« 「ボディガード」アメリカ映画 | トップページ | 久々にライカ CM »

2012年2月15日 (水)

雪にまみれて

Dsc00541

慣れないスノーシューを履いて誰も歩いていない雪の上を歩くのは実に気持ちが良いものです。

Dsc00554

しかしこれでも昨年より雪は大分少ないそうです。あまり雪には縁のない横浜に住んでいると、この景色だけでも充分信じられない景色です。

ちなみに手前の真っ白いところは沼でして、全面結氷した上に雪が積もっているわけです。昨年同時期に見た北海道の網走湖と同じですね。

Dsc00589

Dsc00595

細い枝が海のイソギンチャクみたいに見えたので撮影しておきました。

Dsc00597

よく竹林をこうして上を見上げながら撮影する事がありますが、今回は林の中で同じように。気温は氷点下10度にはなっていなかったと思いますが、あまり寒く感じないのが不思議。

Dsc00584

撮影を終えてスノーシューと背景を交えて記念写真を。(^^;

ところでNEX用の標準ズームレンズ、少しフリンジが出ていますね。私の個体だけかなぁ?

SONY NEX-7 + E 18-55mm/F3.5-5.6 OSS

« 「ボディガード」アメリカ映画 | トップページ | 久々にライカ CM »

コメント

おはようございます。
別世界のようですね。下から林を見上げた風景の美しいこと。雪にまみれるなんて体験、もう随分していない気がします。こんな所へ行ったら、子どものような気分になりそうです^^

koukoさん、おはようございます。
真っ白な白銀の世界、本当に感動しました。北国は雪被害で亡くなる方もいる状況です。そうした中で雪に感動しているのはやや顰蹙かもしれないのですが、でも綺麗でした。行っただけの価値はありましたですよ。

こんばんは。
私は、健康上の理由から、このような酷寒の場所に行くことはできないため、現実に、素晴らしい銀世界に臨み、好きな写真撮影ができるKONDOHさんが羨ましいです。
また、予定外の場所であったにもかかわらず、きちんと事前に調査されていて、このような場所で目的を達成されていることも素晴らしいです。

yymoonさん、こんばんは。
私、暑いのはまったくダメでして、多少の寒さは我慢出来るのです。ですから昨秋、北海道の旭岳で氷点下の中を薄いシャツ一枚で一時間半も歩いたりも出来るのですが。もっともこの時は予想外の気温で、さすがに寒かったですが。(^^;
それと今回の場合は長野出身の方のアドバイスがあったのです。しかし想定外の事はしょっちゅうです、私の場合は。(笑)

素晴らしい銀世界です、澄み切った空気が伝わってくる風景ですね。行ってみたいですね

こんにちは。
美しい景色です。でも、こういう場所で生活するのは大変でしょうね。家屋が見えますが、誰かが住んでいるわけではないのかな。

JPEGで撮るとメチャメチャスッキリした画質になりますよ。

と、言うのは無しなんですよね(^_^;)
うちのもこのレンズはちょっと色付きありますよ。
私はRAWで撮影したモノは、Lrでちょっと弄っています。

roxanne6さん、こんばんは。
非常に綺麗な風景でした。
被害さえなければホントに良いのですが。

ビワさん、こんばんは。
家屋は多分、別荘ではないかと思います。
雪深いところの生活は大変ですね。ニュースで北国の様子を見ると感じます。

ボン村上さん、こんばんは。
そうですか、やはり少し色が付きますか。自分のだけではない事にやや安堵しました。ホントは無い方が良いのですが。何処を見ても真っ白な世界で撮影しましたから、分かりやすかったですね。
そういえばJPEGで撮影していなかったです。今度試してみましょう。

私はRAW+JPEGで撮っています。
テスト的にそういう設定にしていたのですが、そのおかげですぐに分かりました。
カメラ内部での補正、凄い威力です(^^;)

ボン村上さん、こんばんは。
なるほど、RAW+JPEGで撮影されていらしたのですか。私、ファイルが大きくなるからと、ほとんどそうした撮影はしておりませんでした。
NEX-7のカメラ補正、凄いですか。私も確かめてみましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ボディガード」アメリカ映画 | トップページ | 久々にライカ CM »