« 京浜急行「屏風浦駅」 | トップページ | 都市の造形 »

2011年7月 2日 (土)

京浜急行「京急富岡駅」

C80_28
京浜急行線、「京急富岡駅」

屏風浦駅の次は杉田駅ですが昨年8月28日、すでにご紹介済みです。で、今日は「京急富岡駅」。

C80_25

横浜市金沢区富岡西に位置しており、単式1面1線、島式1面2線式の高架駅です。上り線島式ホームは快速特急、特急、急行の通過待ち合わせに使われています。

C80_27

高架駅の改札口は比較的どこも薄暗いですね。

C80_29

ここも駅前にコーヒーショップが。どうやらジャズを流しているお店らしく、スピーカーにアルテック A-7を使っているようです。入ってみたかったのですが、この後用事が入っており、今回は諦めました。

C80_34

駅前の通りを散策していたら素敵な花屋さんがありましたので一枚パチリと。

C80_33

国道16号線を背にして駅方向を撮影したカットです。富岡といえば大昔は海水浴場が直ぐ近くでしたから、恐らく夏はこの道も海水浴客で混雑していたのではないかと思います。

C80_30

国道16号線に出てみました。杉田方面を見た風景です。この国道を渡って・・・、

C80_31

海方面へと歩いて来たのですが海がない。・・・なんて現在は昨日申したように磯子付近から広範囲に埋め立てられ、現在は並木団地と呼ばれる広大な団地が海の上に出来ているのです。写真前方にその団地の一端が見えると思います。3月11日の大震災では液状化現象などの被害はなかったのでしょうか?

県外の方にとっては京急線の位置関係がお分かりにならないと思いますので、京急さんの路線図へのリンクを下記に貼っておきます。

http://www.keikyu.co.jp/csr/safety/pdf/2010_map.pdf#search='京浜急行 路線図'

HASSELBLAD 500C + Planar C 80mm/F2.8、Kodak 400TX   

« 京浜急行「屏風浦駅」 | トップページ | 都市の造形 »

コメント

おはようございます。
戦後の根岸から杉田あたりまでの埋め立てで、この辺の風景は随分変わったのでしょうね。海水浴場だった頃の風景を見てみたかったです。

koukoさん、おはようございます。
埋め立ててで相当景色は変わったのだと思います。
そう考えると単なる記録写真も数年、数十年経てから見るとまた違った感想を持つのではないかと、せっせと撮影に励んでおります。(笑)

このあたりは古いですから液状化の話は聞かなかったです、駅の近くに川合玉堂別邸がありますね。
修復作業中に行ったことがありますが見晴らしが良かった記憶があります

roxanne6さん、こんにちは。
大きな被害はなかったのですね。それは良かったです。
この辺りの知識はあまりなく、暑かった事もあり、駅周辺を少し歩いただけになってしまいました。

こんにちは。
花がいっぱいで、楽しげな花屋さん。
コーヒーショップ、飾り気が少ないことで、ギターがずいぶんと目立っていますね。店には入らなかったとのことですが、スピーカーはどうやってチェックしたのですか?

ビワさん、こんばんは。
コーヒーショップのスピーカー、実は入口扉の右手に「使用スピーカー アルテック A-7」と表示してあったのです。これは是が非でも聴きたいと思ったのですが、この後にどうしても外せない用事がありまして、この日は諦めました。いずれ機会を作って行ってみたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜急行「屏風浦駅」 | トップページ | 都市の造形 »