« 14個の宝石 | トップページ | 横浜公園のチューリップ »

2011年4月24日 (日)

京浜急行「生麦駅」

C80_126
京浜急行線、「生麦駅」

今日は京急線シリーズで「生麦駅」です。横浜市鶴見区生麦に位置しています。横浜駅からですと横浜市西区、神奈川区、そして鶴見区へと来ました。もう少し東上すると川崎市へと入ります。

C80_123

生麦駅のホームは少し変わっておりまして、単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線で、新子安駅と同じく橋上駅舎を持っています。単式ホームは下り専用。島式ホームの1線も下り線に使用しており、こちらは特急通過時の待避線としても使われているようです。更に島式ホームは川崎方向にずれて設置されているという変わったホーム形式です。

C80_125

C80_124

改札を通過すると島式ホームの上に造られている通路を通ってホームへ降りる構造。私が利用した時間帯は単式の下り専用ホームは使っておらず、上下線とも島式ホームのみを使っていました。

C80_129

駅前の路地を入るとスーパーや個人商店が。やはりこういう風景は京急線の駅前らしくて良いです。

C80_130

右手の建物は生麦駅の駅舎。

C80_134

ホームの端からお隣「花月園前駅」からの下り線を撮影。下り線路がホーム手前で分岐しているのがお分かりだと思います。

C80_132

朝の通勤時間帯は通行止めになる駅前の踏切。京急線とJR線の線路を横切る長い踏切ですから、朝は遮断機を上げられないのではないかと思います。

生麦といえば麒麟麦酒の工場がありますが、一度だけ入った事があります。余談ですが「きりんびーる」で漢字変換したら「麒麟麦酒」となりました。凄い。(^^;

HASSELBLAD 500C + Planar C 80mm/F2.8、Kodak 400TX

« 14個の宝石 | トップページ | 横浜公園のチューリップ »

コメント

おはようございます。
この駅も興味をそそられる駅ですね。このあたりは各駅停車で乗り降りして歩いてみたいです^^ 私のPCでは「きりんびーる」は「キリンビール」となりました。カタカナは趣がないですね。しかしこれって学習機能のせいかしら。以前に「キリンビール」って入力したかな^^;

おはようございます。
鶴見までは各駅停車しか止まらない駅が続きますので、地味目の駅が多いですね。普段降りない駅が続きますので、自分自身も興味津々というところです。
麒麟麦酒、私は今回初めての変換だと思います。正式な会社名は「キリンビール」ではなく「麒麟麦酒」ですよね、確か。

生麦事件の資料館のようなものが近くにあるようですが、平日しか開いていなかったような気がします。
生麦の交差点から大黒ふ頭へ行けますね、
ベイブリッジ展望台が閉鎖になってどうなったのでしょうか

ご無沙汰しています。
走る車両が異なるのみで都市圏の駅周辺の風景等はまったく同じように見えますね。これもチェーン店やコンビニ等があるからでしょうか。それとともに立体交差や高速道路等々があることも・・・
このようなシリーズ画像を6×6判で撮影することは大変ですがじっくり撮影して下さい。

roxanne6さん、
生麦事件の資料館、平日のみでしたか。三月までは平日休みでしたが、今は日曜日が休みになり、平日休みはひと月に一日か二日になってしまいました。
ベイブリッジの展望台、昨秋閉鎖してしまいましたね。今はそのまま・・・残っているのではないでしょうか。

Tokiwaiさん、こんばんは。
駅前の風景はどうしても似てしまいますね。しかし商店街などを見るとなんとなくホッとしたりします。
中判によるフィルム撮影、時間とお金が掛かりますが最後まで続けたいと思います。

こんにちは。
生麦という地名とビール会社とは関係があるのでしょうか。でも、生麦事件のころには既に生麦だったんですよね。
踏切、長いですね。閉鎖されなくても、朝は通りたくないですね。

ビワさん、
同じ麦ですが、関係はないと思います。
この踏み切りは長いです。京急線、JR京浜東北線、東海道線、横須賀線、これらが過密ダイヤで通りますから、朝は遮断機を上げる時間が出来るわけないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 14個の宝石 | トップページ | 横浜公園のチューリップ »