« お見舞い申し上げます | トップページ | 地震の爪痕 »

2011年3月13日 (日)

東北関東大震災

11日午後の大地震、想像を超える被害を被りました。何より多くの尊い人命が失われております。ニュースによると最終的には1万人を超えるとの予想。想像を絶する災害になりました。

地震があった時、私は仕事中で したが、事務所内で一番最初に揺れに気が付いたのは私で、思わず「あ、地震だ!」と声を上げてしまいました。子供の頃より何故か地震には敏感で、今までも誰よりも最初に気が付いていました。

同僚たちは「え!? うそ・・・」と言ったものの、直ぐに揺れが大きくなり、「あ!ホントだ!」と声を出した瞬間、凄い揺れになりました。全員で外へ非難したものの、何かに掴まっていなければ立っていられないほどの大きな揺れ。街灯のポールはまるで鞭のようにしなって揺れています。

大きな揺れが収まってから事務所に戻り、即テレビで地震速報を見ているうち、東北沖を震源地にした大地震で津波注意報が発令。そのうちリアルタイムで大津波の恐怖を見る事に。みんな携帯電話で身内の安否を確認しようとしても携帯はまったく繋がらず。

生まれて初めて経験する震度5強という揺れ。公共交通機関が全線でストップしてしまい、電車通勤の私は同僚の車で遠回りしてもらって自宅近くまで送ってもらったものの、道中は大渋滞。あちこちで停電になっているため、信号も点いていない状態。

最寄りの京浜急行線が止まっているので、沿線道路はぞろぞろと歩いて帰る人たちでいっぱい。恐らく何十分も何時間も歩いて行くのだと思います。下り方向の車道は車の数珠繋ぎ。こんな光景、初めて見るものでした。

横浜市内が広範囲に渡って停電が生じるなんて、これも生まれて初めての経験。しかし津波の被害に比べたら他愛の無い事です。土曜日、日曜日と車で出勤しましたが、普段は大変渋滞する道路なのに、二日ともガラガラでした。まぁ、日曜日は空いているのは当たり前ですが、土曜日は行楽の車とかち合って大変込むのに、さすがに行楽に出掛ける人が少なかったのでしょうね。

しかし、津波の怖さを思い知らされた今回の大地震。誰しもがあれほどの津波を予想してはいなかったのではないかと思います。警報には素直に従った方が良いという事も教えられたような気が致します。多くの尊い人命に対し、ご冥福をお祈り致します。

« お見舞い申し上げます | トップページ | 地震の爪痕 »

コメント

ご無事で何よりでした。こちらドイツにも仙台周辺出身の方々が在住しており、皆で心配しております。
後は、福島原発の状況がこれ以上悪化しないことを
祈るだけです。因みに、ドイツやUS等のニュースの方が、日本の国内のものより正確で早いような気がしています。パニックを防ぐためなのでしょうか。

こんにちは。
横浜は停電でしたか。やはり東部の方が揺れが大きかったようですね。
とにかくご無事でよかったです。

自然の力には抗えないことを思い知らされました。原発も心配です。被災地の復興を祈るばかりです。KONDOHさんもご無事でなによりでした。

ハマさん、お気遣いありがとうございます。
私の方は大きな被害もなく済みました。今もテレビで津波の映像を見ておりますが、地獄絵図ですね。家庭用ビデオカメラの普及で地元の人が撮影した映像が流されていますが、想像を絶するものです。
原発の爆発に関しては何となく正確な事を発表していないような感じです。おっしゃるようにパニックになるのを防ぐためだと思います。怖い事ですね。

ビワさん、ありがとうございます。
凄い地震でしたねぇ・・・。
横浜で生まれ育って来ましたが、こんな大きな揺れは初めての体験でした。

スカルピアさん、ありがとうございます。
自然災害の怖さを思い知らされましたですね、今回の大地震には。ホントに原発には不安があります。
大津波の映像はまるでアメリカ映画のCGを見るようですが、現実の事なんですよねぇ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お見舞い申し上げます | トップページ | 地震の爪痕 »