« 京都・天龍寺 | トップページ | 晩秋の新宿御苑 »

2011年12月 4日 (日)

京都・龍安寺

Dsc02196
京都市右京区、龍安寺にて(2011.11.28)

天龍寺を後にし、再び嵐電に乗って今秋の京都最終訪問地は「龍安寺」です。嵐山に行きながら渡月橋に行かなかったのは新幹線の時間が迫っている事と、東京原宿並みの人の多さに辟易したからです。

Dsc02208

柿が良い感じで垂れ下がっているので、紅葉とバランスを取りながら数カット撮影しました。

Dsc02159

本堂にはそれなりに観光客がおりますが、回遊式庭園の鏡容池(きょうようち)はゆったりと廻れるので良いですね。

Dsc02172

龍安寺と言えば枯山水の方丈庭園(石庭)です。桜のシーズンの方がより人気があるようで、観光客でごった返したりする事も。

Dsc02176

Dsc02180

Dsc02189

以前、晴天の日に龍安寺を訪れた際、鏡容池方向へ歩いて行く時の逆光に透けるモミジのトンネル下、あまりの素晴らしさに大きな感動を覚えた事を今も忘れません。

そういった感動が忘れられなくて毎年京都を訪れる事になったわけですが、なかなか毎年毎年味わう事は出来ません。しかし逆にそれがまた「今年は・・・」と、期待を持ちながら京都へ向かう事が出来るわけです。

SONY α77 + DT 16-50mm/F2.8 SSM

« 京都・天龍寺 | トップページ | 晩秋の新宿御苑 »

コメント

おはようございます。
天龍寺に続き龍安寺とメジャーなお寺巡りをされましたね。
観光客も多かったでしょうが、写真では紅葉の静かな佇まいだけが伝わってきて、楽しめました。
曇天でも京都のモミジは背景が良いので風情がありますね。

yymoonさん、おはようございます。
この日はほぼ地下鉄を利用して行けるところに限定して動きましたので、廻りやすいところばかりになりました。
龍安寺も人気がありますから本堂はそれなりに観光客が多かったです。
いつ行っても京都は落ち着けます。

こんにちは。
僕は普通の柿でも写真に撮りたくなってしまう方ですが(街中ではまず見られないので)、紅葉との組み合わせだと、なおのこと良いですね。
実際は違うのかもしれませんが、こういう写真を見ていると、いかにも静かな古都の風景だなあと思ってしまいます。

ビワさん、
柿って如何にも秋を連想しますよね。まさに季語みたいです。
龍安寺は人がいても皆さん静かに廻るせいか、喧噪感がなくて良いです。特に池の周りはホントに静かなんです。

素晴らしい紅葉ですが、京都はどうも交通機関の関係がよくわからないのが訪ねるのをためらわせます

roxanne6さん、こんばんは。
交通機関は京都駅へ行ってしまえば何とかなります。(^^ゞ
バスのロータリーへ出れば丁寧に行き先が出ております。鉄道が分からなければこの路線バスでほとんどのところへ行けますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・天龍寺 | トップページ | 晩秋の新宿御苑 »