« 携帯と現代人 | トップページ | 湯島天神 »

2012年3月26日 (月)

ヤシコンプラナー

Img_0292
東京・湯島天神にて

久しぶりにヤシコンの標準レンズ、プラナー 50mmを持ち出してみました。と申しましても今回はフィルム撮影ではなく、EOS 7Dにマウントアダプター経由での撮影。

Img_0288

梅は見頃を迎えており、見物客で賑わっておりました。

Img_0332

別名「輪違い」と呼ぶそうで、この梅は一本の木に白梅と紅梅が花開くという珍しい梅です。

Img_0308

椿を裏から。真っ赤な椿が盛期を過ぎたのか、散っていました。

Img_0301

偶然、こんな厳かな式に遭遇しちゃいました。梅を見に来た人や参拝客が見守る中での神前結婚式。こういう時の新郎新婦、どういう気持ちになるのでしょうねぇ?

ところでEOS 7DはAPS-Cセンサーですから50mmレンズを50mmの画角で使えないんです。やはりこういう使い方の時はフルサイズセンサーが良いですね。

Canon EOS 7D + Planar T* 50mm/F1.4 AEJ

« 携帯と現代人 | トップページ | 湯島天神 »

コメント

今年の梅は今が見頃ですね。
ずいぶんと遅い、、、こんなの初めてです。
私もまたまた北野天満宮と車折(くるまざき)神社に出撃しておりました。
車折神社でも結婚式をやっていました(^o^)

往年の名レンズ、メーカーが撤退したのでどうしてもアダプター経由での使用になるのが悔しいです。
Rもちゃんと使いたいんですけど、、、

私は既にフルサイズのデジカメを持っていないのでAPS-Cで使っているのですが、最近は慣れてきました(^^;)
もちろん50mmを50mmで使えれば一番いいんですけどね。

ボン村上さん、おはようございます。
梅の見頃が三月下旬ですからねぇ・・・。例年ならソメイヨシノが花開き始める頃です。
今年も京都の梅撮影は行けませんでした。その代わり、来月楽しませて頂きます。
古いレンズはアダプター経由で使うようになりますね。フルサイズがベターだとは思うのですが、APS-Cだから逆にレンズの粗が出ないで済んでいるとも言えます。
そうそう、村上さんもNEXでライカマウントを使って撮影されていらっしゃいますね。ちゃんと拝見していますよ。(^^)

 結婚式に遭遇するとは、ラッキーでしたね。

 マウントアダプターでの使用ですが、フルサイズがあると良いですね。
 となると、3つの候補が絞られます。(笑)

pyosidaさん、おはようございます。
結婚式、思わぬ遭遇でした。
マウントアダプターをフルサイズで・・・。大物の候補がありますねぇ・・・(^^;

おはようございます。
結婚式に遭遇は、何となくうれしいですね。私もこのプラナーをデジタルで使ってみたいと思っているのですが^^ Y/Cレンズ、よいですよね~♪

泉鏡花「婦系図」の舞台として訪れたことがあるのですが印象として意外と狭いのだなと思ったことがあるのが湯島天神の印象です。
いまこの小説を読む人がいるのでしょか。それにしても今年の梅は遅いですね。
デジタルで色々なレンズが使用できるのは撮影の楽しみですね。私も在庫のレンズにと研究しています。

こんばんは。
一度は使ってみたい玉ですね。
いつかはD800につけたいと・・・

アラ見てたのねぇ〜♪
NEXは色々くっつけられるので面白いです(^^;)

4月は、、、楽しみですねぇ。
出来れば雨上がり、期待です。

koukoさん、こんばんは。
結婚式には思わぬ遭遇でした。
このレンズ、久しぶりに使いました。ヤシコンの標準レンズですから、ユーザーさんは多いと思います。

Tokiwaiさん、こんばんは。
泉鏡花の「婦系図」、作者とタイトルだけは知っているのですが、小説を読んだ事も映画等を見た事もないのです。ですから湯島天神も先入観なしで訪れております。有名な作品ですから一度くらい読んでおかないといけないですね。
古いレンズを使うのにデジタルは便利だと思います。

ramble-leicaさん、こんばんは。
コシナさんからFマウントで沢山のツァイスが出ていますから、是非お使いになってみて下さい。最新設計ですからデジタルでも問題ないと思います。

ボン村上さん、こんばんは。
ミラーレスはフランジバックが短い事でいろいろなレンズが使えます。それがまた普及した原因のひとつでしょうね。
4月、期待しております。

こんにちは。
「輪違い」、珍しいですね。一見それらしく見えて、実は2本の木がからみ合っているだけ、というのはタマに見かけますが。

ビワさん、
この梅の木は珍しいですね。私は初めて見ました。
梅も満開を迎えて、今度は桜ですねぇ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 携帯と現代人 | トップページ | 湯島天神 »