« 京浜急行「雑色駅」 | トップページ | 羽田空港 D滑走路 »

2011年2月 8日 (火)

高画素化はどこまで?

X5
Canon EOS Kiss X5

予定通り昨日、キヤノンさんからこの春のニューモデルが発表されました。ボディは事前に漏れ伝わっていたEOS Kiss X5、そして廉価版のX50の二台でした。レンズでは超望遠の白レンズ二本、もう一本は年内発売予定というx1.4のテレコン内蔵という珍しい超望遠ズームレンズ。このレンズには興味津々と言うところ。

ところでデジタル一眼レフの画素数はどこまで高画素化して行くのでしょう? 今回Kiss X5の下位機種で1200万画素のX50が同時発表されましたが、X5も従来の概念ではEOS DIGITALの入門機という設定。一年前に発売されたKiss X4から上位機種の7Dと同じ1800万画素に格上げされています。ほんの数年前までは1800万画素の入門機が登場するとは思いもしませんでした。

デジタル一眼レフが初めて1000万画素を超えたのはご存知のように初代EOS 1Dsでした。発売前、キヤノンさんがプロカメラマン相手に開催した高画素デジタル一眼レフ、EOS 1Dsを使う為のデジタルワークショップのセミナーに参加した事があります。その時の講師は仕事上デジタルを早くから導入していたお二方で、お二人とも以下のように申されておりました。

「1000万画素を超えるEOS 1Dsの解像度は大判、4x5と同等の解像度があります。ですから安易に手持ちで撮影するような無謀な事はせずに、必ず三脚を使って下さい」というような内容。

しかし現在では画素数だけならコンパクトデジカメですら1000万画素超えの時代。そういう現代、誰一人として1000万画素のデジタルカメラが大判と同等の解像度なんて言う人はいないでしょう。しかしワークショップ開催時、1Dsで撮影された風景写真が業務用大判プリンタで印刷されたものが展示してあったのですが、当時は溜息が出るほど素晴らしいものでした。1000万画素のデジタル写真はこんなにきめが細かくなるのか・・・と感動したものです。

ところが入門機Kiss X4やX5は1800万画素です。1Dsの35ミリフルサイズとAPS-Cサイズという違いこそあれ、1Dsを遥かに凌駕する1800万画素のセンサーを搭載したデジタル一眼入門機。考えてみれば恐ろしい事になっていると思いませんか?

一年後には恐らくKiss X6が登場するのでしょうけど、その時の画素数は2000万画素超えでしょうか?

X50
EOS Kiss X50

EOS DIGITAL初のレッド登場。女性向け?

ゴールドを出してくれないかなぁ・・・(笑)

« 京浜急行「雑色駅」 | トップページ | 羽田空港 D滑走路 »

コメント

X5のスペックアップは順当なところとはいえ、バリアングル液晶を除けばX4でも十分でしょうね。
それよりも期待していた1Ds MKIVの発表がなかったのは残念です。夏のボーナス商戦頃の発表になるのでしょうか?
ということでNIKONに期待です(笑) 

おはようございます。
携帯用にとGF2は購入しましたが、ここ数年どちらかというと新しいものより古いものに目がいっているので、新製品情報には全く疎くなってしまいました^^: 今週はみなとみらいでCP+がありますね。のぞいてみようかな^^

cucchi3143さん、おはようございます。
Kissシリーズ、もう行くべきところに行き着いた、そんな印象を受けました。パパさんママさんが我が子の晴れ姿や運動会を撮影する目的で、これ以上高画素化してどうするんですか? という感じです。
Kissシリーズを使うのは何もパパさんママさんだけではないですが、カタログの作りがそういう作りですし。(笑)
1Ds IVは夏以降になるでしょうね。そうなると5D IIIをいつにするか・・・。NIKONの方が早いかもしれませんですね。

koukoさん、おはようございます。
カメラ雀は買う買わないは別にして、新しいものにはついつい目が行ってしまいます。(笑)
デジタル、日進月歩の分野ですし、まだまだ良くなるのでしょうね。CP+、私も覗いてみたいのですが、いつも仕事と勝ち合って行けませんです。

手ぶれ補整ないから手持ちだと500万画素?

こんにちは!

先日、元・富士フイルム勤務の方に聞いたのですが、標準的なラボにあるデジタルプリンタが2000万画素出力(35mmサイズ)だそうで、「これ以上の高画素化競争は(アマチュアレベルでは)無益」との見解でした。
もちろん、プロラボの機材はこれ以上なので、まだまだいけると思うのですが・・・。

そういえば、デジタルカメラの性能にプリンタが追いつくまで何か「競争」してた時代がその昔あったような、なかったような・・・。

富士dpeは未だに170万画素らしいです。2Lまでは分からないしプリント用紙も200万画素対応とのことです。

tcatさん、こんばんは。
私はラボでデジタルプリントを依頼する事がないので、プリンタの解像度についても全然知識がありませんでした。
そういえば一度富士フィルムさんにフィルム現像と一緒にCDを依頼してみた事があるのですが、最大の画像もそれほど大きなものではなかったです。

ろだごんさん、こんばんは。
2000万画素まで対応ですか。そこまであれば一般ユーザーにしてみれば充分ですね。
私がワークショップで見た風景写真はA0というサイズでしょうか、かなりな大判プリントでしたが、1100万画素程度でもあれだけ大きく出来るのか・・・と思いました。多少離れて見ていましたけど。
でも、最新のプリンタでしたらもっと良く見えるかもしれません。もちろん画素補間してのプリントだったのでしょうけど。

 私ですが、NikonやCanonの事は無頓着になりました。

 NEX-3のおかげで、関心はオールド・レンズ。
 その延長で、昔のカメラに興味が・・・。

 今一番欲しいのは、私が生まれた年のカメラです。(笑)
 デジタルの波から、完全に外れたところにおります。

pyosidaさん、こんばんは。
NEX、pyosidaさんにとっては必要不可欠のカメラになりましたですよね。
そこからオールドレンズに興味が行く・・・。古いレンズはデジタルに使えない・・・なんていうメーカーもありますが、使える使えないを判断するのは我々ユーザーであって、メーカーではない、という事だと思います。
生まれ年のカメラを買う、というのはライカで良く言われておりました。是非、生まれ年のカメラをご入手下さい。

こんばんは。
先日、leafのデジタルバック(8000万画素)の画像を
見せてもらう機会がありました。感想は、写りすぎという
感じでしたが、そんなことで驚いていたこともあったなあなんて振り返る時が何年後くらいにやってくるのでしょうか(^_^)。Kissのシャンパンゴールド、ちょっと楽しいですね(*^_^*)。

Eurekaさん、こんばんは。
8000万画素ですかぁ・・・、ちょっと想像がつかないです。
さすがに三脚が必須なんでしょうね。数年で1億画素なんて突破しそうな勢いを感じます。

こんにちは。
スペック的に改良部分が少なくなってくると、どうしても画素数を増やす方向に行ってしまうのでしょう。
キヤノンやニコンはカラーモデルをあまり出さないようですが、あれだけ売れているのであれば、もう少し種類を増やしてもいいのでは、と思ってしまいます。

ビワさん、こんばんは。
このクラスはもう性能的に飽和状態というところではないでしょうか。
キヤノン、ニコン両雄にとってはカラバリなど導入しなくても売れる、という思いもあるかもしれませんですね。逆に他社は数字的にまったく敵わないですから目先を変える、ですかねぇ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜急行「雑色駅」 | トップページ | 羽田空港 D滑走路 »