« 京浜急行「新大津駅」 | トップページ | 三渓園早朝観蓮会 »

2011年7月18日 (月)

DAC-1000でハイレゾ音源

Dac1000_01
ONKYO DAC-1000

先日、ハイレゾ音源を記事にした際、ダウンロードしたファイルをどのように再生するのですか? とご質問を受けましたので、今日は拙宅の例を挙げて再生方法をご紹介します。

音楽CDを再生するにはCDプレイヤーで再生しますが、ハイレゾ音源のファイルを再生するひとつの方法はパソコン(PC若しくはMac)をプレイヤーとして使います。ダウンロードしたファイルをパソコンソフトで再生するわけですが、デジタル音源をアナログ音源に変換するDAC(digital to analog converter)という回路が必要になります。

拙宅で使っているのは上記写真でご紹介したオーディオメーカー、オンキョーさんのDAC-1000という製品です。使われているDACは192kHz/32bitまでの入力に対応したバーブラウン製の「PCM1795」というチップを左右のチャンネルそれぞれに搭載しています。現在ハイレゾ音源は192kHz/24bitが最高なので、将来的にもし32bitのファイルが登場しても対応可能です。

Dac1000_02
DAC-1000 背面

このようなUSB接続の端子を持った単体DACを俗にUSB DACと呼んでいます。その接続方法は以下の通り。

パソコンの (PC、Mac) USB端子 (A)→ USB DAC (B)→ オーディオアンプ → スピーカー

パソコンとDACの接続(A)はご想像の通りUSBケーブルです。DACとオーディオアンプの接続(B)はアナログ音源なので一般的なピンケーブルです。CDプレイヤーやカセットデッキなどをアンプに接続する時に使うケーブルです。ケーブル類の価格は高価格なものまでありますが、ここでは割愛。

USB DACの価格もそれこそ1万円台から数十万円台までいろいろです。ただ搭載しているチップによっては96kHz/24bitまでしか対応していない場合もありますので、要注意です。現在電気量販店やオーディオ専門店に行くと大抵「PCオーディオコーナー」が用意されているので、懐具合とご相談して選んで下さい。

USB DACを購入し、接続が完了したらハイレゾ音源の配信サイトからお好きな音楽をダウンロードしてHDDの任意の場所に格納します。後は再生ソフトでその音源を再生(ファイル名をダブルクリック)すればスピーカーから音が出て来ます。

ただその前にコントロールパネル(Winの場合)でサウンドデバイスをUSB DACに指定し、プロパティから再生するサンプリング周波数にチェックを入れ(全部)、最大値をも指定しておきます。私のパソコンの場合は「192kHz/24bit」が最大値です。

尚、DAC-1000の場合はメーカーサイトからデバイスドライバをダウンロードし、パソコンにインストールする必要があります。

再生ソフトはもっともポピュラーなものでは「iTunes」ですが、音質的には「foobar2000」というフリーソフトが人気で、私も使っております。

2000

ダウンロードサイトはここ

もうひとつの再生方法ではネットワークオーディオプレイヤーというオーディオ製品を使う方法があります。以前こちらでもご紹介した事があるマランツ製のNA7004などが該当します。ネットワークオーディオプレイヤーに関する事は以前も採り上げていますので、今日は割愛させて頂きます。

Na7004_02
marantz NA7004

ただこの製品は96kHz/24bitまでしか対応しておりません。実を申しますとすでにこのNA7004は売却しています。追い金を少々出してDAC-1000に買い換えたわけです。理由は192kHz/24bitの音源を聴きたかったからなのですが。(^^;

同じファイル(96kHz/24bit)を再生してみたら明らかにDAC-1000の方が音は良かったです。そもそも目指すものが違う製品で音を比べてもあまり意味はないのですが。

その他では映像用サラウンド再生を目的としたAVアンプが最近はハイレゾ音源の再生に対応しています。

Lx55
PIONEER LX-55

3312
DENON AVR-3312

使い方としてはネットワークオーディオプレイヤーと同じくLANに接続されているNASのファイルを読み込んで再生するものです。96kHz/24bit対応がほとんどですが、最近発売されたパイオニアの製品はなんと192kHz/24bitまで対応しています。また上記両社ともAirPlayに標準で対応。

ところでPCオーディオに関する雑誌が発売されていますので、そういった雑誌を見て頂くのが一番かもしれません。

Net

Pc_2

いずれもすでに最新号が発刊されています。

iPodなどのミュージックプレイヤーで再生する事を目的に配信されていた音楽ファイルも徐々にエスカレートして今や音楽CDの規格をも上回る音源が配信されるようになりました。現在の音楽CDもかなり上等な音を聴く事が出来ますが、上が出れば上を聴きたくなるのも音楽ファンの性かもしれません。

追記 : NA7004を持っていた時にしていた音楽CDのリッピングはすでに止めており、NASに溜めておいたリッピングファイルはすべて削除しました。私にとってのPCオーディオ、今後はハイレゾ音源の再生だけを考えています。 

« 京浜急行「新大津駅」 | トップページ | 三渓園早朝観蓮会 »

コメント

おはようございます。
詳しくわかりやすい説明♪ KONDOHさん、雑誌の記事、お書きになれるのではないですか。Net Audioなんていう雑誌まであるのですね。驚くことばかりです^^

koukoさん、おはようございます。
いえいえ、もっと詳しくすると大変長くなってしまうので・・・これでご理解頂けるでしょうか・・・。
最近は専門誌の他、パソコン誌や一般雑誌でも採り上げられたりして、ひとつのジャンルを確立したようです。

KONDOHさま!素人の質問にお答えいただき、本当にありがとうございます。
本屋さんで見る「PCオーディオ」という中身はこのことを言っていたんですね。パソコン+スピーカーみたいな組み合わせに「レコードと真空管がいいな」と思っていた自分がちょっとハズカシイです。はい。

もう「一つのジャンル」になりそうなんですね。>>ハイレゾ音源。
いいコンサートに足を運べない人が多くなったのか?いわゆる「巨匠」と言われるまで時間がかかるのか?いい音になっているものは昔の音源も相当数あるのでしょうね。
家人が「カラヤン教徒(?)」でして、CDにも「ブーブー」言っております。「生で聴きたーい」と(無理だって)。
リマスターとかよく分かりませんが、とにかく巨匠のエッセンスをもっと身近に、と思っているようです。

無論、財布は家人が握ってます。昨日MacBookPro15インチを新しくしてあげたばかりですので、何とかそれでハイレゾ入門を果たしてみたいと思っています。

そのときはまた、初歩的な質問から一歩飛び出して質問したいと思ってます。
質問がなかったら「ああ、財布は開かなかったのね・・・」と思っていただければ・・・。

ソニーのCDを買ってからもう幾星霜。
いい音は空から、ネットからやってくるんですねえ~。なんか不思議。

ありがとうございます!!

ろだごんさん、こんばんは。
多少パソコンの知識を必用としますが、拙ブログをご覧の皆様なら全く問題ないと思います。問題はお好みの音源が有るかどうかだと思います。
ところで奥様がカラヤンのファンですか。女性ファンが多いですよね。イケ面ですから。(^_^)
ライオンが出る前にMacBook Proを買われたのですね。私は迷っています。!?(・_・;?
音楽は心を豊かにしてくれます。是非、奥様共々良い音楽に巡り合えますように。

KONDHOさん、こんばんは。
とても参考になります解説をいただき有り難うございます。私のようなPCオーディオ初心者には本ページは必読です。マランツ製のNA7004を購入予定でしたが、DAC-1000を購入してPCオーディオを体験をしてみようとおもいます。
PS:先日ご紹介を頂きました、CHRIS BOTTI IN BOSTONのBlu-rayがUSメールで本日到着。拙宅の6.1チャンネルで再生しましたら凄い迫力と素晴らしいゲストの演奏に見聞き惚れてしまいました。素晴らしいソフトの紹介に感謝申し上げます。

camecameさん、こんばんは。
おお、DAC-1000を購入されましたか!
USBだけでなく、同軸や光のデジタル入力端子がありますので、他のデジタル機器も繋いで楽しめると思います。
クリス・ボッティのディスクも到着しましたか。これは良いディスクだと思います。音楽を楽しんで下さいませ。

こんばんは。
foobar2000を使っておられるとのことですが、ドライバーは何を使っておられますか。

私は、疑似ASIOのASIO4ALLは使っていますが、デフォルトですと96kHzや192kHzには対応していませんので、DSPでresamplerを使って48kHzに落として再生しています(CONFIGUREDで96kHzに設定をしてみましたが音が不安定になってしまいます)。

foobar2000で96kHz以上を再生するにはどうしたらよいのでしょうか。ご教示いただければ幸いです。

yymoonさん、こんばんは。
foobar2000で192kHzが再生できないとの事ですが、ONKYOさんのメーカーサイトで配布されているドライバーをインストールし、foobar2000でoutputをDAC-1000にするとあっさり192kHzに対応してくれました。一応ASIO4ALLも入れてありますが、DAC-1000に関してはメーカーサイトのドライバーだけで大丈夫なような気が・・・。
192kHzの再生時、DAC-1000の入出力を液晶で確認するときちんと192kHzが表示されますので。
yymoonさん宅の機器の場合は何故ダメなのか・・・私も・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜急行「新大津駅」 | トップページ | 三渓園早朝観蓮会 »