« クライバー/ニューイヤー・コンサート 1992 | トップページ | たまにはオーディオの話題 »

2011年4月20日 (水)

「恋におちたシェイクスピア」 1998年アメリカ映画

Shake

アメリカ映画「恋におちたシェイクスピア」 1998年製作

監督 : ジョン・マッデン
脚本 : トム・ストッパード
音楽 : スティーヴン・ウォーベック

出演 : グウィネス・パルトロー、ジョセフ・ファインズ、ジェフリー・ラッシュ、コリン・ファース、ジュディ・デンチ 他

この映画はアカデミー作品賞、脚本賞、主演女優賞等々、その他にも多くの賞を受賞している映画ファンには評価の高い映画です。そういう有名な映画でありながら私はずっと観た事がなく、ようやく観てみました。

そもそも私がこの作品を知ったのはマニア向けのオーディオ&ビジュアル誌「HiVi」という雑誌ででした。ハイビジョン・プロジェクターの新製品テストレポートに良くこの作品が使われており、製品を評価する上での基準となるべき画質(発色、コントラスト、トーンetc...)を持った、相当高画質のディスクなのだろう・・・という、実に映画の内容とは全然関係ないところで興味を持ったわけです。

いや~・・・雑誌のテスターが褒め称えるだけあってホントに素晴らしい画質です。フィルム映像特有のしっとりとしたトーンが映像に生々しさを感じさせますし、光が良く回ったシーンなど「う~ん・・・素晴らしい!」と感嘆の声を上げたいほど。拙宅では80インチで鑑賞していますが、恐らくもっと大きなスクリーン、100インチ、120インチとかになるほどその映像の素晴らしさを更に享受出来るのではないかと思います。

最初のうちはその映像の素晴らしさに惹かれて映画を観ていたものの、徐々にストーリーに引き込まれてしまい、あっという間に全編を観終わりました。

若き日のシェイクスピアが喜劇として書く予定だった「ロミオとジュリエット」に筆がなかなか進まない時、芝居小屋の一座が出張中のため一般人相手にオーディションをする事に。その中でトマス・ケントと名乗る若者の演技に惚れ込む。しかしオーディションの審査をしているのがシェイクスピアと知った若者は何故か逃げてしまう。追いかけるシェイクスピア。

トマス・ケントと名乗っていた若者、実は芝居好きで役者に憧れていたヴァイオラという資産家の娘が男装してオーディションに出ていたのでした。そのヴァイオラが正装している時の艶やかな美しさに一目惚れしてしまったシェイクスピアは・・・・。

とまぁ・・・簡単にストーリーをご紹介しましたが、シェイクスピアの作品を代表する悲劇「ロミオとジュリエット」が当初喜劇として考えられていたものの、ヴァイオラという美しい女性に叶わぬ恋をした事から台本が喜劇から悲劇として書かれて行くというエピソードを絡んでのラヴストーリー。

これが果たして史実に基づいての脚本なのかどうかは恥ずかしながら知識がないのですが、映画として考えれば結構楽しめる内容だと思います。ゴリゴリのシェイクスピア文学のファンがこの映画を認めるかどうかは別にして・・・。

先日、NHK BSプレミアムでこの映画が放送されましたが、これまた素晴らしい映像でした。プルーレイとマスターは一緒かもしれません。

« クライバー/ニューイヤー・コンサート 1992 | トップページ | たまにはオーディオの話題 »

コメント

こんばんは。
この映画はお気に入りの映画でした。
映画館でも観たはずですが、DVDも買って何度も観ています。その頃も、画質だけでなく、音質やサラウンドの効果をみるのによいソフトだったように記憶していますが、いかがだったでしょうか。剣で戦うシーンの音など。
この頃のグウィネス・パルトローはとても可愛くて良かったですね。
この放送はパスしてしまいましたが、ハイビジョン放送は録画すべきですね。

おはようございます。
この映画、見たいと思っていて見ていないものの1本です。ご紹介の文を読ませていただいて、ますます見たくなりました^^ BSプレミアムで放映されたのですね。見損なってしまいました。このところBSプレミアムは放送開始で、よいものをたくさんやりますね。見たいものが多すぎて♪

yymoonさん、こんばんは。
おお、お気に入りの映画でしたか。
サラウンド効果は実に自然ですね。剣で戦うシーン、音が生々しい金属音で結構リアリティがありました。
パルトローですが、最初登場した時はそれほど・・・と思っていました。ところがシェイクスピアに恋してからのパルトローはどんどん綺麗になって行きますね。恋する女性は綺麗になると言われていますが、もしこれを意識して演技(演出)でやっていたとしたら大したものですねぇ・・・。

koukoさん、こんばんは。
そうだったのですか。それでは是非レンタルなどでご覧になってみて下さい。映像もとても綺麗ですよ。
BSプレミアム、ホントに興味を惹かれる番組が多いですね。

BSは見損ないました。バルトロウは好きな俳優ですね。歌がうまいんだとかという話も聞いたことがあります

roxanne6さん、こんばんは。
私は今回初めて観たのですが、歌がうまいのですか。あちらの人は多才の人が多いのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クライバー/ニューイヤー・コンサート 1992 | トップページ | たまにはオーディオの話題 »