« 被災地、仙台空港 | トップページ | 宮城県南三陸町 »

2011年7月29日 (金)

被災者の声

Dsc01875
宮城県石巻市にて

一昨日の記事は帰宅してから間もないという事で、テンションが上がっていたせいかやや言い過ぎな面もあったようです。申し訳ありません。

今回の訪問で撮影した写真、基本的に人物は入れないようにしていたのですが、この一枚だけ例外です。一昨日の記事で被災者の方からお話しを頂いた事をお知らせしましたが、その被災者がこの方なんです。

この「がんばろう!石巻」は市や県が作ったものではなく、ご自分が身銭を切って知り合いの大工さんたちに作ってもらったのだそうです。実はこの場所、津波で流されてしまったご自宅が在ったところなのです。

屋根の上で救助を待っている間、寄せては引き、寄せては引きを繰り返していた津波の水しぶきを浴びながら、「自分はここで死ぬのかもしれない・・・」という絶望と恐怖の時間を経験。「今こうして生きているのは奇跡としか思えません」というお言葉に、大変な重みを感じました。

Dsc01877

お隣がセブンイレブンさんで、ここがお店の入口だったところ。オーナーの方は未だに見つかっていないとのお話しを聞きました。私が立っているところに、なるほどお客様駐車場である事を示す白いラインが残っていました。

ご自宅の屋根がここから大分離れたところで見つかったのですが、自家用車は未だに見つからないそうです。毎日車(ご親戚のだと思います)で、鉢に生けてあるヒマワリに水をあげるためにここまで来ているそうです。被災者ご自身がおっしゃる「がんばろう!石巻」は、第三者が安易に言う言葉より重みを感じます。

Dsc01881

ご自宅は配管工事業を営んでいる店舗を兼ねた住居でした。しかし長年住み慣れたこの町が津波により一瞬にして荒れ果てた町に変貌してしまったのです。

「国会でのつまらないやりとりは東京に置いといて、現在のこの様子を見に来て頂きたいです」
「写真を通して、ひとりでも多くの方にこの様子を見て頂きたいです」

いずれもこの方がおっしゃっていたお言葉です。私は涙を堪えるのに必死で、言葉を返せませんでした。

Conv0001

この写真のみ、同行したWさんが撮影しています。メールで急遽送って頂きました。

ここに来たら、誰もが手を合わせたくなるはずです。

Dsc01883

この地域はプロパンガスが爆発して火災も発生したそうです。ご近所の残った建物に火災の後が窺えました。

Dsc01888

校舎の三階まで津波が寄せていたのがお分かりになると思います。瓦礫の中でも雑草だけは成長するのですね。死者、行方不明者がもっとも多かった石巻市。昨日のニュースで宮城県産の肉牛の出荷が禁止されました。残念です。

最近は福島原発のニュースが中心で、他の震災地の事が忘れられてしまっているような感じを少々受けます。もちろん原発事故も報道して頂かなければならない大切な情報なんですが。

実際に自分の目で被災地の状況を見て思った事。それは広大な荒れ果てた姿を見て、ひと口に「復興」なんて簡単に口には出せないなぁ・・・という事でした。瓦礫を積んで走り去るトラックの荷台を見て、「いったいこのトラックは何回、いや何万回往復するのだろう・・・」と、大袈裟でなく思ったものです。

この方に丁重にお礼を言ってからここを離れる時、恥ずかしながら堪えていた涙が溢れて来て仕方なかったです。

SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6 

« 被災地、仙台空港 | トップページ | 宮城県南三陸町 »

コメント

おはようございます。
こうした風景が何県にもわたっているのですね。この風景と隣り合わせに私たちも暮らしているのですよね。自分には何ができるのだろうかと考えてしまいます。

koukoさん、こんばんは。
そうですねぇ・・・、海側は大変な被害です。
地震大国ですから、いつ我々も同じ境遇になるやもしれません。
被災した人たちの事を忘れてはいけませんですね。

映像での光景を見ても私たちに何ができるのかと無力感に襲われますが、政官財は物知り顔に想定外と片づけ既得権益に執着しているようですが、東北では有志以来何十回とこのような災害に見舞われそのつど立ち直っているという歴史があります。
おそらくいつの時代も政治に頼ることなくトラックで瓦礫を運送する方のように1人ひとりができることを着実に実行して積み上げて復興させて頂きたいと願っています。
メディアも国会でも震災被害の現状を見て傷みや苦しみを悲しみ感じて知って物事を考えててほしいものです。

こんにちは。
土台だけが残っている光景、最初見たときはショックでした。今、こうして見ていても、複雑な思いです。本当に町が再生するのか、簡単には想像できないことですが、焼け野原だった神戸の町も見事に再生しました。希望だけは失いたくないです。

Tokiwaiさん、こんばんは。
そうですね、東北は長い歴史の中、何度か大きな災害に見舞われて来ましたが、その度復活して来ました。今回も、時間が掛かろうとも復活するものと思います。またそう思いたいですね。
膨大な瓦礫の量を見て、これは一朝一夕に出来るものではないなぁ・・・と思いながらも、小さく見えるトラックに繰り返し往復してもらうしかないと・・・。
その様子を自分の目で見て良かったと思います。

ビワさん、こんばんは。
あちこちで家の基礎だけが残っている状態を幾つも見ました。津波の凄さを間近に見た思いです。
関西も地獄の状態から見事復活しました。東北もきっと復活します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 被災地、仙台空港 | トップページ | 宮城県南三陸町 »