« ありがとう113系横須賀線の旅 | トップページ | データ消失その後 »

2011年9月21日 (水)

「スターウォーズ」Blu-ray版

Ep1

DVD版が発売されてから何年経ったのか分かりませんが映画の歴史上、「音響システム」の大変革をさせたエポックメイキングな映画(シリーズ)で、同時にあの有名なテーマ音楽と共にどなたもご存知の作品だと思います。その「スターウォーズ」のBlu-ray版が発売されました。

Dsc03154

買っても今更観ないだろうなぁ・・・と散々熟慮したのですが、結局買ってしまいました。(笑)

Dsc03165

エピソード I 〜 VI の6枚に3枚の特典盤が付いたBOXです。Blu-rayになってどのくらいの画質で収められているのか、音声の方はどうか・・・もうその点の興味だけで入手しちゃったようなもので・・・。

ちなみに初期三部作(EP IV 〜 VI)はフィルム撮影ですが、後年製作された三部作(EP I 〜 III)はデジタルが主流になっていますから、撮影メディアの違いがBlu-rayになってハッキリと分かります。しかしフィルムによる三部作の画質もデジタル三部作(というよりほとんどCG製作)に負けないほどのクオリティです。もっともフィルムもデジタル修復しているわけですからデジタルと言えなくもないのですが。

音声の方は6.1ch DTS-HD マスターオーディオ(ロスレス)というBlu-ray音源の定番ですが、ピュアオーディオでいうところのハイレゾ音源です。画質は或る程度予想していた通りのハイクオリティでしたが、音の方もこれまたハイクオリティ、尚且つサラウンド感も圧倒的で、部屋中が音で埋め尽くされます。特に超低域がお腹にグオォォ〜・・・と響いて来ます。(笑)

R2d2

購入後、EP I、EP IV、EP Vの三本を観てみましたが、ジョン・ウイリアムスの音楽がワーグナーの「楽劇」の影響を受けているのかも・・・と思いました。もちろん良い意味でですが。

それを感じたのがEP Iです。幼いアナキン・スカイウォーカー(後のダースベイダー)をオビ=ワン・ケノービがジェダイの騎士に推薦しようとすると、ヨーダが「この子には不吉なものを感じる」という意味の事を言うのですが、その時小さな音量で「ダースベイダーのテーマ」が流れて来ます。後年、ダークサイドに落ちるアナキン・スカイウォーカーを音楽でも暗示させているわけです。

これはワーグナーの楽劇(ニーベルンクの指輪等)で聞かれるライトモチーフ(日本語では指導動機なんて言うようですが)という、登場人物や物(指輪その他)に与えられているテーマ音楽みたいなものですが、その手法をジョン・ウイリアムスもこのシリーズで使っていますね。シリーズを通して観ていると、そこかしこにそういうテーマ音楽が流れておりますので、今度ご覧になる方は注意して音楽にも耳を傾けてみて下さい。

Dsc03173

ところで販売店で頂いた特典がこれ ↑。
映画フィルムの一コマと言ってましたが、写真左上の窓から見えるのがそのフィルムです。

作品の内容については今更私が蘊蓄を述べるまでもないと思いますので省きますが、EP IV 〜 VIで出演しているハリソン・フォード、若いですねぇ・・・。言わばこのシリーズがハリソン・フォードにとっての出世作になったのでしょうね。対して或る意味主役のルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルはこのシリーズ以外はパッとしませんでしたから、俳優としての明暗を分けてしまったようですね。

それとEP 1でパドメ・アミダラ女王を演じているナタリー・ポートマン、可愛いですねぇ・・・。(^^;

購入前はどうせ全部観ないかも・・・と逡巡していましたが、映像も音声も現在望み得る最高のものと言っても差し支えない出来栄えでしたので、残り三本も観ちゃうと思います。(笑)

尚、来年3Dによるリバイバル上映があるようです。

« ありがとう113系横須賀線の旅 | トップページ | データ消失その後 »

コメント

おはようございます。
スターウォーズ、懐かしいですね~。第一作が一番印象に残っています。当時夢中になって見ましたから^^ 映画フィルムの一コマのおまけ、いいなぁ~。私はこういうのに弱いです^^

koukoさん、おはようございます。
おお、ご覧になっておりましたか。
第一作というのは映画公開という事で、エピソード4ですね。やはり皆さん同じ印象のようですね。

こんばんは。
エピソードⅣ~Ⅵを劇場で見たのかどうか良くおぼえていないのですが、LDを買って、初期のサラウンド用ソフトとして何度も見ました。DVDもBOXで買いましたが音はそれほど良くなかったような。
エピソードⅠ~Ⅲは劇場で観ていますし、Ⅰ&ⅡはBOXで持ってますが、Ⅲは持ってません。
でも、好きなのはⅣ~Ⅵなので、そのブルーレイ盤が良いとなるとちょっと避けてと通れないかもしれません。
空中スクーター(?)の場面など3Dはおもしろいでしょうね。

DVD版は全シリーズ持っていますが、
ブルーレイにはダースベイダーの新しい声が入っているとか話題になっているようですね。

んーん、
物欲刺激されます。
思わず買ってしまいそう。
困った、こまった、、、

yymoonさん、こんばんは。
このシリーズはドルビーシステムのサラウンドを世に広めた最初の作品として、功績大だと思います。
私、I〜IIIは劇場では観ておりません。WOWOWでの放送で初めて観ました。IV〜VIとは全然雰囲気が違いますね。やはり両者の間に長い時間が経っている事が影響しているように思います。
ブルーレイは映像、音ともかなり良いです。プロジェクターとサラウンドでかなり楽しめると思いますので、購入をお考えになってみて下さい。
3D上映に向いたシリーズだと思います。公開されたら観に行ってみたいです。

roxanne6さん、こんばんは。
このシリーズ、DVD化の際も劇場公開版にはなかったシーンを追加していましたが、今回のブルーレイ版でもいろいろと手を加えております。
そういう事もあって、劇場公開版を改めて観たいという欲求も出て来ました。(笑)

swingphotoさん、こんばんは。
今回のブルーレイ版はなかなか良い作りだと思います。
是非・・・(笑)

こんにちは。
たまたま家電店で見かけて気になっていました。DVDは持っていないので、買ってもいいかなと思いましたが、よく考えたら再生環境が無いです。BDプレーヤーはありますが、モニターが古くてプロテクトのかかっている映像は見られないのです。(涙)

ビワさん、こんばんは。
プロテクトのかかっている映像が見られないという事の意味が良く理解出来ないのですが、480i の映像用モニターなので 1080i の映像を再生出来ないという事なのでしょうか?

説明不足ですいません。
Blu-rayの映像はモニターに信号を送る際もHDCPという技術で暗号化されているそうで、それに対応したモニターでないと表示できないということです。画質を落とせば表示されるのかもしれませんが、それでは意味ないですものね。

ビワさん、こんばんは。
お使いのパソコンモニターでブルーレイを再生しようとされたのでしょうか?
HDCPはHDMIからの信号を汎用のDVI-Dに変換するする規格ですが、ビワさんお使いのモニターがHDCPに対応していないモニターだと理解して良いのでしょうか?
最近発売されているパソコンモニターはHDMI端子を搭載したモノが多くなりましたので、そういったモニターでしたら全く問題ないのですが。
でも、やはりブルーレイはテレビ(液晶、プラズマ)でご覧頂きたいです。DVDとは天と地ほどの差がありますので。

HDCPには対応していません。ナナオの21型液晶ワイドモニターですが、ちょっと古いのです。これを機会に買い替えるという手もあります。

ビワさん、こんばんは。
そうでしたか。ナナオの液晶モニター、定評のあるメーカーですからパソコン用には最適なのではないかと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ありがとう113系横須賀線の旅 | トップページ | データ消失その後 »