« 都市の造形 | トップページ | iPad2 買ってしまった! »

2011年7月 4日 (月)

気になるE-P3

Ep3
OLYMPUS E-P3

先週発表されたE-P3、大分前にコンパクトカメラにストロボは必須、という考えをここで私は生意気にも言って来ましたが、三代目でようやくストロボを内蔵して来ました。カタログをじっくり見ていたらマルチアスペクトにも触れていますが、相変わらずスクエアサイズを「6:6」と表記しているんですね。

4:3、3:2、16:9、3:4については縦横の比率で表記しているのに、何故かスクエアだけはフィルムサイズで表記するのですね、オリンパスさんは。他社は皆「1:1」と表記しているのに。

初代E-P1が発売された時、デザインは自分好みだったので興味はあったのですが価格が高いなぁ・・・という事でずっと手を出していませんでした。しかし、ようやく今年一月、格安のE-P1ボディを見つけたので購入し撮影に使ってみたのですが・・・、

マルチアスペクトと言いながらRAWで撮影するとセンサーサイズである「4:3」のまま記録されてしまうという、およそ有り得ない仕様に憤慨して僅か一回撮影に使っただけで手放してしまった事は一月に報告しています。まぁ、JPEGで撮影していれば問題ないのですが・・・。

私にとって所有日数超最短という珍しいカメラになったE-P1でした。何しろ購入翌日撮影、翌日売却でしたから。(^^;

さて、PENシリーズ三代目となるE-P3、カタログによると「世界最速AF」と、一番最初に謳っています。E-P1、E-P2のAFはこう言っては悪いですが遅かったですからねぇ。家電メーカーのパナソニックさんにAFスピードに関してはまったく歯が立たなかったですから、今回はようやくカメラメーカーの意地を見せてくれたのでしょうか。

懲りずにE-P3にも興味を持ったものの、RAW撮影時にはまたもやフォーマットに関わらず「4:3」で記録されてしまうのか? こればっかりはカタログを見ているだけでは分かりませんので、実機を弄ってみませんとね。

しかしセンサーサイズの大きいSONY NEX-5の方が単純比較では売価が安いのですから、何も4/3を敢えて選ぶ意味をあまり感じていない事も事実なのですが・・・。

« 都市の造形 | トップページ | iPad2 買ってしまった! »

コメント

おはようございます。
本当にこのクラスのカメラは、家電そのものという感じがします。
ep-2が発売された頃にすぐに手に入れましたが、すぐにてもとをはなれていきました・・・

おはようございます。
 Cマウントレンズがあれば、購入します。(笑)

 しかし、必要性だけで量ることが出来ないカメラという趣味の世界なので、購入は微妙ですね。(笑)

おはようございます。
各社ミラーレスで賑わっていますね。私も買う前はぜひとも欲しいと思っていたのですが、いざGF2を購入してみると、以外と使うことが少ないです^^; やはりレンズの資産がたくさんあるかた向けかしら^^

おはようございます。
いろいろな意見を取り入れて使いやすいカメラに改良したのだろうとは思いますが、このカメラの趣味性は薄まった感じですね。
AFの速度が改善されたということですが、既発売ののレンズに対応しているのかどうかも良く判りませんので、E-P2ユーザーとしては、今回は冷静にならざるをえません(笑)。

ramble-leicaさん、おはようございます。
正直デジタルカメラで愛着の湧く製品って少ないですよね。しかしカメラ雑誌では提灯記事よろしく絶賛してばかりで。

pyosidaさん、おはようございます。
おっしゃる通りで、趣味が絡んで来ますと実用だけでは計れないのがカメラ。(笑)
デザインが気に入ったからと、飾っておくだけでは買えませんし、私の財力では。(^^;

koukoさん、おはようございます。
カメラって手にする前はあれこれ考え、他機とも比べたり、そうして購入したのにいざ使ってみると「こんなものか・・・」と一気に熱が冷める。こういう事って多いですね・・・私も何度も。(笑)

yymoonさん、おはようございます。
E-P1からE-P2までの期間に比べれば今回のE-P3は満を持して、という感じを受けまね。
ただAFスピードに関しては今回リニューアルされたキットレンズと新発売のレンズを使った上での事のようにカタログを見た限りでは感じました。
私はE-P1で懲りてるので、E-P3を手にしてみて「なんだ中身は同じだ・・・」となる可能性大です。(^^;

とはいってもコントラスト式AFですからね。
動きものには使いづらいでしょう、って、やっぱりライブビューで動きもの狙っちゃ行けませんよね。

マイクロフォーサーズというサイズは、合理的ではあるとは思うのですが、フルサイズに慣れてしまうと、やはり物足りない気がします。
デジカメの基準が、APS-Cに落ち着くのなら、
フィルム時代のAPS-Cの立場に追い込まれそうな気がします。ビデオから始まった規格競争に、カメラ業界統合の波とともに収束するんでしょうか?
コンデジにしろ、デジ一にしろ、
色んなセンサーを作る余裕を持ったまま再編してほしいですが、そうはいかないんでしょうね。
結局割を食うのは消費者ですかね。

dysphagiaさん、こんばんは。
ミラーレスカメラ、動画は別として基本的には動きモノを狙うカメラではないですね。
やはり家族や町並みスナップに使うカメラだと思います。

swingphotoさん、こんばんは。
マイクロフォーサーズ、もともとはセンサーコストがまだまだ高価な頃、オリンパスさんがコストを鑑みて止む無く選んだサイズだったと思います。
しかし現在はAPS-Cサイズが普及してコストも下がり、デジ一でさえ3万円台で買えたりする時代です。大きさ重さでメリットのないマイクロフォーサーズを今選ぶ意味を感じなくなっていますね。
将来的にはフルサイズとAPS-Cに棲み分けするような気もしています。

こんにちは。
3代目(?)にもなると、色々こなれてきましたね。僕としてはボディよりレンズの方が興味があります。12mmF2は一度使ってみたいです。ボディは秋に出るらしい低価格モデルでいいかなと思います。

ビワさん、こんばんは。
さすがに三代目で進歩が感じられませんとねぇ・・・(笑)
12mmのレンズはなかなか良さそうですね。しかしNEX-5があるのでまた4/3レンズを必要となるかどうかです。

こんばんは。
E-P1,2ともにもう手放している自分にとっては、今度はもう手を出すことはないと思います。
これといった魅力もなさそうだし。
NEX-5をもう少し使い込んでみたいとも思いますし。
最近はフィルムカメラ稼働率が高いので(*^_^*)。

Eurekaさん、こんばんは。
私もちょっと興味を惹かれましたが、多分・・・多分購入する事はないと思います。
マルチアスペクトの件も従来と同じだと思っておりますので。
NEX-5が良く出来ていますしねぇ・・・。

私も一昨日の土曜日に、阪急梅田駅の1階広場で開催されてたE-P3体験コーナーへ出掛けて、色々と弄ってきました。AFの合焦速度は、確かに最初のE-P1に比べると激速と云えそう。 (^^) しかし、私にとって一番印象的なのは、背面ディスプレイに使われてる有機ELの表示に美しさで、あまり撮影自体には関係ないところ (^^;; E-P3を弄ると、もっと買う気満々になるかと覚悟してたのですが、確かに欲しい気にはなるものの、『何が何でも!』と云う程でもない。 歳をとったと云う事なんですかね?

でぢおぢさん、
新型を弄って来られましたか。今回は大分良くなったようですね。背面液晶もようやく画素数が上がって価格に見合ったものになったみたいで。
カメラを趣味で使う際、やはり最初に手にした時の印象は大事ですね。そこで購買意欲が更に湧いて来るかどうか・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 都市の造形 | トップページ | iPad2 買ってしまった! »