« GWを振り返る | トップページ | 西方の音 »

2011年5月 8日 (日)

驚愕のオーディオマニア

Dsc01073

amazonに注文した書籍が昨日届きました。左の「Net Audio」は創刊第2号のタイトル通りの雑誌。こちらの話題は置いておきまして、ビックリ仰天が右の単行本。実はこの本の存在を知ったのは拙ブログに時々コメントを寄せて頂いているyymoonさんのブログででした。

月刊誌の「Stereo(音楽之友社)」に連載されていた記事を単行本にしたもので、内容としては日本全国のオーディオマニア宅を訪問し、ご自慢のオーディオ装置を紹介しているだけなんですが、ここに登場する人たちは並大抵ではないです。奥付けを見ると一年も前に発刊されているのですが、私の手元に来たのは第2刷となっていますから結構売れているのでしょう。

Img_0087

壁一面左右30本のスピーカーが積み上げられていたり、高級アンプで有名なマッキントッシュがこれまた何台も積んであったり。どの世界も尋常ならざるマニアの方っていらっしゃいますが、とにかく「笑っちゃうくらい」凄い人たちばかり。カメラの世界でも何百台もの数を蒐集している人がおりますし、私のような凡人にはただただ驚くばかり。

しかし「音楽」を聴くための装置なのか、「音」を聴くための装置なのか・・・。やはり良い音で音楽を聴きたい、そう思う事にしましょう。まぁ、私は今迄通り「質素」に音楽を楽しむ事にしたいと思います。(笑)

Img_0094

写真は新宿御苑で撮影しています。

Canon EOS Kiss X4 + EF 50mm/F1.8 II

« GWを振り返る | トップページ | 西方の音 »

コメント

おはようございます。
KONDOHさんの機材のお話をうかがっていて、常々凄いなぁと思っておりますのに、それが「質素」というオーディオの世界、想像を絶します^^ 新宿御苑、広々としてよさそうですね。ドコモタワーも撮りたいし、行ってみようかしら^^

koukoさん、おはようございます。
いえいえ、私のシステムなんてミニコンポに毛が生えたくらいです。(^^;
この本に登場される方々の部屋は一般人から見たら想像を絶する光景だと思います、多分。でも、聴かせて頂きたいなぁ・・・という気持ちは私の場合強いです。(笑)
お散歩には良い季節になりましたから、是非新宿御苑に行ってみて下さい。湘南新宿ラインは先月から運行していますのでこれを使えば横浜から30分前後ですし。

おはようございます。
この本をKONDOHさんがお買いになるとは思いませんでした(笑)。
この本で紹介されているような大型SPや重量級アンプなどは狭い私の家にはどんなに無理をしても入りませんので、実害のないおもしろいだけの読み物でした。
「Net Audio」の方は危険なので軽く立ち読みだけにしました。

オーディオのグレードアップは何をやっても音が変化(善くも悪くも)するので、とても危険です^^; 普通は適当な所で妥協(良い意味で)出来るのですが、マニアは違うようですね。受け売りですが、思いが強い分「出音」に個性が反映されすぎているので、ちょっと…という意見を伺った事があります。でも聴いてみたいですね~

yymoonさん、こんにちは。
気にはなっていましたが本屋さんでも見つからなかったのでそのまま忘れておりました。
Net Audioをamazonに発注する際に同じページにこの本が出ていたので、じゃぁ・・・ついでに・・・という事で一緒に発注しちゃいました。読んでいる分には面白いです。

スカルピアさん、こんにちは。
真似しようとはまったく思いませんが、聴いてはみたいですね。もっとも真似したくても軍資金も部屋もないですが。(笑)
確かにオーディオはどこを弄っても音は変わりますから、或る意味終わりのない世界だと思います。
なので私の場合はそこそこで楽しんでおります。

こんにちは。
車を何十台も所有するよりかはマシなのかもしれませんが、スピーカーとかになると場所も取りますしね。カメラも暗箱の自作とかやり出したら似たようなものですが。

ビワさん、こんばんは。
どの世界でも趣味の分野では興味のない方には計り知れないマニアックな方がいるものです。収入のほとんどを車に注ぎ込む車好きの方がいらっしゃるように、この本ではオーディオに数百万なんてざら、数千万円も注ぎ込んでいるのでは、という方も登場しています。

こんばんわ。

 コメントありがとうございました。家はまだまだって感じですが、どうにも間違って収入の大半をオーディオに注ぎ込む羽目になってしまっています。でも、はまると止められないんですよ…。

 いちおう今回アンプを買い足して一段落するはず何ですが(^_^;) またお邪魔させて下さい。うちも更新頻度まちまちですが、よろしくお願いいたします。

messaさん、こんばんは。
オーディオにハマるお気持ち、充分に理解しております。私も写真を始める前はそこそこオーディオに費やしておりましたが、さすがに両立しませんので長い事オーディオは進化しておりません。
しかし最近また少しオーディオ熱が上がっているようです。(^^;

KONDOHさん

 実は私は学生時代に写真撮ってました。都市の夜景が面白くて、よなよな車でウロウロしては三脚を立ててました。EOS 5の時代です。なので、駅の白黒写真を見て初めは画像処理?なのに味があるなぁと思ったのですが、HASSELBLADで撮られているのをみて嬉しく思いました。

messaさん、
EOS 5の時代に写真をやられていらしたのですか。フィルム全盛の時代ですよね。実は私が写真をやり始めた時、そのEOS 5は現役機として発売中でした。ユーザーも多かったですね。
京急線、全駅の記録写真を撮ろうと昨年三月から始めております。デジタルでやっていれば費用も後処理も楽なんですが、せっかく時間と足を使うのですから「物」として残るフィルムで撮影する事にしました。それも中判の方が・・・と思い、愛用のハッセル、それもすべてモノクロで撮る事にしたわけであります。色はご覧頂く方に想像して頂くという事で。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« GWを振り返る | トップページ | 西方の音 »