« ニコン D800到着 | トップページ | D800が見た桜 »

2012年4月 2日 (月)

D800初撮影

Dsc_0004
横浜、大さん橋(2012年4月1日)

入手したばかりのニコン D800、最初の撮影はお馴染みの大さん橋に先月の「アテナ」と同じく初寄港となるバミューダ船籍「シー・プリンセス」が入港したので、それが被写体です。

↑この写真、14bitロスレス圧縮のRAW画像を16bit TIFFに変換したら、ファイル数はなんと217MBにもなりました。ただただ驚き。(^^;

いつもは写真をクリックして頂くと横800ドットの写真が広がるようにしてあるのですが、今日は横1024ドットと、いつもより大きな写真をご覧頂けるように致しました。

Dsc_0006

さて肝心のD800ですが、やはりニコン製のカメラらしくシャッターの切れが良いです。音はD2Xに似た感じ。しかし撮影する行為自体が楽しくなります。こういう気分にさせてくれるカメラは久しぶりですねぇ・・・。

Dsc_0017

天気は良かったのですが、昨日も風が強くて・・・。風が強いといつもモチベーションが上がらない自分ですが、昨日は使っていたカメラのお陰で落ち込む事もなく(^^;、撮影を楽しむ事が出来ました。久々に使うフルサイズのデジタル一眼レフ、やはり大きなファインダーは清々しいですね。

Dsc_0019

そうそう、D800を使っている人を見掛けたのです。自分の初撮影で他の人のD800を見るとは思いもしませんでした。

Dsc_0051

昨日は「飛鳥 II」も入港しており(左)、更には「にっぽん丸」も入港しているのですが、さすがに大さん橋は巨大客船二隻が入っているので、「にっぽん丸」はお隣の山下埠頭に着岸しました。

シー・プリンセスは総トン数77,000トン、全長261メートル、全幅32メートル、乗客定員1,950人という大型客船。大さん橋両側にマンションが建ったような感じです。

↑この写真はレンズのワイド側 16mmでの撮影。フルサイズデジタルのお陰でレンズの焦点距離そのままで使えるのはやはり良いですね。シー・プリンセスの上に黒点のように見えるのはホバリング中のヘリコプターです。

昨日は当然ながらフルサイズのFXモード、FX比1.2倍モード、それとDXの1.5倍モードを試したのですが、キヤノン機にはない機能なので、これは実に便利。DXモードでも1530万画素もありますので、利用価値大ですね。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 16-35mm/F4G ED VR

« ニコン D800到着 | トップページ | D800が見た桜 »

コメント

おはようございます。
撮っている行為自体が楽しいというのは、何よりよいですよね~。私もハッセルを使ってはじめてそういう感覚を味わいました。16mmフルサイズ、拝見していても気持ちがいいです。かなり良さそうですね、D800♪ 昨日は入港ラッシュだったのですね。行けばよかったなぁ^^

 おはようございます。

 D800・・・何だか以前の中判カメラという感じがします。
 撮る行為そのものが楽しそうです。

 私の方はPentax110用のレンズで、別の楽しみを味わっております。(笑)

D800、webで拝見してもさすがの画像ですね(!)。
ワイド系が多いせいもあって、D700使用していますが、こちらはDXクリップでは500万画素ちょっと、800が羨ましく思う瞬間です。(笑)
当方の旧いPCでは、とても対応不能に近い画像容量です。

koukoさん、こんばんは。
ハッセルもそうですよねぇ。私も未だにハッセルで撮影する事は写真撮影の醍醐味と思っています。
デジタルカメラに愛着を感じる事は私には極めて稀な事で、D800はその稀なカメラとなりました。
昨日は天気も良かったですし、初寄港の豪華客船も入りましたから行かなかったのはもったいなかったですよ。

pyosidaさん、こんばんは。
久々にデジタルで気に入ったカメラとなりました。
ワンテンのレンズですか。かなり濃いですね。(笑)

kurakameさん、こんばんは。
やはりワイド系が多いとなるとフルサイズが有利ですよね。DXモードで1500万画素は充分使えますので、多いに利用したいと思います。
画素が増えるという事はパソコンにもそれなりの投資が必要になりますからねぇ・・・。

D800やはり手に入れられたのですね。しかしロスレスで218MBですか。これは大変なパソコン投資専用の機械かD800専用のHD設定等が必要になるようですね。2TBのTimeMachineも接続しているのですが・・・
中判カメラのような画像として見られのすがWEBにはもったいですが、KONDOHさんも感じられているようにファインダーを覗いて構図を決める時間とシャッターを押す時の瞬間がカメラマンにとって至福の時間がありますね。D800の画像楽しみにしています。

こんにちは。
光学ファインダーを前提とするなら、やはりフルサイズの方が気持ちが良いですよね。TIFF画像が217MBですか。ディスクもそうですが、メモリーもそれなりにないとレタッチも出来ないですね。

Tokiwaiさん、こんばんは。
いろいろと熟慮した結果、D800になりました。久々のニコン製デジタル一眼レフとなりましたが、やはりボディの作りは違いますねぇ。
RAWからTIFFに変換すると大変大きいファイルになります。おっしゃるようにパソコン関係にも投資が必要となりそうです。
大きなファインダーでシャッターを切れるのはやはり写真撮影の醍醐味だと思います。音も自分のモチベーションを上げてくれますし。結果的には購入して良かったです。

ビワさん、こんばんは。
久々のフルサイズデジタル一眼レフです。しばらくAPS-Cのファインダーばかり見ていましたので、大きなファインダーに感動しました。
TIFFに変換すると大きなファイル容量にこれまたビックリです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニコン D800到着 | トップページ | D800が見た桜 »