« 横浜野毛大道芸 | トップページ | テープメディアの終焉? »

2011年4月28日 (木)

私の愛聴盤 第5回

Baisho

日本の詩情/倍賞千恵子

1. 忘れな草をあなたに
2. 夏の思い出
3. さくら貝の歌
4. 浜辺の歌
5. 椰子の実
6. 琵琶湖周航の歌
7. 雪の降る町を
8. 花の街
9. 叱られて
10. かあさんの歌
11. ちいさい秋みつけた
12. 中国地方の子守唄
13. 赤とんぼ
14. 宵待草
15. 浜千鳥
16. あざみの歌
17. この道
18. 花

唄 : 倍賞千恵子
編曲 : 小川寛興

キングレコード K30X 82 (廃盤)

久し振りに「私の愛聴盤」にお付き合い下さい。「え、クラシックじゃないの?」とか、「え、倍賞千恵子? 歌なんて唄うの?」なんて、思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。倍賞千恵子さんは山田洋次監督の作品には欠かせない女優さんですが、元は松竹歌劇団所属でしたから、歌が上手いのは当たり前。

そして実に綺麗な歌声なんです。私は倍賞千恵子さんが歌う唱歌や古い日本の歌が好きで、このCDは購入以来いったい何度聴いている事か。一曲目の「忘れな草をあなたに」から倍賞千恵子さんの美しい声に聞き惚れてしまいます。

二曲目の「夏の思い出」はどなたも小中学校の音楽の時間で歌った記憶がお有りだと思います。そして編曲が素晴らしい「さくら貝の歌」では倍賞さんの素敵な高音を聴く事が出来ます。「浜辺の歌」「椰子の実」もこれまたどなたもご存知の名曲。

「花の街」も良いですねぇ・・・。しっとりと歌い上げる「かあさんの歌」も素晴らしいです。そして私の好きな「宵待草」が倍賞さんらしい情感たっぷりの歌唱。中間部なんて絶品です。「浜千鳥」も文句なし。

これまた大好きな「あざみの歌」が倍賞さんの美声で聴ける幸せ! 編曲もこの歌にピッタリで鳥肌が立って来ます。

全曲に触れると長くなってしまいますので端折ってご紹介しましたが、どの歌もホントに聞き惚れています。由紀さおり、安田祥子姉妹が歌う童謡唱歌も素晴らしいですが、倍賞千恵子さんの歌唱も負けていませんよ。このCDは廃盤になっていますが、現在も倍賞さんのCDは同様の編集内容で発売されておりますので、是非ご一聴下さい。

« 横浜野毛大道芸 | トップページ | テープメディアの終焉? »

コメント

おはようございます。
倍賞千重子さんというと「下町の太陽」がまず思い浮かんでしまいましたが(古ッ!)、最近では宮崎アニメの「ハウルの動く城」の主題歌でも、いいなぁと思った記憶があります。ご紹介のような童謡もいいですね。素敵な女優さんですよね~。

昔々、テレビで拝聴した事があり、
子供ながら(私が、ですよ)歌の上手さにぶっ飛んだ記憶があります。

嬉しいですね。私も倍賞千恵子さんのファンです。上にはありませんが特に好きなのは「下町の太陽」。この唄を聴くと心の時間がスリップします。「男はつらいよ」でやれるのは彼女しかいない、私はそう思ってました。

素敵な女優さんですね。しかしさくら貝の歌、あざみの歌など日本の叙情を表現していると聴いてていてうっとりさせられますね。
倍賞千恵子とともに石田あゆみの歌も好きで、痩せた女性の歌がいまでも好きです・・・・
意外なことをお聞きしたようです。早速CDを買い求めたいと思いました。

倍賞さんは、歌がうまいのに加えて、情感の込め方が素晴らしいと思います。童謡ではないのですが、彼女の歌う「さくらのバラード」聞くたびに、彼女の歌声によって在りし日の渥美清さんの照れくさい笑顔が甦ってきます。同時にその兄不在の寂しさも惻々と伝わってきます。陳腐な言い方ですが、その表現力には脱帽します。

koukoさん、こんばんは。
「下町の太陽」は山田洋次監督で映画化されていますし、倍賞千恵子さんの代表曲でしょうね。
宮崎アニメの主題歌は知りませんでした。(^^;

スカルピアさん、こんばんは。
本当に歌唱力のある方ですよね。
美人で歌が上手い。素晴らしいです。

ダンさん、こんばんは。
倍賞千恵子さんのファンでしたか。美しい歌声は癒されます。
桜さんは倍賞さん以外考えられないですよね。

Tokiwaiさん、こんばんは。
さくら貝の歌、あざみの歌、本当に素晴らしい歌唱です。もう何回聴いているか分かりません。
いしだあゆみさんも好きです。良いですよねぇ・・・。

C51225さん、こんばんは。
本当に素晴らしい歌声で、魅了されますよね。おっしゃるように情感の込め方が大変上手いです。
最近は女優業よりコンサートの方に重点をおいて活動しているらしいです。

こんばんは。
倍賞千恵子の歌のファンとは意外でした(^。^)。
「名女優は名歌手なり」ですね。

kv492さん、おはようございます。
いえいえ意外ではないです。山田洋次監督作品を何度もご紹介しているように、山田作品が好きな私にとって倍賞千恵子さんはとても身近に感じる女優さんですから。

なつかしい。わたしが子どもの頃、賠償千恵子さんの歌を父がよく歌っていました。松竹歌劇団を1番で卒業なさったとか・・・。ハウルの動く城で久々にきれいな歌声を聞けたと思っていました。早速わたしもレコードではなく、CDを購入しようと思いました。昭和のよき時代の歌ですね。
 コンサートにも行きたいです。

m.wadaさん、こんばんは。
お父様が倍賞千恵子さんの歌を歌ってくれていらしたのですか。それは良いお父様ですねぇ・・・。
「ハウルの動く城」、私は見ていないのです。主題歌を歌っていたのですか。倍賞さんの透き通るような歌声は宮崎さんのアニメにはピッタリだと思います。
是非、CDを購入して下さい。コンサートも素晴らしいでしょうね。大分前、上野の百貨店で一度倍賞さんと渥美清さんを見ているのですが、懐かしいです。

コンサートにいってきました。ご主人は作曲家の小六禮次郎さんと言う方でピアノを弾いていました。童謡や「下町の太陽」などをきれいな澄んだ歌声で歌って下さいました。お話も楽しくて、古希になられたことをさらっと笑いも入れて告白していました。CDを購入してきました。とてもお幸せそうでした。
 

m.wadaさん、こんばんは。
わ~、コンサートに行かれましたか。
今調べたらネットにも掲載されておりました。気が付きませんでした。私も行ってみたかったですねぇ・・・。テレビでは何度か観ておりましたが。
倍賞さん、再婚されていらしたのですか。これは全然知りませんでした。
きっと素晴らしいコンサートだったと思います。これからもCDで倍賞さんの素晴らしい歌声をお聴きになって下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜野毛大道芸 | トップページ | テープメディアの終焉? »