« 松竹映画「東京物語」デジタル・リマスター版 | トップページ | カメラ店 »

2011年4月 8日 (金)

マスクとスナップ写真

Dsc00283

もう一ヵ月半も花粉症に悩まされているのですが、こんな重症な年はいったい何年振りの事か・・・。目は痒みを伴って赤く充血しちゃうし、喉まで炎症を起こすしで、ホント嫌な季節です。

Dsc00279

外に出る時はマスクをするのですが、これはほとんど気休めにしかなりませんですね。実際のところはあまり効果を感じていません。しかしカメラを持った男がマスクをして写真なんぞを撮っていると怪しい人間と間違われないかと、カメラを持つ時私はマスクをしないようにしています。(笑)

Dsc00282

鼻水を止めるために鼻炎用の薬を服用すると今度は眠たくなるしで、ホントに困ったものです。スギ花粉が飛ぶ季節だけは北海道か沖縄に住みたくなりますねぇ・・・。

ここ三、四年、実に症状が軽かったので、ひょっとしたらスギ花粉に抵抗力が出来たのかも・・・と思っていたのですが、ただ単に飛散量が少なかっただけなんでしょうね。あぁ・・・、桜が咲く清々しい季節なのに、この花粉症さえなければ・・・。

※ 「東京物語」に続いて「二十四の瞳」も観ました。高校生の時に壷井栄さんの小説を読んで大変感動した事があり、夏休みの読書感想文にこの小説を選んで原稿用紙数枚に感想を書いたのですが、えらく褒められた事を思い出しました。この映画を観たのは随分前、NHKからの放送でした。久し振りに見たデジタル・リマスター版による放送、またまた感動しました。

SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6

« 松竹映画「東京物語」デジタル・リマスター版 | トップページ | カメラ店 »

コメント

私は今日もマスクを着用して撮影していましたが・・・そういう方が割と多いですよ。ご心配いりません(笑)
今年初めて喉の奥が腫れました。きつかったです。例年ですとGW明けには飛散がおさまりますが、今年はどうなるでしょう? サクラの開花も遅いし、スギ花粉の飛散も長くまで残ったら・・・。まだ余震もありますしね(先ほどの揺れは3/11以降では最大?) 鬱々として楽しまず、です(^^;)

おはようございます。
電車の中などでもマスクの方をたくさん見かけますね。今年は特に多いような気がします。大変ですね。私は光に弱く、光が強いと涙が止まらなくて泣きながら歩いている状態になります^^; サングラスをすると写真を撮りにくくなるし(>_<)
NEX-5、便利そうですね。最近はGF2でも大きく感じてしまって^^; カメラ機能のよい携帯を物色中です。

KONDOHさんも花粉症持ちでしたか。私も今頃になってその気配が出てきました。歳取ればならないかと思ってましたが。確かにマスクしてパチパチやってると変かも。ましてやレンズ向けられたら「オイッ!」なんて。

今年のスギ花粉は凄いですね!
自分は水で濡らしたガーゼマスクを内側に、その上から紙マスクの2重です。このくらいで少しは効果がでますね。先日、身延山で桜の撮影をしていたら周りの山から霧が・・・いや霧じゃなくてスギ林から花粉が放出されている瞬間でした。こんなところでマスク無しで撮影すると後で大変なことになります・・・。

cucchi3143さん、こんばんは。
マスクをして撮影されていらっしゃるのですか。自分の気持ち次第ですかね。(笑)
四月まで花粉症が持ち越すなんて、自分の場合はほとんど記憶がないです。そのくらい今年は重症だという事ですね。
今年は花粉も地震も恐ろしいです。

koukoさん、こんばんは。
ホントに電車でもマスクをしている方多いですよね。女性も気にせずしていますから。
強い光で涙が出るのですか。それもまた困りますね。でも、鼻水垂らすよりうるうるした目の方が素敵です。(^^;
あれ?GF2でも大きいですか?最近、コンパクトカメラ風スタイルの携帯が出ましたねぇ・・・。

ダンさん、こんばんは。
私の花粉症は年季が入っています。(笑)
ここ数年楽だったので、てっきり抵抗力が出来たと思っていたのですが・・・。

harasawaさん、こんばんは。
harasawaさんも花粉症でしたか。水で濡らしたガーゼマスクを内側にですか。これは効果がありそうですね。
しかし撮影中、霧と思ったのが大量の花粉ですかぁ・・・。私ならそこを諦めて逃げます。(笑)

こんばんは。
花粉症大変ですね。ご同情申し上げます。
と言いいながら、前に申し上げたことがあるかもしれませんが、実は私は重度のアレルギー性鼻炎で、花粉もアレルゲンの1つです。
ところが、今のところ、幸いなことに今年のひどい花粉の中でも、ほとんど症状が出ません。
一応、眠気の出ないクラリチンという処方薬を1月頃から飲んではいますが、例年この薬は効いたためしがなかったので、この薬で症状が止まっているのかどうか判りません。
ほかにいくつか思い当たる理由がありますが、それについては触れません。

「二十四の瞳」は素晴らしい作品ですね。高峰秀子を最近再認識しています。

こんにちは。
杉が収束しつつある一方で、今度は檜です。檜の方はややマシなのですが、まだしばらくは我慢の日々です。ティッシュの供給が復活して良かったです。お互い、しばらくの間、がんばりましょう。

yymoonさん、こんばんは。
重度のアレルギー性鼻炎なのに今年は症状が出ないのですか? 不思議ですが羨ましいですぅ・・・。
長年この時期にお世話になっていた耳鼻咽喉科の診療所が昨年で閉院してしまい今年は市販の薬で過ごしています。その医院に一、二度通えば後は楽になるんですけど。
「二十四の瞳」、これも感動的な作品ですね。高峰秀子さんも素晴らしい女優さんでした。最近、お亡くなりになってしまったそうで・・・。

ビワさん、こんばんは。
花粉症だけは罹った人でないと苦しさは分かりませんですよねぇ。
今しばらくの辛抱、お互いに頑張りましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松竹映画「東京物語」デジタル・リマスター版 | トップページ | カメラ店 »