« 京浜急行「能見台駅」 | トップページ | ウィンナ・ワルツの薦め »

2011年7月10日 (日)

diana krall LIVE IN RIO

Diana_01

diana krall LIVE IN RIO

Diana Krall (vo & p)
John Clayton (b)
Jeff Hamilton (dr)
Anthony Wilson (g)
Paulinho DaCosta (per)

Ruria Duprat (cond)
The Rio De Janeiro Orchestra

Concert Recorded at Vivo Rio De Janeiro _ Brazil (2009)

米Eagle Rock Ent EVBRD 33333-9 (blu-ray 輸入盤)

大人のムードで楽しめるカナダ生まれのジャズピアニスト、ダイアナ・クラールのリオでのコンサートを収録したブルーレイディスクです。

このディスクは先日ご紹介したクリス・ボッティのディスクをオーダーする際、一枚では余りにも安過ぎるので一緒にオーダーしたディスクなのです。しかしこのディスクもまた僅か1,300円ほどで、CD一枚より安いのですから円高のメリットでしょうね。

ダイアナ・クラールは現在もっとも人気のあるジャズヴォーカリスト兼ピアニストの一人だと思います。スローバラードからミディアムテンポを中心とした選曲は、彼女の派手さを控えめにしたしっとりとした歌唱が大人のムードを醸し出しています。

Diana_02

ギターはかなりのテクニシャンですが、それでいて地味目のトーンが出しゃばり過ぎずにダイアナ・クラールのヴォーカルを上手くサポートしています。ドラムスのブラシワークがまた上手いです。

ボサノバの名曲「イパネマの少年(娘)」ではダイアナ・クラールが聴衆を上手くリードし、一緒に歌わせるシーンはなかなか感動的です。その聴衆の皆さん、場所はコンサート会場だと思いますが、各々のテーブル上のキャンドルの下で食事とお酒を飲みながらのリラックスした様子が窺えます。

コンサート最後の曲、「I DON'T KNOW ENOUGH ABOUT YOU」では珍しくノリノリのプレイを聴かせるダイアナ・クラール。聴いて(観て)いる私も思わず体がスイングしちゃいました。(笑)

そしてアンコール曲の名曲、「S'WONDERFUL」をしっとりとした情感で歌い上げるダイアナ・クラールがまた良いですね。いろいろな歌手が名唱をレコードに残しておりますが、ダイアナ・クラールの歌唱も素晴らしいものです。

ハイビジョン収録ですが全般的に暗い照明下での映像は暗部にノイズが乗っていますが、十二分に美しい映像です。音声の方も「dts-HD Master Audio」によるCDクオリティを上回るサラウンド音声が収録されており、高音質で楽しめます。

Diana_03

もしダイアナ・クラールが気に入って頂けましたら、こちらのライヴ盤も是非どうぞ。こちらはパリでのライヴで、ベストセラーになっている盤です。ちなみに今日ご紹介したブルーレイディスクは国内盤も発売されております。しかし私が購入した輸入盤の三倍くらい高い価格です。

« 京浜急行「能見台駅」 | トップページ | ウィンナ・ワルツの薦め »

コメント

ダイアナ・クラールは、結構好きな歌手です。
でも、ちょっと品がないかな、、、
コステロとは、似合いの夫婦ですよね。

ジャケットが、安手の古い映画かと思いました。
まさか、新作だとは、、、

おはようございます。
CDを買うときはどうもライブ盤を避けてしまうのですが、DVDの場合はライブですと臨場感がより感じられていいですね。大人の雰囲気ですね^^ それにしてもお安い!

swingphotoさん、こんばんは。
ダイアナ・クラール、主婦には見えないくらい若いですが、少しふっくらして来たような気がしました。f^_^;)
ジャケット写真は最悪ですね。デザイナーのセンスを疑っちゃいます。

koukoさん、こんばんは。
ライブ盤は余りお好きではないですか。スタジオ録音だと平凡で面白みのない人も、ライブだと燃えるように変わる人がいます。ライブ盤を聴く醍醐味なんですよ。
米盤は安いでしょう?

こんばんは。彼女のライブはアメリカに住んでいるときに
2,3度行ったことがあります。バークリーの出身だけあって良くボストンにも来ていましたので、彼女の曲や映像をみると当時を想い出します。これからも活躍して欲しいですね。

Eurekaさん、こんばんは。
おお、本場アメリカでコンサートに接していらしたのですか。実に羨ましいです。
容姿とは反対に歌唱もピアノもあまり派手さはないですが、それが逆に受けているのかもしれません。

KONDOHさん、おはようございます。毎日の更新ごくろうさまです。
この記事を拝見して、昨日、早速Amazonで輸入DVDの発売状況をチェックしたところ、ビンゴ!『Live in Rio』と『Live in Paris』の両方とも在庫がありました。(In Parisは国内版だったけど、安かったデス)ついでに『Live at the Montreal Jazz Festival』もポチッちゃいましたが..... (^^;;
それと、先日書かれてたChris Bottiの『Chris Botti in Boston』と『"Live: With Orchestra & Special Guests』の2枚のDVDも一緒に、大量のDVDを大人買い!です。
全部まとめて今朝方出荷された様で、明日辺りには届きそうで楽しみです。 (^^)

でぢおぢさん、こんばんは。
おお、一気買いですねぇ・・・。しかし、こうして記事をご覧になってご購入されるのは私としても嬉しいです。
しかし昨今のこういったソフトの価格破壊は凄いものがありますね。消費者としては有り難い事ですが。
素敵な音楽を楽しんで下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜急行「能見台駅」 | トップページ | ウィンナ・ワルツの薦め »