« 流氷の思い出 | トップページ | 横須賀海軍カレー »

2011年5月 5日 (木)

天気晴朗なれども波高し

Dsc01035
東郷平八郎像 (横須賀、三笠公園にて)

「本日天気晴朗なれども波高し」、司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」をお読みになった方はこの言葉の意味がすぐにお分かりだと思います。もっとも司馬遼太郎さんが創作した言葉ではありませんが、二十歳頃(もう・・・五年も前か、あれ?(^^;)に私は「坂の上の雲」を読んでおりまして、この電文が凄く印象に残っています。

Dsc01047

ちなみに上記の電文は日露戦争でロシアのバルチック艦隊を日本海で待ち受けた旗艦「三笠」率いる連合艦隊(司令長官 東郷平八郎)が大本営に打電した文句です。「敵艦見ゆとの警報に接し、連合艦隊はただちに出動これを撃滅せんとす。本日天気晴朗なれども波高し」と、作戦参謀であった秋山真之がこの文章を考えたとされています。

Dsc01043

タイタニックではないっつぅの・・・(^^;
「坂の上の雲」を読んだ後は大長編「翔ぶが如く」も夢中になって読みました。この頃は司馬遼太郎さんの長編歴史小説を読み漁っておりましたねぇ・・・。

日露戦争で旅順の要塞を陥落させた事で名を上げた乃木希典(陸軍大将)は英雄として名を残しておりますが、司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」では実に無策の軍人で、多くの兵隊を死に至らしめた無能な軍人として評している事にも驚いたものです。事実はそうだったのかなぁ・・・と思ったものです。

Dsc01053

Dsc01048

対して秋山真之を天才的参謀として描いております。秋山真之なくして日本海海戦の勝利はなかったのでしょう。NHKで一昨年暮れ、昨年暮れ、そして今年の暮れと、三年越しでテレビドラマ化しておりますね。

Dsc01062

まぁ・・・しかし、日清戦争、日露戦争に勝利しちゃったものですから、資源の無い極東の小さな島国である事を忘れ、調子に乗って太平洋戦争に突入したのでしょうかねぇ・・・?

Dsc01065

でも、逆にその太平洋戦争で敗北したからこそ今の平和があるとも言えますね。そうでなかったら日本も未だに軍隊を持っていたかもしれません。

復元(リアリティはないですけど)された「三笠」を見ているだけなら平和ですから。

SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6

« 流氷の思い出 | トップページ | 横須賀海軍カレー »

コメント

KONDOHさん
横須賀に見えたのですね、ドブ板あたりは
バザーもあって賑わっていましたね。
三笠も「坂の上の雲」以来、来場者が急増しているようでほっとしているようです。

roxanne6さん、おはようございます。
三笠公園には夕方の僅かな時間でしたが、久しぶりに訪れました。
露天はもう片付けに入っていた時間帯ですが、それでも観光客は多かったです。
テレビドラマ化された影響なのでしょうか、あの人の多さは。以前訪れた時はひっそりとしていましたから。

おはようございます。
昨年ここに行ったときにもタイタニックの真似をしている方がいました^^ 昨日の下りの横須賀線の大混雑は鎌倉だけでなくて、その先の横須賀もあったからですね。同じ港でも、横浜とは雰囲気がちがって、横須賀もまた魅力的ですね。気候も良くなったし、また行ってみようかと思っていたところでした^^

koukoさん、おはようございます。
私は京急線利用でしたが、直前に仲木戸で人身事故があったりした影響もあったのでしょうか、下り線は大混雑でした。
下り線はこの三笠公園、油壺マリンパークなどGW向けの行楽地がありますから混雑するわけです。
いよいよ私のGWは今日で終わり、早いなぁ・・・(笑)

KONDOHさんよりもかなり年長の筈の小生(笑)、戦時中の国民学校(小学校)の記憶があります。
5月27日(だったかな)の海軍記念日に、日本海海戦のお話があり、
「天気晴朗なれど波高し。各員一勢奮励努力せよ」
の言葉を聞かされて育ちました。

kurakameさん、こんばんは。
いえいえ・・・、しかし国民学校と言われていた時代もあったのですか・・・。
私は司馬遼太郎さんの本を読むまでは日本海海戦についてほとんど知識がありませんでした。
テレビドラマ化された事によってこの歴史上の事実も多くの人が知るのではないでしょうか。

こんにちは。
タイタニックのまね、どうせやるなら女性とやってみたいです。(笑)
戦意高揚のためには英雄が必要ですから、乃木大将もその一人かもしれませんね。

ビワさん、こんばんは。
タイタニックの真似、男同士ではねぇ・・・(笑)
乃木大将の武勇談、作られた話だったのかもしれませんね。事実は司馬遼太郎さんが書かれた通りだったのかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 流氷の思い出 | トップページ | 横須賀海軍カレー »