« 京浜急行「北久里浜駅」 | トップページ | DAC-1000でハイレゾ音源 »

2011年7月17日 (日)

京浜急行「新大津駅」

Cfe80_225
京浜急行線、「新大津駅」

今日は京急線「新大津駅」です。横須賀市大津町に位置する駅ですが、周辺は住宅地でした。一般的な駅のイメージといえば近隣に商店が建ち並んでいて・・・という環境を誰しも思い浮かべると思いますが、良くここに駅を造ったなぁ・・・といった印象を受ける駅でした。

Cfe80_223

相対式2面2線式ホームですが、北久里浜駅と同じく改札口は上り線側に在り、下り線利用は上下線を結ぶ跨線橋を使う事になります。

Cfe80_224

駅舎自体はモダンな造りで、京急線には珍しい個性的なデザインだと思います。

Cfe80_226

北久里浜方面側の小さな踏切から撮影。駅周辺の環境がお分かり頂けると思います。

Cfe80_233

前方が新大津駅。緩やかな坂上に位置していますが、こうして見ると駅名表示がなければ駅舎には見えず、周辺地域に実に良く溶け込んでいるようにも見えます。しかし近くには大津高校、大津中学校、大津小学校等が固まって位置しています。

Cfe80_228

駅前の細い道を下って来ると国道134号線にぶつかります。前日ご紹介した北久里浜駅前を通る国道ですね。写真方向、海方面に進行して行くと16号線と交差しますが、そこが134号線の起点となります。

Cfe80_229

134号線を渡るとご覧の公園が。テニスコートやグランドが在りましたので、地元民の為の施設のようです。猛暑の中にも拘らず、テニスコートではテニスを楽しんでいる方たちがいらっしゃいました。

Cfe80_231

子供たちの為の一角も、炎天下の日中では誰一人おりませんでした。散歩中、目がチカチカして来まして、カメラなんぞ持って歩いている自分の阿保さ加減に自嘲したほどです。(笑)

しかしこれで「堀ノ内駅」から「三崎口駅」へと続く京急久里浜線の全駅を無事撮影し終わりました。ところで「堀ノ内駅」から「浦賀駅」方面が京急の本線であって、「三崎口」方面は久里浜線と呼ばれるように支線になるわけですが、快速特急が走る久里浜線の方が本線と勘違いする方が多いのではないかと思います。事実私もそう思っていました。

HASSELBLAD 503CW + Planar T* CFE 80mm/F2.8、Kodak 400TX

« 京浜急行「北久里浜駅」 | トップページ | DAC-1000でハイレゾ音源 »

コメント

おはようございます。
まさに三崎口行きが本線と思っておりました^^;
跨線橋を使って改札口へ出る形式ですが、道東の知床斜里駅もそうで、こういう駅に行くと何だか懐かしい気がします。

koukoさん、おはようございます。
斜里駅も同じ形式でしたか。駅には行きましたが構内には入りませんでしたので。
今度はノロッコ号に乗ってみたいですね。

この公園は昔刑務所があった後だそうです。
刑務所は移転して公園になったそうです、大津高校は昔は女子校で平沼高校と同じですね。
駅舎はこんなに綺麗だったかしらという印象です。

HASSELBLADを持参しての炎天下の撮影たいへんですね。私も時間をさいてホームでレンズを向けるだけでも暑さに耐えきれない思いがします。
車窓から大型三脚を構えている人を見ますと我慢づよさに感心させられます。腰痛に襲われないように撮影してください。

roxanne6さん、こんばんは。
roxanne6さんは京急沿線にお詳しいですねぇ・・・。
現在の公園、昔は刑務所だったのですか。横須賀に刑務所が在ったとは今初めて知りました。
大津高校が元女子校であったのは知っていたのですが、roxanne6さんにはいろいろお教え頂いています。ありがとうございます。

Tokiwaiさん、こんばんは。
この夏に撮影をサボると尚いっそう時間が掛かってしまいますので、頑張りました。
持病の腰痛予防と暑さ対策が必要です。

こんにちは。
大津というと、僕には県庁所在地の方が浮かびます。たまに見かける地名ですが、おそらく名前の由来はどこも似たようなものなのでしょう。
隣の北久里浜駅とはずいぶん雰囲気が違いますね。これも横須賀市の広さを物語っているのでしょうか。

ビワさん、
大津と言えば滋賀県ですよね。確かに由来は同じなのかもしれません。
私もこの駅には少々びっくりしました。まさに住宅地の中に在ります。
横須賀も広いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜急行「北久里浜駅」 | トップページ | DAC-1000でハイレゾ音源 »