« 京都・嵐山 | トップページ | 大阪新世界で・・・ »

2011年9月 7日 (水)

同時多発テロから10年、震災から半年

Dsc01767
宮城県気仙沼市 (2011.07.25)

間もなく9月11日を迎えます。あの痛ましい大津波を起こした震災から丁度半年。そして歴史上初めてアメリカ本土が攻撃された同時多発テロから丁度10年になります。奇しくもどちらとも11日なのですね。

ここ数日、テレビではどちらかを扱ったドキュメンタリー番組が放送されておりますので、テレビ番組表と睨めっこしながら番組を逃すまいと録画したりしながら見ております。昨日の朝、TBS地上波で放送されている「みのもんた朝ズバッ!」を見ていたら震災の特集で気仙沼市が津波に襲われる様子が放映されていました。

津波に襲われる前の平和な町並みと、津波に襲われた後の悲惨な町並みが映し出されていたのですが、そこは私が7月に訪れたところ(冒頭写真)でした。テレで見た映像は私が訪れた時とまったく変わっておりません。その番組で海上保安庁が撮影した映像と、気仙沼市民が撮影した映像を見ましたが、改めて今回の津波の恐ろしさを思い知らされました。

Dsc01775

しかし今年の日本列島は大きな天災の連続です。一体どうしちゃったのですかねぇ・・・。今回の台風で紀伊半島、特に那智勝浦は土砂災害で大変な事になりました。土砂で塞き止められた川が氾濫して住宅を押し流し、テレビ映像で見た様子はまるで津波に流された後のようです。ニュース映像を見ていて大きなショックを受けました。被害に遭われた方々に謹んでお悔やみを申し上げます。

そしてNHKで放送されたアメリカ同時多発テロのドキュメンタリーは貴重な番組でした。10年経って、当時は隠していた事柄も番組中で今回紹介されておりました。ブッシュ大統領、ホワイトハウス、ペンタゴン、シークレットサービス、当時の鬼気迫る様子が番組を見て分かりました。

しかしハイジャックされた旅客機に突っ込まれた貿易センタービル、火災の火のため我慢出来ずに100階以上の高さから飛び降りて死を選ぶ人の数には改めて衝撃を受けました。下でその様子を見ていた人たちが悲鳴をあげています。文字通り地獄絵図です。

戦争、震災、もうどちらも無くなって欲しい・・・という叶わぬ思いを抱いたこの数日でした。

SONY NEX-5 + E 18-55mm/F3.5-5.6

« 京都・嵐山 | トップページ | 大阪新世界で・・・ »

コメント

おはようございます。
NHKのドキュメンタリー、気になっていたのですが見逃してしまいました。再放送があるようなので、録画しようと思います。10年前のあの時もTVの映像が信じられませんでしたが、今回の紀伊半島の様子にも、言葉を失いました。本当にどうしてしまったのでしょうね。3月にあんな大震災があったのに、またこんな災害が。

koukoさん、こんばんは。
なかなか良い番組でした。再放送があるのですか、是非ご覧になって下さい。
1000年に一度の震災も信じられないほどでしたが、同時多発テロも信じられない出来事でした。
地球環境が変化している事も天災の大きな理由のひとつなのでしょうね。

こんにちは。
地震や洪水そのものを無くすのは無理ですが、テロは人の業ですから、阻止することはできるはずなのですが。
あの大きな地震も、長い目で見れば何度も起きていることなのですよね。虚無主義に陥ったり、全てを否定的にとらえるような思考に陥ったりすることだけは避けたいものです。

ビワさん、こんばんは。
現実問題地震その他の天災を無くす事は不可能なんですが、テロは人間同士の間での事ですからねぇ・・・。何とかならないものかと思います。
否定的思考、おっしゃるようにこれは避けたいですね。しかしそういう思考の方もいらっしゃるので・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・嵐山 | トップページ | 大阪新世界で・・・ »