« 美瑛・四季彩の丘で | トップページ | 港湾のキリン »

2011年10月31日 (月)

B787 フライト目前

Dsc00236
羽田空港(2011.10.30)

羽田空港第2ターミナルで少し撮影をしました。10月の日曜日は巡り合わせが悪く、イマイチの天候続きでした。昨日も撮影中、今にも雨が降りそうな雲行き。実際午後から雨になりましたが。

Dsc00252

Dsc00349

飛行機撮影、やはり青空の下でやりたいですね。

さて、α77は手振れ補正がセンサーシフト方式。センサーシフト方式での動きモノ撮影は初めてでした。ニコン、キヤノン両社のカメラを今まで使っていましたが、こちらはレンズ内シフト方式。慣れていないせいもあり、センサーシフト方式で望遠レンズを使うと微妙に被写体が揺れていますので撮影しづらいです。

とまぁ・・・贅沢を申しましたが、手振れ補正などという機能がない頃はそれで撮影していたのに、便利さに慣れてしまうとこうなる見本ですね。(^^;

Dsc00423

さて、最新鋭機ボーイング B787の話題です。先日チャーター便が話題になりましたが、いよいよ国内線のフライトが始まります。ビジネスクラスのシートが空港で披露されていましたが、豪華でしたねぇ・・・。

Dsc00427

全日空さんのカウンター周辺は至る所でB787の勇姿が宣伝されています。

Dsc00432

Dsc00434

新しい飛行機が登場する。飛行機ファンとしてはワクワクして来ますね。

初フライトを迎える羽田空港、多分大騒ぎになるのでしょうねぇ・・・。

SONY α77 + DT 16-50mm/F2.8 SSM、TAMRON SP 70-300mm/F4-5.6 Di USD

« 美瑛・四季彩の丘で | トップページ | 港湾のキリン »

コメント

こんにちは。
センサーシフト式でもEVFならまだマシだと思いますよ。これが光学ファインダーだと撮影中は恩恵無しですから。
B787の定期便、カラーリングはあのイラスト通りになるのでしょうか。斬新な感じがして良いです。

ビワさん、こんばんは。
そうですね、EVFはリアルタイムに分かりますから。
B787、多分・・・しばらくはあのカラーリングになると思うのですが。

787、早く乗ってみたいですね。
内部は、いかがなんでしょうね?

swingphotoさん、
787、魅力的な飛行機です。
さんざん待たされましたから、期待大です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美瑛・四季彩の丘で | トップページ | 港湾のキリン »