« 「恋におちたシェイクスピア」 1998年アメリカ映画 | トップページ | 京浜急行「京急新子安駅」 »

2011年4月21日 (木)

たまにはオーディオの話題

Mcd1100

本ブログではオーディオ製品の話題を採り上げる事って案外少ないのですが、嘗ては「ステレオサウンド」のようなオーディオ雑誌も毎号購入して楽しんでおりました。しかしそういったオーディオ雑誌も最近は滅多に購入する事はありません。

昨今のハイエンド・オーディオと呼ばれる製品群、凄い価格になっていますね。売価が1千万円単位の製品まであるのですね・・・、いやいや驚きます。まぁ、価格は別にして最近ちょっと目を惹かれたのが冒頭写真の製品。

オーディオファンなら誰もがご存知のオーディオメーカー、米国マッキントッシュ社のSACDプレイヤー MCD1100という新製品です。このデザインを見れば直ぐマッキントッシュの製品と分かるくらい昔からデザインに統一性があります。どういう音がするのかなぁ・・・と、webで製品写真を見た時から思っているのですが、同社のアンプと同じく濃厚な音質なのでしょうか?

ちなみにお値段ですが 1,155,000円だそうです。今時のハイエンド・オーディオ製品、100万円単位のお値段など当たり前の時代ですが、それでもねぇ・・・、「ハァ~・・・・」と溜め息が出るのが精々の私です。(^^;

« 「恋におちたシェイクスピア」 1998年アメリカ映画 | トップページ | 京浜急行「京急新子安駅」 »

コメント

物の値段には意味があります。が、高けりゃそれが良い、とは限りませんですね。

おはようございます。
このデザイン、昔から変わらないとのことですが、なんとなく懐かしいような、すてきなデザインですね。1千万円単位の製品の話をお聞きした後に100万円台と聞くと安いように思えてしまうところが怖いですね^^

おはようございます。
ステレオサウンドの別冊で「・・・のマッキントッシュ」が出たばかりですね。

最近のマッキントッシュは、重量のある大型なものばかりですから、業者にすべてのセッティングを任せられるような人でないと、腰を痛めますね。つまり、お金持ちでないと維持できないように、値段も高めなのかと思ってしまいます(笑)。

ヒャクマンエンの音を聴きわける耳を持たないのが残念ですが、
ずぅ~と昔から、この手のオーディオ機器のデザインの素晴らしさに、ただ惹かれてます。(笑)

おはようございます。(こちらは朝8時なので....)
久しぶりのオーディオ話題にマッキン、と来たら
書かない訳には行きません。先週我が家のSonySCD777ESがCDを読み込まなくなり、
SACDしか聞けなくなりました。友人の技術者と色々やったのですが、どうも駄目で、どうしようという時にスイス、バーゼルに居る同業者がMLの390SLを格安に売るとのことで取りに行って来ました。音?ま、こんなものかと思っています。この頃のSACD機器は非常に良くなっているとのことですが、マッキンはどうなのでしょうか。デザインは随分現代的に成りましたね。現在ドイツはイースター休暇に突入ですが、小生人が休む時は仕事が増える職業で、昨日からニーベルンゲンの指輪の公演で、今日はワルキューレです。明日は休みでその後ジークフリート、
神々の黄昏と続きます。頭の中はワーグナーだらけ
です。そう言えば、我々のご縁は指輪から始まりましたね。花粉症治まりましたか。小生も悩まされています。では又。お元気で!!

スカルピアさん、こんばんは。
おっしゃる通りです。
もう、少し前の事になりますが、共通する趣味で知り合った友人が輸入オーディオ製品の代理店に勤務していた頃に聞いた話です。
日本で商売する際、中途半端に高くするより、思い切って高価格にした方が売れるのだそうです。なんとなく分かる気が・・・・(^^;

koukoさん、こんばんは。
マッキントッシュというメーカーは日本のメーカーと違っていつの時代の製品も一目見れば分かるほどデザインに統一性があるのです。この点は立派だと思います。
1千万の後に100万円。十分の一ですから確かに安く感じます。(笑)

yymoonさん、こんばんは。
ステレオサウンドはメーカー毎に別冊を出したりしますね。私もオルトフォンとか、持っているものがあります。
確かにアンプ類は重いものが多いです。スピーカーも高級タイプは一度セッティングしたら自分ひとりでは動かせないものが多いですよね。

kurakameさん、こんばんは。
日本のオーディオメーカーは一部を除くとデザインに統一性がない事が多いですが、マッキントッシュは昔から独創性のあるデザインで、私も好きなメーカーです。
好きですけど一度もユーザーになった事がないのですが。(笑)

ハマさん、こんばんは。
時差があるのでご挨拶が難しいですね。(^^;
昨年暮れにお会いした際にお聞きしたSonyのプレイヤーですね。ノーマルCDが聴けなくなりましたですか。
げ! 凄いプレイヤーをご入手されたのですね。日本での売価を調べてみたのですが、210万円でした。(^^;
ところで「指輪」の上演中でしたか。長丁場なので演奏する側もお疲れになるのではないですか?
花粉症、未だに患っております。四月中旬まで引き摺るなんて初めての事です。自分でもどうしたのかなぁ・・・という思いです。あれ? ドイツでも花粉症があるのですかぁ・・・。
ハマさんもお体にお気を付けてお仕事をされて下さいませ。

今度は こんばんわ!?
いえいえそんな高い買い物は出来ません。1/10とは
言いませんが、その位でした。
花粉症はこちらでも大変です。弾いているとタレそうで(済みません).......
これから少し休んで本番です。

こんにちは。
日本ではオーディオに限らず車にしてもデザインに一貫性がないことが多いですね。一見してどこのメーカーか分からないことがほとんどです。
それにしても文字通り桁違いですね。たくさん売ってやろうなどと思わないからできる値付け。この点も日本のメーカーはマネができそうにないです。

ハマさん、こんばんは。
そうでしたか・・・、超格安と申しても良いでしょうね。羨ましいです。
花粉症はもう世界的規模なんでしょうかねぇ? 昨今は猿や犬まで患うそうですから。

ビワさん、こんばんは。
日本の車、メーカー名のエンブレムを取ったらどこのメーカーか分からなくなるくらいデザインが似ています。ホントにこの国の工業製品は独創性がないですねぇ・・・。
iPadが当たれば同じような製品を出し、iPhoneが人気を呼ぶと同じようなスマートフォンを出し・・・と、まったく猿真似しか出来ない国です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「恋におちたシェイクスピア」 1998年アメリカ映画 | トップページ | 京浜急行「京急新子安駅」 »