« 京都スナップ | トップページ | 家庭内乱 »

2011年9月 1日 (木)

NEX-7 と VG20

Nex7
SONY NEX-7

ご存知のように先日ソニーさんが今秋の新製品を大量に発表致しました。二機種のミラーレス機、一眼レフも二機種、ミラーレス機と同じEマウントのフルハイビジョンビデオカメラ、そして各種交換レンズと、凄い勢いですね。

特にミラーレス機のフラッグシップとも思えるNEX-7のスペックは魅力です。何よりファインダーを内蔵して来たのは個人的には大歓迎です。背面液晶でフレーミングするのも慣れてしまえば何でもないのですが、やはり明るい日中にファインダーできっちりフレーミング出来るのは最高ですね。

搭載するセンサーが2430万画素ですねぇ・・・。事前に海外のサイトで情報が流れておりましたので正式発表に驚きもしませんでしたが、風景写真にも使えるミラーレス機が登場して来たと思います。特に従来の一眼レフ用αレンズを使うためのマウントアダプターがモデルチェンジされ、肝心のAFが通常使うには不足ないスピードでピント合わせが出来るという事ですから、レンズ交換の幅が広がるという事になります。

価格は自分が思っていた予想価格より少し高かったですが、時機を見て購入へ前向きになりたいです。

※ 余談ですが、次期ニコン D300s後継機にはこの2430万画素のセンサーが搭載されるそうです。この事はニコンの方から確証を頂きました。

Vg20
SONY NEX-VG20

正直申しますと私が今回の新製品群の中で一番興味を惹かれたのは実はこのビデオカメラなんです。前作VG10より大幅にステップアップしたと(自分では)思っています。

VG10では記録は1920x1080 60iでしたが、出力は1920x1080 30pだったのです。何故60iでも出力出来ないの?という疑問がありました。

しかし今回のVG20は新しく策定されたAVCHD 2.0という規格に準じた製品で、1920x1080 60pでの出力に対応している事。もちろん従来の標準、60iでも出力出来ます。更には映画のコマ速と同じ24pでのネイティブ記録と出力も出来るようになりました。

望遠域が足りなければαマウントの望遠レンズでも高速なAFが使えるようになったわけですから、私のように飛行機や鉄道を撮影する人たちにとっても魅力的なビデオカメラです。そして前作にあった撮影時間の制限もなくなり、記録メディア、バッテリーが尽きるまで撮影する事が出来るようになりました。

音声も5.1chによる収録が出来るようになり、外観はマイナーチェンジという感じですが、中身はフルモデルチェンジと言っても良いくらい変更されています。これは欲しいなぁ・・・。

NEX-7、VG20、両方欲しいです、私としては。しかし先立つものが・・・。(^^;

« 京都スナップ | トップページ | 家庭内乱 »

コメント

 NEX-7ですが、発売数ヶ月後に期待しております。

 NEX-5N、ビューファインダーを付けて見てきました。
 あれもこれも気になりますが、私としては、・・・以下同文。

おはようございます。
ファインダー内蔵のNEX-7は魅力的ですよね~。今日の記事の「風景写真にも使えるミラーレス機」のお言葉にさらにぐらぐらっと来てしまいました^^ でも私こそ先立つものが・・・。そのうちKONDOHさんがお求めになることでしょうから、レポートを楽しみに待っていますね~^^

pyosidaさん、おはようございます。
私も発売直後は見送ります。少し経って価格がやや落ちて来てからです。(^_^;)
楽しみですね。

koukoさん、おはようございます。
ファインダー内蔵は大歓迎ですよね。いよいよ本命が登場という感じです。
最近、ちょこちょことカメラ以外で使ったので、しばらくは静観であります。

こんにちは。
NEX-7、惹かれます。レンズもようやく揃いだしたようですし、ファインダー付きでこのサイズなら、すごく魅力的。デザインもシャープで格好いいです。あと、新しいアダプターも面白いですよね。仕組みは違いますが、ライカのビゾみたいです。

ビワさん、こんばんは。
NEX-7、良いですよねぇ・・・。手のひらサイズにファインダー内蔵ですから、私には究極のミラーレス機に見えます。
Newアダプター、なるほどライカのビゾフレックスみたいですね。楽しみです。

こんばんは。ファインダー付きなので困ってます。ファインダー越しで撮ってたくせはNEX-5ではたまにイライラ。買いに行きそうなNEX-7です・・・

ダンさん、こんばんは。
やはりファインダー付きは魅力ですよね。
NEX-7によってミラーレスカメラの本命が登場したような感じすらしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都スナップ | トップページ | 家庭内乱 »