« 京浜急行「堀ノ内駅」 | トップページ | ライカで東京国際フォーラム »

2011年5月11日 (水)

京浜急行「花月園前駅」

Cfe80_19
京浜急行線、「花月園前駅」

今日は4月24日にご紹介した「生麦駅」のお隣、「花月園前駅」です。花月園前駅と聞けば地元の人なら誰でも競輪場が在るところ、と思い浮かぶはずです。私も撮影に行って競輪開催日と重なったら嫌だなぁ・・・と思い、出掛ける前にネットで開催日を調べたのですが・・・、

なんと昨年春で競輪場は閉鎖されていたのですね。恥ずかしながら全然知りませんでした。(^^;

Cfe80_12

安心して出掛けた花月園前駅、横浜市鶴見区生麦に位置しており、相対式ホームの2面2線式で橋上駅舎の地上駅です。

Cfe80_14

改札を出、競輪場方向には長い陸橋が待ち構えています。ここも生麦駅と同じく京急線の隣を京浜東北線、東海道線、横須賀線(湘南新宿ライン)が走っているからなんです。

Cfe80_18

Cfe80_22

生麦駅前と同じく踏切が長いので、地元民にとっては「開かずの踏み切り」として嫌われているようです。急ぐ場合は橋上駅舎に上がって陸橋を渡る事になります。試しに私は踏み切り前に立ってみたのですが、ホントに遮断機はなかなか上がりませんでした。

Cfe80_21

当然第一京浜道路も京急線に平行しています。このカットはその第一京浜を背にして駅前の踏み切り方向を撮影したものです。商店が幾つか軒を連ねています。

Cfe80_15

競輪場は第一京浜とは反対方向になり、改札から陸橋を渡って降りるとこんな看板が。未だに競輪場を知らせる看板が残っていました。そこで現在競輪場はどうなっているのかと興味本位に行ってみる事に。

Cfe80_16

ここが競輪場入り口。これ以上中には入れなくなっていました。右手の建物が多分観覧席だったのではないかと思います。しかし一年経ってもまだ建物が残っているのですね。

これを撮影した場所に「花月園」の名前の由来について書き記された案内板があったので、それを読んでみると大昔は「遊園地」だったそうです。1950年、閉鎖した遊園地の跡地に競輪場が造られた際、遊園地の名前を残す意味で花月園競輪場という名称にされたそうな。

競輪が開催されなくなった今も京急線の駅名は「花月園前駅」として使われているのですね。競輪場の建物がなくなったら駅名も変わるのでしょうかねぇ・・・?

京急線シリーズ、現在京急蒲田駅~三崎口駅までの全駅撮影に勤しんでおります。これを終えた後京急蒲田駅以北、京急線の基点と考えている品川駅まで撮影しようと考えています。ですから一番最後は品川駅とするつもりです。

このシリーズを始めてから愛用のハッセルブラッドにかなりの本数のフィルムを通して来ました。当初からデジタルで始めていればいろいろな面で楽でしたが、「物」として残るフィルム撮影に拘って最後までハッセルブラッドで撮影を続けたいと思っています。

HASSELBLAD 203FE + Planar T* CFE 80mm/F2.8、Kodak 400TX

« 京浜急行「堀ノ内駅」 | トップページ | ライカで東京国際フォーラム »

コメント

物として残る、フィルムの強みです。デジタルは手軽に良く撮れて便利です。今回の震災報道でも「あの時の写真が欲しい」という話が多いですね。アナログは強い!!
駅の記録は誰かがやっているようで誰もやっていないので、ハッセルを使ったKONDOHさんの写真は貴重な記録です。

花月園は昔は競輪開催日に
酔っぱらった競輪帰りの人が多くいて
なかなか大変だったようです。
この後が何になるかでこの駅周辺は
どうなるのでしょうか。

おはようございます。
競輪場は閉鎖になっていたのですね。花月園は、大正時代に一大遊園地だったそうですが、その後の競輪場も閉鎖し、今は昔ですね。実家にある戦前の写真などを見ても、フィルムってすごいなあと思います。デジタルを残すのはむずかしいですね。撮った枚数が多すぎて、整理すらできていないし(^^;)モノクロフィルムで残す京浜急行駅、素晴らしい記録だと思います。

スカルピアさん、こんばんは。
おっしゃる通りデジタルは手軽で便利なんですが、電気的データは完全には信頼出来ませんのでねぇ・・・。やはり物として残るのはフィルムの強味だと思います。
一先ず最後まで続けたいと思っています。

roxanne6さん、こんばんは。
出掛ける前はそういう人たちと遭遇するのが嫌でした。そこでネットで開催日を調べたら・・・(^^;
あの広い敷地をどういうふうに使うのでしょうかねぇ・・・?

koukoさん、こんばんは。
大正時代の遊園地なんてちょっと想像が付かないです。しかし競輪場も閉鎖、ホントにもう今は昔ですねぇ・・・。
フィルムは紛失さえしなければずっと手元に残りますが、電気的データは一瞬のうちに消失する事もあるわけで、それが怖いのです。長い時間と足を使って撮影したものが消えたら・・・、こんなショックな事はないです。
フィルムは偉大です。何故使わない人が多くなったのか不思議に感じます。自分が生きている間、絶対残したい被写体はやはりフィルム撮影したいです。ちと大袈裟かもしれませんが。(^^;

こんにちは。
競輪はすっかり下火になってしまいましたね。遊園地も減る傾向にありますし、広大な土地の利用方法がなかなか思いつかないのかもしれませんね。郊外だったらショッピングモールという手もありますが、最後はやはりマンションにでもなるのでしょうか。

ビワさん、こんばんは。
元競輪場、それなりの広さの土地です。ホントにこの先どういう利用方法を取るのでしょうか。
ショッピングモールを造るような地域とも思えませんし、おっしゃるようにマンションが一番無難でしょうかねぇ・・・?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜急行「堀ノ内駅」 | トップページ | ライカで東京国際フォーラム »