« 奈良・吉野山 桜 | トップページ | 平安神宮 枝垂れ桜 »

2012年4月18日 (水)

吉野千本桜

Dsc01549

今回の吉野行きは春秋の京都撮影オフのメンバーとの恒例撮影オフでした。今年は京都での撮影オフではなく、奈良吉野での開催。

昨秋の京都紅葉撮影オフの際に来年の春は吉野に行きませんか? と、提案があり、実行したわけです。

Dsc01554

今回はボン村上さんが開花状況を予測し、日程の決定から当日の行程まで考えて頂き、参加者は村上さんに付いて行くだけ。更には宿の手配までして下さり、今回は珍しく全員が同じホテルに宿泊です。

私は前日の15日早朝、羽田から大阪伊丹空港入り。普通は新幹線で京都入りですが、ただ単に飛行機に乗りたかったからです。(^^;

空港から京都へ上洛し、京都で桜撮影を楽しんだ後、夕方電車を乗り継いで奈良の橿原神宮へ。午後6時、ホテルのロビーに集合。そして駅前の居酒屋で毎回お馴染みの前夜祭(食事会&飲み会)です。皆さんと楽しく歓談した後、翌朝6時に再びロビー集合を約して各自部屋に戻って睡眠。

Dsc01562

早朝6時にホテルを出、橿原神宮前駅6時10分発の近鉄で一路吉野へ。

一目千本と言われる吉野の桜。当日(16日)は下千本と中千本はほぼ満開。上千本は五分咲きというところでしょうか。奥千本はまったくでした。

吉野山最奥の金峯神社の枝垂れ桜をみんなで目指したのですが、残念ながら前述の如くまったく花開いていませんでした。

Dsc01527
吉野水分(みくまり)神社

普通、「みくまり」なんて読めないですよね。ここの枝垂れもご覧の通り、満開はこれからです。

Dsc01559
金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂、威徳天満宮

え!? 梅!?

JR東海さんの「うまし うるわし 奈良」キャンペーンで金峯山寺を採り上げているせいか、凄い人です。添乗員さんに連れられたツアーの人たちが押し寄せて来ておりました。

しかし見事な桜風景を見られたのはボン村上さんの絶妙な日程設定のお陰です。感謝致します>村上さん

ところで昨日の撮影機材、D800にタムロンレンズ!? と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。あの望遠ズームレンズ、価格の割には良く写るんですよ。私のお気に入りレンズです。

SONY NEX-7 + E 18-55mm/F3.5-5.6 OSS

« 奈良・吉野山 桜 | トップページ | 平安神宮 枝垂れ桜 »

コメント

こんばんは。
金峯神社の枝垂れ桜は残念でしたね。
それにしても。今年の桜は遅いですね~。うちの近くでも、枝垂れとソメイヨシノが一緒に咲いていて、今までなかったことなので撮り方に困ってしまいました(^_^;)。
D800は(NEX-7もそうかと思いますが)、レンズの限界を表すことはあるかも知れませんが、同じレンズを他のボディで撮るより写りは良くなるということなんでしょうね。神経質になることはないんじゃないかと考えています。

おはようございます。
一枚目の山肌を這うように咲く桜の見事なこと。一生に一度くらいは、これを見てみたいものです^^ 横浜の桜が散り始めてのお出かけでしたので、てっきり東へ向かわれたのかと思いましたが、西でも標高が高い場所では、まだこれからなのですね。年に二度のオフ会、楽しそうですね^^

kv492さん、おはようございます。
枝垂れは残念でしたぁ。一応、証拠写真としてiPhoneで撮影はしております。(笑)
桜と梅が同時に花開いて、ホント今年は珍しい年になりました。
D800で使うタムロンレンズ、おっしゃるようにレンズの性能限界まで描写してくれるようです。元々私は一般の世評など気にせず使う性格なので(笑)、これからもこのレンズはD800で使います。

koukoさん、おはようございます。
吉野のような桜風景、自分の眼で見る姿は圧巻でした。桜が好きな方は是非一度は見て頂きたいですねぇ。私もまたいつか出掛けてみたいです。
標高の高いところは西でも桜はこれからのようです。桜って気温に敏感なんですね。
オフ会、楽しいです。(^^)

こんにちは。
今年の天候は花の見頃を難しくさせてくれましたね。金峯山寺は桜ではなく梅でしたか。JRのキャンペーンにつられて行った人には拍子抜けでしょう。自然が相手ですから、仕方ないですね。

ビワさん、こんばんは。
梅と桜が同時に見られるなんて、今年は実に珍しい年になりました。
まさに、こればっかりは自然相手ですから仕方ないですね。
しかし中千本から下千本は満開ですから、少しの標高差で桜の開花は随分と時間差が出るものですね。

お疲れ様でした。
今は腰が痛いです(^^;)

ボン村上さん、こんばんは。
わははは・・・。私は両足の筋肉痛です。(^^;
しかし今回もお世話になりました。満開の吉野千本桜を見られたのは村上さんのお陰と感謝しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良・吉野山 桜 | トップページ | 平安神宮 枝垂れ桜 »