« 東日本大震災から一年 | トップページ | いつも心に・・・ »

2012年3月12日 (月)

被災地、追悼

Dsc01047
福島県いわき市久ノ浜(2012年3月11日)

昨日は三度目となりますが、被災地を訪れました。今回は原発避難警戒地区、半径30km圏外となる福島県いわき市の久ノ浜。少し北へ進むと警戒地区に入る楢葉町で、こちらはすべての町民が避難しているところ。

早朝4時半自宅を車で出発し、高速湾岸線から常磐自動車道に入り、福島県の「いわき四倉(よつくら)IC」で降りて太平洋方向へと車を進め、久ノ浜という町へ。こちらも津波で多くの人命が奪われています。

Dsc01046

震災から一年、久ノ浜でも小さな慰霊祭が執り行われておりました。一年前、大津波の引き波で多くの人が飲み込まれています。その海沿いで献花の儀式が行われておりましたので、私も献花をして手を合わさせて頂きました。

Dsc01014

砂浜に面した家屋は他地域と同じく、基礎部分だけを残して津波に流されていました。まさに壊滅的被害。涙ながらに献花している方々を見ると、こちらも涙を誘われました。

さて、被災地を訪れるのは前述したように三度目となりましたが、正直申しまして今回は出掛けるにあたって少し勇気が必要でした。

SONY NEX-7 + E 18-55mm/F3.5-5.6 OSS

« 東日本大震災から一年 | トップページ | いつも心に・・・ »

コメント

こんにちは。
少し勇気が必要だったというお言葉、よくわかります。でも、こうして実際に自分の目で見てこられたこと、すごく大事なことのように思います。

私も阪神大震災で生き埋め事故や火災、高速道路の倒壊など被害を受けた所を歩みて歩き生活したのですがほとんど撮影していません。今となればもっと撮影しておくべきかとも思いますが後悔はしていません。
しかし現在の状況とは異なりブログやtwitterで発信できます。これからも発生するであろう巨大地震や災害は人々の記憶にとどめるために被害に遭われた方に代わりいまなお悲しみに耐えて生きる人や懸命に復興に励む人々の真摯な現場の状況は発信すべきだと思います。
災害は忘れた時に来る。いつ我が身に降りかかるか・・・
教えられますね。

koukoさん、こんばんは。
いろいろ思案したのですが、しかし行ってみて良かったと思っています。
車での日帰りは結構キツかったですが。

Tokiwaiさん、こんばんは。
Tokiwaiさんは実際に阪神大震災をご経験されていらっしゃるので、今回の東北の被災者のお気持ちも良く分かるかと思います。
写真をやっている以上、プロもアマチュアも関係ないという事で、自分も行って来ました。自分の眼で見た事によって天災の恐ろしさ、怖さを知る良い経験をして来たと思っています。
明日は我が身という事をいつも思う必要もありますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東日本大震災から一年 | トップページ | いつも心に・・・ »