« 羽田空港 D滑走路 | トップページ | 横浜ベイクォーター »

2011年2月10日 (木)

羽田、飛行機ウォッチング

Dsc_0232
ANA B777-200 (JA711A)

今日も羽田からの飛行機ウォッチングです。JR山手線並みの離発着間隔の羽田空港ですが、Dコースを使うようになって一段と離発着回数が増えたようです。

Dsc_0337

一枚目はCコース 34Rにアプローチ中のスターアライアンス塗装のANA機。こちらはAコース 34Lにアプローチ中のJAL機。Aコース(第1ターミナル側)とCコース(第2ターミナル側)は共に3000mを有した平行の滑走路ですが、現在はA、C同時にランディングに使ったりする事もあるようです。

Dコースが出来る前は風向にもよりますが、Cコース 34Rをテイクオフに使っている時はAコース 34Lをランディングコースとして使用する事がほとんどでした。で、私が訪れた時は北風(冬場はほとんど)でしたのでCコース 34Rから飛び立つのは従来と同じで当たり前の事なんですが、この時Dコース 05からも飛び立っておりました。

Cコース 34Rから飛び立った飛行機の後、間髪を入れず・・・というくらいの間隔で、もうランディングして来ます。で、前述のようにAコース 34Lにもほとんど同時にランディングして来ますから、いやいや・・・羽田は凄い事になっています。

Dsc_0229
ANA B777-200ER (JA715A)

諸外国に訪日観光を呼びかけるマーキングがしてありますね。「Japan. Endless Diccovery」という文字がそれ。以前は「Yokoso! Japan」でした。

Dsc_0244

時には数百人という乗客を乗せた上、その乗客たちの荷物をも機体下部に貨物として搭載して飛び立つのですから、改めて考えてみると旅客機というのは凄い乗り物ですね。

Dsc_0276
ANA B767-300 (JA602A)

私の撮影位置からですと右側の柱が邪魔になっていますが、モヒカンジェットと渾名された意味がこの写真からお分かりになると思います。

Dsc_0309
JAL B777-200 (JA771J)

第2ターミナル新展望デッキは34Rエンドに大分近付きましたので、テイクオフ直前の機体をここまで大きく撮影(望遠レンズですが)出来るようになりました。左上に見える赤い鉄橋のようなもの。これはDコースへの進入灯です。

間もなくこの尾翼に鶴丸マークが復活するのですねぇ・・・、楽しみ楽しみ。

Dsc_0242

Dコースへのタキシングコース、こうして見るとやや傾斜しているのが分かりますね。しかし海の上に滑走路を作るのですから技術というのは凄いですね。羽田空港全体が年間数センチ沈むという事をご存知ですか?

その度にジャッキで空港全体を元の高さに戻しているそうですよ。埋め立てして作られた空港なので海の下の地盤が弱いからなんですが、この技術もまた凄いです。

皆さん、空港に行く事がありましたら時間を作って是非展望デッキで飛行機ウォッチングをしてみて下さい。特に飛行機に興味がない方でも雄大さ、スマートさ、そしてその「美貌」に感動して頂けると思いますよ。

NIKON D2X + TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di VC USD

« 羽田空港 D滑走路 | トップページ | 横浜ベイクォーター »

コメント

こんにちは。
モヒカンには納得です。逆の見方をすると鶴瓶さんの頭にも似ているかも。
ジャッキで高さを調整しているんですか。それは知りませんでした。文字通り縁の下の力持ちがいるわけですね。

ビワさん、
鶴瓶さんの頭ですかぁ・・・(笑)
でも、なかなか特徴的なカラーリングですよね。
羽田空港は高度な技術で作られているという事であり、日本の土木、建築技術の優秀さを物語っていると思います。

おはようございます。
1月にブラタモリで羽田のD滑走路を紹介していました。さまざまな工夫や技術、人間てすごいですね。羽田のあたりは江戸の空気も感じられそうですし、一度行かねば^^

モヒカンジェットがカメラ目線ですね^^ゞ

koukoさん、おはようございます。
ブラタモリでD滑走路が紹介されていたのですか。残念ながら見逃しております。
D滑走路の工事中にあちこちのテレビで採り上げられていましたが、技術力に感嘆致しました。
是非、koukoさんも見学に行って下さいませ。

スカルピアさん、おはようございます。
あははは・・・確かにそう言われてみると・・・(^^)

KONDOHさん
こんにちは。

ちょっとした疑問なんですが、下から持ち上げてジャッキの限界がきたらどう?するのでしょうねっ

燃料配管を工事した時はそんな考えてませんでしたが・・・

Xiao0さん、こんばんは。
気軽にジャッキで上げるなんて申しましたが、実際のところどういう仕組みなのか私のような凡人には分かりかねます。(^^;
ホントに凄い技術ですよねぇ・・・。
ところでXiao0さんは空港建設に携わっておられたのですか。それはまた尊敬すべき出来事であります。

KONDOHさん
こんばんはです。


日本の技術は、色々な所で便利良い様に考えて凄いですねっ

携わってたと言っても、テレビ番組などで取り上げる様な精密仕事は・・・
たいした事はしてませんからf^_^;

Xiao0さん、
いえいえ、どういう形であれ、空港建設に参加されたという事は自慢出来る事であると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 羽田空港 D滑走路 | トップページ | 横浜ベイクォーター »