« 空の旅、鉄道の旅 | トップページ | 京浜急行「京急富岡駅」 »

2011年7月 1日 (金)

京浜急行「屏風浦駅」

C80_03
京浜急行線、「屏風浦(びょうぶがうら)駅」

京急上大岡駅から下り普通列車に乗って次の駅が屏風浦駅です。

C80_01

横浜市磯子区森に位置しており、ホームは相対式2面2線式。普通列車のみの停車駅です。

C80_02

屏風浦駅、素敵な駅名ですよね。屏風ヶ浦は旧村名で、海に面した崖が屏風のように見えるところから付いた名前だそうです。元々屏風ヶ浦から次の杉田駅横を走る国道16号線脇はもう海だったのです。

C80_06

線路に沿って前方の道を上がって行くと「汐見台(しおみだい」という大きな団地に続いています。汐見台には大きな病院が在りまして、嘗て亡き父が入院していた事があります。病院に行く際、いつもこの屏風浦駅で下車し、歩いて病院まで行ってましたのでこの辺は懐かしい地域です。

C80_07

そしてこの線路下を通る切通しの道を上がって行くと今度は「洋光台」という、これまた大きな団地があります。この切通しは実に狭い道だったのですが、車の交通量が増えた事から道を大きく広げ、このような立派な道路となっています。

C80_11

切通しの道を逆に進むと国道16号線にぶつかります。正面に見える建物は横浜市営バスの磯子車庫。その先は海だったのですが、この辺の海は金沢区方面へと広大に埋め立てられ、新たに工場や団地が造られました。

C80_08

屏風浦駅は道路から少し脇道に入ったところに在り、ご覧のようにタクシー乗り場も用意されています。

C80_12

改札口脇にはこういったお店が在りました。やはり駅前には喫茶店が必須ですね。(笑)

HASSELBLAD 500C + Planar C 80mm/F2.8、Kodak 400TX 

« 空の旅、鉄道の旅 | トップページ | 京浜急行「京急富岡駅」 »

コメント

まだ不二家が健在なのですね、磯子駅との間は歩ける距離ですからよく利用しました
磯プリが無くなったのは残念ですね

こんにちは。
このあたりは、汐見台、洋光台、能見台、港南台と「台」が付く土地が続きますね。小高い丘の多い横浜らしい地域ですね。最後の不二家さんも昔ながらの佇まいでよいですね^^

roxanne6さん、こんばんは。
不二家さんがありました。以前は結構こういったお店がありましたが、お騒がせ以降店舗の数は激減しましたですものね。
磯プリはこの辺の道案内の目印だったのですが。

koukoさん、こんばんは。
ホントにこの周辺は「台」の付く地名が多いですね。昔はただの小高い丘だったのでしょうけど、現在は団地ばかりで。
不二家さんってなんとなく懐かしさを感じてしまいます。

こんばんは。500Cですか。
たくさんお持ちですね(*^_^*)。
プラナーC80mmの描写はいいですね。
不二家もいろいろありましたからね。

こんにちは。
どんどん埋め立てられて、地名と現実が乖離しちゃってますね。汐見台も、かつては海が臨めたのではないでしょうか。
僕は喫茶店が好きなので、雰囲気の良い店があると入りたくなります。暑い日はなおさらですね。

屏風ヶ浦駅の付近はトンネルが多かったような記憶があり、山の中を走っていた感じでしたが、駅前は普通の町なんですね。

Eurekaさん、こんばんは。
ボディは一台あれば充分なのですけど・・・長い間に増えてしまいました。(^^;
プラナー 80mmは良いレンズです。ハッセルにはこれ一本で充分だと思います。

ビワさん、こんばんは。
埋め立て前は多分、汐見台から海が見えていたと思います。
駅前には喫茶店は必須ですね。(笑)

yymoonさん、こんばんは。
上大岡から屏風ヶ浦に向かうとトンネルの中を走ります。
団地が高台の上なので、必然的にその下を通る京急はトンネルが増えますね。

昔、不二家のとなりに果物屋があった記憶があります。。
もう20年前くらいになりますが、、

昔、不二家の上はナンバンカンという名前でしたよね!?

BRA550さん、こんばんは。
私、ここを初めて撮影しましたので、果物屋さんの事や、不二家さんの上のお店とかの知識がないのです。
大変申し訳ありませんです。

いえいえ、こちらこそです。僕は小学校3年生まで実はここに住んでましたのでかすかな記憶ですが残っています。今見ると昔の駅前はもっと広く感じましたが今は建物がたくさん建って圧迫感がありますね。

BRA550さん、こんばんは。
小さい時の記憶を辿ってその地を訪れたりすると、記憶とは違う風景に少々戸惑ったりする事があります。
町や都市は刻々と変化するものなのですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 空の旅、鉄道の旅 | トップページ | 京浜急行「京急富岡駅」 »