« 京浜急行「京急新子安駅」 | トップページ | 京浜急行「生麦駅」 »

2011年4月23日 (土)

14個の宝石

Dsc01006

14個の宝石、いったいどこに有るの? と疑問に思われた方、よ~くご覧になって下さい。小さくて見難いですがダイヤモンドが14個も有ります。もちろんカートリッジ針先のチップの事ですけど。(^^;

一昨日、マッキントッシュのSACDプレイヤーを採り上げた後、最近レコードプレイヤーを使っていない事に気付いたのです。交換カートリッジですが、ターンテーブル上の13個とトーンアームに装着されているものとでここには14個有りますが、実はこれ以外にもまだ持っていまして、どれも皆美しい声を聞かせてくれるのですが、現在どれもお休み中。

こんなに何個も必要ないのでは? と思われるでしょうね、きっと。DENONのDL-103シリーズだけで複数個も持っていますし。どれも皆それぞれ違った声を聞かせてくれるので、カートリッジはそういう楽しみがあるのです。アナログレコードファンならご理解頂けると思います。

この中でも一番好きなのは「光悦」です。クラシック音楽では実に美しい弦を聞かせてくれます。オルトフォンのSPUはSMEのアームに装着するとカートリッジのゴリゴリ感が中和されて良い感じになります(私にとって)。SMEのアーム(3010R、3012R)は評判ほど良いアームとは自分は思っていないのですが、アームの甘さが丁度SPUにマッチしているのではと感じています。これは実際使ってみての感想です。

Sme

これが現在のプレイヤー(テクニクス製)の前に使っていたシステムです。ネガを探したのですが見つからないので古いプリントをスキャニングしています。随分前に閉鎖してしまったマイクロ精機製で、砲金製 9kgのターンテーブルを糸でドライブしています。カートリッジ交換が面倒だからと三本のアームを装着。今思うとよくこんな事やっていたなぁ・・・と思います。(^^;

ターンテーブル上のカバーは埃よけの純正カバーで、このカバーだけ現在のテクニクス製に使っています。 このシステムは徐々にレコードを聴く機会が減って来た時に売却し、現在のダイレクトドライヴの中級機に換えてしまいました。

たまにはレコードを聴きましょう。

« 京浜急行「京急新子安駅」 | トップページ | 京浜急行「生麦駅」 »

コメント

レコードの音が聴きたいです〜
でも、プレーヤーが無い(;_;) ビニール盤は数百枚あるのですが…

おはようございます。
交換カートリッジの数に驚いていたら、三本のアームが! いやぁ~驚きました。オーディオの世界はすごいですね。私もレコードを聴いていないなぁ、というかゆっくり音楽を聴いていないかも^^;

スカルピアさん、おはようございます。
数百枚お持ちなら是非プレイヤーをお求め下さい。
フィルムを愛好するスカルピアさんならアナログレコードもまた・・・。

koukoさん、おはようございます。
この三本アームは以前使っていたシステムですが、興味のない方が見たらマニアックですよね。(^^;
音楽は良いですね。私も欠かせません。

おはようございます。
1枚目は良い眺めですね(*^_^*)。
たしかにどれも輝きをもった宝石ですね。
たくさんお持ちなんですねえ(^_^)。
聴き比べも楽しそうです。

おはようございます。
うほ、マイクロでしたか。私も似たようなもの使っていましたよ。ラックスマンのPD555という真空吸着装置のついたものでした。ターンテーブルはやはり砲金製でかなり重かったです。トーンアームはSME3012Rと型番忘れましたがSAECのを使ってました。カートリッジはオルトフォンMC20mark2とデンオンDL103だったと思います。

ところで、私のサイトのサービス会社が来年5月でHPサービスを閉鎖するということで、引っ越しも面倒なのでブログを新設しました。写真のアップもブログで行おうと思います。
また、外部リンクがRSS対応のみになっているようですので、リンク先をこのブログとさせて頂きましたのでご了承頂きますようお願いします。
なお、新設ブログはこちら↓です。
http://slkyoto.exblog.jp/

よろしくお願いします。

こんばんは。
ぱっと見たとき、高級時計の文字盤かと思いました。
ずいぶんたくさんお持ちですね。
「光悦」が一番ですか。どんな音がするのでしょうか。かなりデリケートなカートリッジで繊細な音がしそうなイメージは持っていましたが。
最近はレコードを聴く時間が多くなりました。カートリッジは、オルトフォンなどの実用的なモノばかりですが。

Eurekaさん、こんばんは。
一時レコードに凝った時にカートリッジもあれこれと。(笑)
でも最近使っていなかったので、たまには聴きませんとね。

tamuraさん、こんばんは。
ラックスマンのプレイヤー、覚えていますよ。最近何年ぶりになるのでしょうか、ラックスマンがまたプレイヤーを発売しました。デザインは以前の製品を思わせる同様のスタイルです。
ブログ始められたのですね。お待ちしていました。私の方もリンクさせて頂きますので、これから楽しませて頂きます。

yymoonさん、こんばんは。
なんか数集まってしまいました。(^^;
「光悦」、現在は二代目の方が受け継いでいるとか聞いていますが、私のは先代がお元気な時の製品です。と言ってもそんな超高級タイプではないのですが。
最近あまり聴いていなかったのでまた聴きたいと思います。

時々ブログ拝見いたしております。
カメラマニア=オーディオマニアってのはありでしょうか?
私もアナログレーコドを聴き続けています。
子どもが小さいころ、カートリッジの針を5本ほど折られ、その後18年間封印してしまいました。
最近また効き始めております。
懐かしいカートリッジが見れて感激しました。
光悦・・・いいですねぇ。以前初代の方のメノウのボディーのを持っていましたが、金欠で泣く泣く手放しました。
お持ちになられている写真にあります光悦の左隣はSAECのですか?
それ、ほしいです!
C-1持っていましたが子供にやられました!
アンプとかスピーカーもそのうち見せて欲しいです。
長文失礼いたしました。

一度グレースの本社といっても町工場でしたが、
遊びに行った思い出があります。
SAECも使いましたねぇ
過去の思い出ですが…

こんばんわ
いや~沢山お持ちですね。光悦はドイツでも音が良いので有名です。一度聞いてみたいものです。
小生はずっとEMTで浮気をしたことが有りません。
レコードの音は歪だらけですが、それが逆に良い
影響をして音が良いようです。CDばかり聞いていて
たまにレコードを掛けるとほっとしますね。

みみさん、こんばんは。
拙ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。
カメラ好き=オーディオ好き、は結構当てはまるのではないかと思います。結局、男はメカ好きという事で。(^^;
オーディオの敵は子供、これも結構当てはまると思います。(笑)
光悦、名前が良いですよね。吉川英治さんの宮本武蔵に本阿弥光悦という刀鍛治が登場しますが、高校生の時に読んで以来この光悦という名前に反応してしまいます。(笑)
SAEC、よくお分かりですね。しかし最近発売されるカートリッジって数十万円というのが多いですね。まったく手が出ません。

roxanne6さん、こんばんは。
私が初めて購入したカートリッジはグレースの製品です。そうですか・・・・工場をご覧になられたのですね。確か会社は品川だったような記憶が・・・。

ハマさん、こんばんは(こんにちは)。
それほど高級なものは持っていないのですが、数だけは集まってしまいました。
EMT、憧れのプレイヤーですねぇ・・・。以前、オリジナル廃盤店を経営している店主のお宅でEMTで再生したジャズを聴かせて頂いた事があるのですが、骨太の凄い音に感嘆しました。
CDのスッキリした音もよいですが、レコードもやはり捨て難いですね。

こんにちは。
アナログは凝れば凝るほど音も変わりますし、それが楽しさにつながるということでしょう。写真に通じるものがありますね。レンズなんて何本もあっても仕方ないでしょ、というのと似ています。(笑)

ビワさん、こんばんは。
そうなんですよねぇ・・・。アナログはどこを変えても音が変わりますので、そこがまた面白いところなんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜急行「京急新子安駅」 | トップページ | 京浜急行「生麦駅」 »