろいろなアダプターが出ておりますから楽しめますね。NEXに1:1モードはなかったでしたか。気が付きませんでした。

D700と格闘中です^^ゞ
設定項目と調整項目が多すぎて(;_;)難儀してます。今現在,プリントした物を見てカメラをいじらないと意味が無い、という事がわかった段階です。ああ疲れた。

KONDOHさん、おはようございます。
 
 確証はありませんが、フィルムではわかなかったコーティング等の手抜きがデジタル1眼で、分かったと理解しています。

 タクマーなどは、透視率をうたい文句にし、コーティングもしっかりしていたので、年数が経ち劣化した今も使えるようです。
 LeicaRレンズも同様ではないでしょうか・・・。

 デジタルとフィルムで、同じレンズを使ったときフィルムは化学反応、淡い光も捉えてくれました。フィルムの使用の方が、レンズは有利と思いました。

 後ろ玉などのコーティングをはじめ、手抜き無しのレンズ探しが必要なようです。

 私もライカにつけるマウントアダプターをたくさん持っています。M42レンズもM9につけて試しに撮影する予定です。
 目測で距離はあわせます。

よく映っていますね・・・
一時マウントをよくやっていましたが、今は一種類だけに収まっています。
これもやはり沼ですね!

タクマーの28はよく売れましたね。
角形フードが何ともいえず格好良かったですし。

レンズは古くてもよく写るということはあまり進歩していないということなのでしょうか、
ただフィルムとCCDとの相性があって変わった写りをするものもあるのでしょうが、
デジタルで簡単に使えるのはいいことですね。

スカルピアさん、こんばんは。
デジ一眼はいろいろな設定が出来ますから写真を見ながらいじるようになりますよね。
是非、スカルピアさんらしい設定で写真を楽しんで下さいませ。やはりフルサイズは良いですよね。

pyosidaさん、こんばんは。
なるほどコーティングの違い、当然考えられる一因のひとつでしょうね。ペンタックスさんの場合は早くからマルチコーティングを売り物にしていましたし。
フィルムとデジタル、使うレンズは同じでも条件によって随分と描写に変化があると思います。
そういう意味では現代人は両方楽しめるのですから贅沢ですね。

moonlightgeckoさん、こんばんは。
マウントアダプターを沢山お持ちでしたか。
一台でいろいろなマウントを楽しめますからねぇ・・・。

お茶の水付近は訪れることがなくなりましたが、中央線、総武線の色とりどりの電車が走り景観も一新していますね。考えてみますと地下鉄もあり鉄道画僧撮影のみでも楽しめそうですね。
ニッコールのみ古いレンズが処分もせず持っていますのでD3にはAiレンズは使用していますが古くても思いがけない発色もあり撮影したいと思っています。特に広角は使いやすいですね。これはガラスとプラスチックの相違なのかと思っています。
NEX5はニッコールもアダプターがあり楽しみにしています。

ramble-leicaさん、こんばんは。
そうですねぇ・・・。マウントアダプターもある種沼かもしれません。
私のM42→EOSアダプター、購入は十年くらい前でして、ようやく日の目を見ました。(笑)

roxanne6さん、こんばんは。
ハッセルのSWA、レンズは1955年製ですが、今でも充分な性能・・・というより高性能ぶりを発揮しています。
そう考えるとレンズに進歩があったのか・・・なんて思っちゃいますが、コーティングなどは進歩しているのでしょうね。

TOKIWAIさん、こんばんは。
お茶ノ水、おっしゃるようにここからは中央線、総武線、更には地下鉄丸の内線が地上を走っておりますので、粘ればすべて同時に撮影出来たりします。なかなか楽しいところだと思います。
D3には収差補正機能がカメラ内に内蔵しておりますので、少し前のニッコールレンズも綺麗に撮れてしまいますね。
便利な時代になったものです。

こんにちは。
美しい風景です。東京のど真ん中もなかなか捨てがたいものがあります。
光学設計者からすれば収差は全て不具合でしょうし、古いレンズが有り難がられては悲しいというか残念な気持ちになるのではないでしょうか。あるいは、初心者が古いレンズで撮影して文句を言ってくるのを避けるためとか。

ビワさん、こんばんは。
はい、ここの風景は自分の好きな場所でもあります。
メーカーとしては新しいものを購入してもらわないと企業として成り立ちませんですからね。
しかしレンズというものは保存状態さえ良ければ長く使えるものですねぇ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜急行「穴守稲荷駅」 | トップページ | カメラのカラバリ »