« 釧網本線・藻琴駅 | トップページ | メルヘンの丘(女満別) »

2011年2月28日 (月)

寒冷地でのカメラ動作

Dsc_0441
D2X + 24-120mm

今回の厳寒地、網走~知床での撮影に関し、カメラの動作について複数の方から質問がありました。

Dsc00663
SONY HX5V

日中でも氷点下の中での撮影。実は私も出掛ける前はバッテリーの持ちを一番心配しておりました。撮影に入る前まではバッテリーだけポケットに入れていた方が良いのかなぁ・・・とか。

Dsc00677
SONY HX5V

走行中、車を止めて撮影。凍った海を避けるためでしょうか、漁船が陸に上げられて固定されていました。

Dsc00735
SONY HX5V

水の無いところに鉄橋が造られたりしませんよね。もちろんこの鉄橋の下は川です。しかし川も全面結氷し、その上に雪が積もっているのです。鉄橋の直ぐ向こうはオホーツクの海。秋には鮭が上がってくるらしいです。

Dsc00746
オホーツクの海 SONY HX5V

そういう厳寒地での撮影。しかしいざ撮影に入ったらバッテリーの保温の事などすっかり忘れてしまいました。(笑)

以前、D2Hを使っていた時のスペアバッテリーが残っているので、当然それを自宅でフル充電して持参していたのですが、ついにこのバッテリーを使う機会はありませんでした。氷点下で二日間使い続けて、一度もバッテリーダウンする事はなかったです。まぁ、ニコンフラッグシップ機ならこのくらいの気温は何でもないという事ですね。

Dsc00800
SONY HX5V

ところでデジカメというと一般的にはHX5Vのようなコンパクトデジカメの事をいうのだと思いますが、このカメラもずっと不具合無く動作していました。ただ、念のためHX5Vは常にダウンのポケットの中に入れておりましたので、それが良かったのかもしれません。

Dsc00796
SONY HX5V

この写真は帰りの飛行機に乗る前、展望デッキに出て撮影したものです。で、寒い中なのにしばらく展望デッキで撮影していたのですが、突然HX5Vのバッテリーマークが点滅し始めました。

その時はバッテリー切れだと思ったのですが、そうではなく、その時こそ寒さによるバッテリーダウンだったのです。飛行機の出発時間直前にポケットからHX5Vを出して電源を入れたら、バッテリーマークはフルのマークに戻りましたので。結局、一般的なコンパクトタイプのデジカメを厳寒地で使うなら、事前にポケットなどに入れておけば少しの撮影時間なら問題ないという事だと思います。

Dsc00732
SONY HX5V

釧網本線、止別(やむべつ)駅の駅舎内に在る「ラーメン喫茶 えきばしゃ」で食したツーラーメンです。シンプルな塩味ベースのスープに、細切りにしたチャーシューと千切りにしたネギとで「ツー」だそうです。ラーメンを食べるのは久しぶりでしたが、なかなか美味しかったです。

« 釧網本線・藻琴駅 | トップページ | メルヘンの丘(女満別) »

コメント

おはようございます。
寒冷地撮影、体験したことがないのですが、なるほどいろいろ注意しなければならないのですね。でも寒がりですから、そういう機会があるかな~^^; 漁船や鉄橋のお写真、懐かしく拝見しました。最後のラーメンの美味しそうなこと!

koukoさん、おはようございます。
東京や横浜で撮影している限り、バッテリーの降下なんて気にする必要がありませんが、さすが北海道だと落ちる場合があるという事ですね。
koukoさんにとっては懐かしい風景なんですね・・・。寒いですけど私にとっては魅力の地です。

かつて冒険家の故植村直己さんが北極圏に持っていった極寒仕様のNikon F2を思い出しました。電池がなくても動くカメラでしたが問題は内部の潤滑油が凍ることでした。今のオール電気のカメラはどうなるのか気になっていましたが記事を読んで納得しました。

私のM9君は、
氷点下のNYで、160枚くらいのデータ消失を起こしました。
撮影後のアクセス時に何度かフリーズしてしまい、バーテリーを抜いたりして対処しましたが、
案の定、、、
ライカではそんな報告はないというけど、、、
なくなった写真は帰ってきません。

ダンさん、こんばんは。
植村直巳さんとはあまりにも環境が違いますが、昨今のカメラは少しくらい寒い環境でもきちんと動作するという事ですね。
カタログ値以上の温度幅で動作するという事ではないでしょうか。

swingphotoさん、こんばんは。
M9は氷点下でデータ消失ですかぁ・・・。カメラとしての動作に支障が出ても、データくらいは守って欲しいですよね。
やはりカメラとしての作りは日本製の方が上回っているのでしょうかねぇ・・・?

昔はバッテリーをポケットに入れて使うようになっているオプションを見ましたが、今のバッテリーは良くなったのでそのようなことはないと高をくくっていると
いけないようですね。
確かにライカのバッテリーはだめですね

こんにちは。
雪、雪、雪、ですね。
流氷の風景、まるで地の果てを見ているような感じです。
これだけ雪だらけだと、ラーメンがことさら美味しそうに見えます。
バッテリーと言えば、電気自動車は寒冷地でも大丈夫なのでしょうか。

roxanne6さん、こんばんは。
そういえば有りましたですねぇ・・・、バッテリーをポケットに入れて使うオプションが・・・。
技術開発が進んで、現在のリチウムバッテリーはかなり低温に強いようですね。
ライカは・・・、ライカですから。(^^;

ビワさん、こんばんは。
あれだけの雪の量を見たのは生まれて初めてです。横浜に生まれて横浜で育ちましたから、積雪を見る事なんて滅多にないわけです。ホントに横浜から行くとびっくりします。
電気自動車、走行中に自動充電されますし、エンジンの熱でバッテリーも大丈夫なのでは、と考えます。(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 釧網本線・藻琴駅 | トップページ | メルヘンの丘(女満別) »