« 羽田ウォッチング | トップページ | EOS 5D III 実機を触ってみて »

2012年3月 6日 (火)

KARAJAN 60 CD BOX 完聴!

Dsc03779
KARAJAN 60(82枚組CD BOX)輸入盤

昨年10月25日の拙ブログでご紹介済みの82枚組CD BOX、カラヤンがドイツグラモフォンと正式契約を結び、その後逝去するまで録音した中から初期の1960年代(一部50年代後期含む)の録音をまとめたものですが、昨日ですべての音源を聴き終わりました。

前回の記事中、一週間に2枚聴いても41週間掛かる、と記述しましたが、なんと17週間程で聴き通してしまいました。こんなに早く聴き終えたというのは何より聴いていて楽しかったからだと思います。1960年代、カラヤン若き日の指揮ぶりは颯爽としていて音楽に張りがあります。合わせてベルリン・フィルの合奏能力が優れているので聴き応え充分。

Dsc03792

全82枚のCDはすべてオリジナルLP様式の紙製ジャケットに入っており、これがまた何ともマニア心を誘います。どのようにして聴いたかと申しますと、録音(曲)を選ばずに順番に1枚目から聴き始めました。初めて聴く曲もかなりありまして、ロッシーニの「弦楽のためのソナタ」などは実に楽しめました。

Karajan_03
ベートーヴェン/交響曲第5番「運命」

思えば私がクラシック音楽を聴くために小遣いで最初に購入したのがカラヤンが指揮するベートーヴェンの交響曲第5番のLPレコードでした。何十回と繰り返し聴きましたねぇ。笑われるかもしれませんが、未だに各楽章の演奏時間を記憶しています。現在はそのレコードを持っていませんが、ジャケットに記述されていた演奏時間は第一楽章から順に、7分7秒、9分52秒、4分42秒、8分57秒です。凄いでしょう?(^^;

Karajan_01
チャイコフスキー/交響曲第5番

カラヤンのチャイコフスキーはどれも優れた演奏ですね。本場物と言われるロシアの名指揮者、ムラヴィンスキーの解釈とはまったく正反対ですが、絶対音楽として捉えれば私は断然カラヤンの演奏に軍配を上げます。第4番の超絶的名演盤については2010年11月8日に採り上げておりますので、ご参考までに。最近SACDでも再発売されましたですね。

Karajan_02
ブラームス/交響曲第4番

私、カラヤンのブラームスも結構好きなんです。特に第4番は良いですね。同曲にはフルトヴェングラーの戦中の実況録音に超絶的名演(英EMI)が残されているのですが、音がさすがに良くないのでねぇ。しかし音の悪さを遥かに超える、まるで悪魔が乗り移ったのではないかと思えるくらいの素晴らしい演奏です。

このカラヤン盤は奇を衒う事の無い素直な演奏で、曲を味わうならこちらの演奏かもしれません。すべてのCDの感想などはとても出来ませんが、ベートーヴェンの作品では劇音楽「エグモント」がなかなか良かったです。その他の名演盤についてはまた機会をみて採り上げてみたいと思います。

さて、次に挑戦するCD BOXは、同じくカラヤンが英EMIに録音した「オーケストラ音楽のすべて」を収録したもので、こちらは全87枚のCDです。1946年の録音から晩年の1984年までという長い年月の記録です。87枚組のCD BOXですが、外資系CDショップで11,000円で購入しました。全く以て信じられない価格でありますね。もちろん英EMIの正規輸入盤です。

« 羽田ウォッチング | トップページ | EOS 5D III 実機を触ってみて »

コメント

おはようございます。
82枚を17週で! 次々に聴かずにはいられない名演奏なのですね♪ レコードがCDに変わり、レコードジャケットが小さいプラスチックケースとぺらぺらの紙だけになったときにはがっかりしましたが、紙製ジャケットのCDが出てくるようになり、少し購入時の楽しみが増したかなと思っています^^

koukoさん、おはようございます。
自分でも思ったよりハイペースで聴き通してしまいました。これ以外に他の演奏家のCDも聴いているのに。(笑)
おっしゃるようにあのプラケースは味気ないですよねぇ。その点、紙製ジャケットは幾らかレコードジャケットを彷彿とさせてくれるので良いです。
それとプラケースは厚みがあるので増えて来ると場所を取るのが私には何とも・・・(^^;

こんばんは。
82枚短期間で全部お聴きになったとは驚きです。
浮気性の私は、気になる曲だけ聴いたら、後は別のCDに関心が行ってしまいますので、買う決心がつかないうちに、幸か不幸か在庫がなくなったようですね。オリジナルジャケット仕様だったので、ちょっと惜しいような気がします。

私が、最初に買ったクラシックのLPはワルターのブラームス3番で、カラヤンは、60年代のベートーベン「英雄」が最初でした。

yymoonさん、こんばんは。
このオリジナルジャケット仕様は良いです。一度も見たことのないジャケットがあったりして、貴重なCD BOXだと思います。
大分以前に採り上げた同じグラモフォンのシンフォニー・エディション38枚組のCD BOXもすでに聴き終えています。思えば一気にカラヤンのCDが増えてしまいました。(笑)
それでも安いので助かります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 羽田ウォッチング | トップページ | EOS 5D III 実機を触ってみて »