« デジタルデータの消失 | トップページ | 京浜急行「京急長沢駅」 »

2011年6月 3日 (金)

私の愛聴盤 第6回

Lee

RENDEZVOUS WITH PEGGY LEE

SIDE 1

1. WHY DON'T YOU DO RIGHT
2. THEM THERE EYE'S
3. 'DEED I
4. I DON'T KNOW ENOUGH ABOUT YOU
5. IT'S A GOOD DAY
6. GOLDEN EARRINGS

SIDE 2

1. I CAN'T GIVE YOU ANYTHING BUT LOVE
2. STORMY WEATHER
3. DON'T SMOKE IN BED
4. WHILE WE'RE YOUNG
5. MANANA
6. HOLD ME

PEGGY LEE (Vo)

米Capitol T-151 (オリジナル盤)

私には珍しいジャズ・ヴォーカル盤のご紹介です。随分古い録音のレコードですが、大分前に某廃盤専門店でご主人から、「KONDOHさん、これ良いよ」と言って掛けてくれたレコードがこの盤。一曲目を聴いただけで、「これ、買います」と言って入手しました。(笑)

「ペギー・リーとランデヴー」というタイトルのこのレコード、私の持っているのは12インチ盤のオリジナルですが、元々は10インチ盤が本来の意味での初出盤。そのくらい録音(1950年代の始めくらい?)は古いのですが、白人女性ジャズシンガーとして絶大な人気を誇ったペギー・リーですから人気盤はいろいろとあります。しかし私が持っているのはこのレコードとCDが一枚だけなんですが、このレコードは入手以来何回も繰り返し聴いています。

なんといっても大のお気に入りが一曲目の「WHY DON'T YOU DO RIGHT」です。ペギー・リーがベニー・グッドマン・オーケストラに在籍していた時のヒット曲らしいのですが、この一曲を聴くためだけでレコードを引っ張り出す事が今迄何回も。軽快なテンポで鼻に掛かったような歌い方をするペギー・リー、もう~・・・最高の歌唱です。

そしてビクター・ヤングの名曲、「GOLDEN EARRING」がまた情緒たっぷり、情感豊かで、「WHY DON'T YOU DO RIGHT」とはまた違った名唱です。SIDE 1 の六曲、すべて良いです。

Lee2

私がジャズに興味を持ったのはバド・パウエル晩年のライヴ盤をたまたまFM放送で聴いたのが切っ掛けだったのですが、最初はジャズと言ってもピアノ・トリオくらいしか聴けず、管楽器が入るのは苦手でした。ましてジャズヴォーカルなんて全然ダメ。

それがいつ頃からかあまり記憶がないのですが、ヴォーカルものも少しずつ聴けるようになり、ぽつりぽつりと買うようになりました。多分、このペギー・リーのレコードはヴォーカルが聴けるようになった最初の頃に購入したレコードではないかと思います。

それが現在は私が所有するジャズヴォーカル盤(そんなに多くはないですけど)の中で一番のお気に入りとなったのが今日ご紹介したこのレコードなのです。

« デジタルデータの消失 | トップページ | 京浜急行「京急長沢駅」 »

コメント

おはようございます。
ジャズのレコードってジャケットがお洒落ですよね。ヴォーカルなら私も聴けそうな気がしていますので、お勧め覚えておきます♪ 最後のお写真を見て思いました。やはり、レコード盤はいいですね^^

私がジャズに興味を持ったのは、白人のジャズピアニスト、bill evans。高校生の頃でした・・・

koukoさん、こんばんは。
そうなんです、ジャズのレコードジャケットは素晴らしいデザインのものが多く、CDサイズでは味わえない良さがあります。
このレコード、ジャズらしい雰囲気はそれほどありませんから、聴きやすいと思いますよ。なんたってジャズヴォーカルが苦手だった頃の私がすんなり入って行けたのですから。

ramble-leicaさん、こんばんは。
ビル・エヴァンス、良いですよね。私も大好きです。今、手元に何枚のCDがあるのか調べてみたら、16枚でした。すべて紙ジャケットによるものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« デジタルデータの消失 | トップページ | 京浜急行「京急長沢駅」 »