« 京浜急行「京急富岡駅」 | トップページ | 気になるE-P3 »

2011年7月 3日 (日)

都市の造形

Dsc01377
東京・池袋

池袋・サンシャインシティのワールドインポートマートで開催されるイベントのため、久し振りにサンシャインに向かいました。

Dsc01365

首都高速道路を下から見上げると、まるでジェットコースターを見るような感じです。

Dsc01362

首都高速の下に歩道。如何にも大都市東京らしい景観です。

Dsc01375

池袋も人が多いですね。特に駅前の人通りは新宿に負けていないです。

Dsc01372

サンシャインビルとアムラックスビル。アムラックスビルも仕事で来た事がありますが、もう大分前ですね。

サンシャインビルのプラネタリウムや水族館、随分前に入った事がありますが、現在リニューアルオープンのために改装中でしたので、オープンしたらまた入ってみたいものです。

SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6    

« 京浜急行「京急富岡駅」 | トップページ | 気になるE-P3 »

コメント

都会の風景は,超広角で撮りたくなりますね。防湿庫で待機しているD40mm/F4.0なんてぴったりだな〜

こんにちは。
首都高のこの景観、やっぱり独特ですよね。
昔のソ連映画で、未来都市のシーンに、赤坂辺りの
首都高の風景が出てきてたのを思い出します。

おはようございます。
池袋は何度行っても道に迷いそうになります^^; 一枚目、二枚目は、まるで道路がくねくねと生き物のようですね。高速道路の設計をする方はどんな風にこの造形の構想を練るのでしょうね~。

スカルピアさん、おはようございます。
おお、D40mmをお持ちでしたか。40mmのような超広角レンズはこういう被写体にピッタリだと思います。

kv492さん、おはようございます。
首都高速を造る空間がないところを、無理無理造った、そういう印象を受けますね。
しかしソ連映画の未来都市に赤坂の首都高が使われたのですか。ソ連にはこういうところがないでしょうからねぇ・・・。

koukoさん、おはようございます。
池袋は確かに分かりづらい土地ですね。たまに行くとまごつきます。(^^;
首都高速は狭い空間に良くぞ、と思う設計です

高層ビルと首都高の「都市の造形」、さすがに素敵に切り取っておられます。
建築の(元)専門家としては、首都高、なかなか素直にカタチを見ることができないのですが。
NEX-5とレンズはデストーションも綺麗に補正されていますね。

阪神高速も耶大阪市内の堂島川や土佐堀川の上に川を埋め立てあるいはビルの谷間に無理やり建設し、ビルの中を通過している区間もありますがこれほど複雑ではないですね。しかしそれでも車で走るとRもあり出入り口も曲がりくねりハンドル操作が大変です。これが日本の風景でしようか。
NEX-5、いい味が醸し出していますね、

kurakameさん、こんばんは。
建築の専門家でしたか。ですと建築物はお仕事の目からご覧になってしまいますね。
しかし首都高はビルの間を縫うように走っていますが、良く造ったものですね。
ディストーションの件ですが、実は一枚目だけ少し補正しております。

Tokiwaiさん、こんばんは。
大坂でも似たような風景が見られるのですか。首都高は慣れていないと運転し辛いのではないかと思います。カーブが終わった途端、降り口があったり、分岐の仕方も独特だったりします。
NEX-5は良く写ります。

こんにちは。
いわゆる未来的な風景ですね。でも、2枚目の写真を見ていると、本当にこんなので大丈夫なのかなと思ってしまいます。池袋は地盤がしっかりしているそうですが、それでも揺れるときは揺れますからね。

ビワさん、こんばんは。
首都高の下から見上げていると実に不思議な空間に感じます。
池袋は地盤が硬いのですか。阪神淡路大震災では高速道路が崩れたところがありましたが、都心もやはり気になりますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜急行「京急富岡駅」 | トップページ | 気になるE-P3 »