« 丸の内線 | トップページ | 京浜急行「三浦海岸駅」 »

2011年6月 8日 (水)

B&W CM1 を買いました

Cm1
B&W CM1

液晶テレビの両脇にセッティングする目的で小さいながらも高性能なコンパクトスピーカーを購入する事にしました。液晶テレビの音って筐体が薄い事もあって貧弱ですからね。最終的に狙いを付けたのは英国B&W社のCM1と、数々の単体スピーカーユニット販売で実績のある日本のFOSTEX社がスピーカーシステムとして製品化したGX100に絞りました。

液晶テレビの両脇に置くからといってただ単にテレビの音声を流すだけでなく、時にはCDなどで音楽を聴いたり、BSハイビジョン放送の音楽番組を高音質で聴く事を想定していますから、音楽的にも不足のないものを要求しているわけです。

で、某ショップでCM1とGX100の二機種を試聴させて頂きました。試聴機器はCDプレイヤーがマランツ SA-11S2(定価 472,500円)、プリメインアンプにPM-11S2(定価 399,000円)という組み合わせ。音源はまたまたカラヤン指揮ベルリン・フィルによるチャイコフスキー/交響曲第4番のCD。

CM1を本格的に聴くのは初めてだったのですが、これがまた驚く音質。13cm口径のウーファーから何でこんなスケール雄大な低音が出るわけ? それでいてオーケストラの弦楽合奏も艶やかに表現してくれます。以前、同社の802Diamondに心底惚れてしまった試聴時、同時に聴いたコンパクトタイプ 805Diamondが16cm口径のウーファーからは想像出来ない中低音が聴かれた事に驚愕しましたが、このCM1にも驚愕です。英国B&W社のスピーカー設計にはただただ驚くばかり。

Gx100_2
FOSTEX GX100

次に聴いたのがもうひとつの候補、GX100です。こちらは10cm口径のウーファー。デザインだけならこちらの方がやや高級感があるように思います。で、試聴結果はというと、中低音に関してはCM1の方に分が有りました(自分の好みでは)。GX100の低音は締りがあるとも言えますが、今回の組み合わせではやや量感不足に感じました。

その代わり高域のキレはCM1より一段上。しかし私が音楽を聴く時はクラシック中心、それも弦楽器中心ですから弦の音が艶やかに鳴ってくれないと困ります。残念ながらGX100はCM1に比較するとやや高域に刺激成分が乗って来るのです。GX100の真価を発揮するにはポピュラー系音楽がピッタリではないかと感じました。録音の新しいジャズなども良いかもしれません。

という事で私は英国B&W社のCM1にしました。もちろん拙宅の装置で試聴時の音が聴かれるとは思っていませんが、CM1の高性能ぶりは確認出来ましたので。購入価格は69,800円です。電気量販店では79,800円の10%ポイント還元ですから、それよりも実売価格は下回りました。しかし私が購入したお店も量販店でして、お相手をして頂いた方はマランツ社の社員でした。

ちなみにB&W社の日本代理店はマランツ社です。その方が申していたのですが、最近指揮者の小澤征爾さんもこのCM1を買って行かれたそうです。「ホントかいなぁ・・・」と話を聞いた時に思ったのですが、しかしCM1が奏でる音はとてもじゃないですが69,800円の音ではないです。メインスピーカーとしても使える性能を持っていますね。液晶テレビの両脇に置くにはもったいないくらいの性能です。(笑)

その後、他店でCDプレイヤー選定のための試聴をしました。今回はAccuphase DP-400、DP-510、それに前回好印象だったLUXMAN D-06との比較試聴です。最終的に購入モデルが決定しました。(^_^)/

« 丸の内線 | トップページ | 京浜急行「三浦海岸駅」 »

コメント

おはようございます。
わたしは、GX100をPCオーディオ用のサブとして小型のデジタルアンプで鳴らしていますので、興味深く読ませていただきました。
GX100はマランツとの相性がちょっと悪かったみたいですね(笑)。
小型SPは置き方でずいぶん印象が違ってくるでしょうから、これからが楽しみですね。

おはようございます。
実際に音楽を聴くときはもちろん至福の時でしょうけれど、こうして機器を揃えていくときも楽しいでしょうね^^ CDプレイヤーやアンプのお値段を見た後では69,800円が安く見えてしまうのが怖いですね^^

yymoonさん、こんばんは。
yymoonさんがGX100をお持ちという事で、今yymoonさんのブログを遡って拝見したら2009年9月に購入されていらしたのですね。私もコメントさせて頂いていたのに、完全に忘れていました。(^^;
マランツはB&Wの代理店ですからアンプ、CDプレイヤーの音決めにはB&Wを使っているのでしょう。ですから今回もCM1とは相性ピッタリでした。
ただ、ブログ本文では長くなるので省略したのですが、アキュフェーズのアンプ(E-460)でも鳴らしてみたのです。そうしたら更に結果が良くなり、迷う事無くCM1を選びました。
GX100はCM1より能率が低いので、かなりアンプを選ぶと思いました。良いアンプを組み合わせれば弾けるような中高音が聴かれるのではないかと思います。

koukoさん、こんばんは。
私、カメラは一、二年(時にはもっと短期)で買い替えちゃうのに、オーディオ機器は一度購入するとホントに長く使います。今回修理に出したアンプだって15年以上も使っているのに修理するくらいですから。ただ単にお金を持っていないからとも。(^^;
ですから多少の出費は使用年数を考えるとそれほど贅沢しているとは思っていないのです。カメラ機材に関してはホントに無駄遣いして来ましたが。(笑)
69,800円での購入ですが、発売当初は10万円以上していたのですよ。円高のお陰で日本での売価がじりじり下がって来て極めてコストパフォーマンスの良いスピーカーとなりました。
koukoさんにもお薦め致します。

こんばんは。相当な高性能スピーカーのようですね。
マランツがB&Wの代理店であることも知りませんでしたが、このスピーカーには興味をそそられます。
おっと、オーディオ、危ない危ない(^_^;)。

Eurekaさん、こんばんは。
自宅で最初に鳴らす際も店頭で試聴した時と同じCDを聴いたのですが、スピーカーの周り、上下左右、そして奥へと音場が広がるのには驚かされました。
二本ペアでの価格とは思えませんです。

うちの液晶TVはSONYのQUALIA 005です。
40インチですが10個のスピーカーを内臓し、S-Surround System Digital Amp内臓jで音に不満はありません。

sordgeckoさん、
QUALIAシリーズはかなり拘りのある製品でしたから、音も良いのでしょうね。
お値段も良かったですが。(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 丸の内線 | トップページ | 京浜急行「三浦海岸駅」 »