« 桜を狙うカメラ | トップページ | 今日はR 90mm »

2012年4月23日 (月)

R 80mmでチューリップ

L1000453

今月はフィルムを一本も消費していなかったので、フィルムを詰めたライカ R9と、デジタルバックを装着したいつものR9DMRの2台を持って横浜公園のチューリップを撮影して来ました。横浜公園のチューリップはほとんど毎年のように撮影していますので、今年も。

他県の方に横浜公園って何処? と思われるかもしれませんので場所をご説明しますと、大さん橋近くに位置しておりまして、横浜スタジアムが入っている一帯です。

L1000436

今にも雨が降って来そうな(午後から実際に雨)花曇りの天候で、柔らかい光が花の撮影には最適でした。

花の撮影といえば私の場合、定番とも言えるアポマクロ 100mmレンズ持参ですが、今日は先ず80mmの大口径中望遠レンズでの撮影分をご覧頂きたいと思います。

以上2枚は絞り開放での撮影。滲んだような描写がソフトフォーカス的で、このレンズの個性が出ていると思います。

L1000445

こちらは二段絞ったF2.8による撮影。ピント面のエッジが立って来てガラッと描写が変化しますね。

以前も申し上げた事があるのですが、私は大口径中望遠レンズで花を撮影する事が結構好きなのです。ヤシコンのプラナー 85mmも良く使いました。花撮影とくればマクロレンズが定番ではありますが。

大口径中望遠レンズと言えば85mmが一般的ですが、ライカ Rは何故か80mmというところが微妙で面白い焦点距離となっています。

LEICA R9 + Summilux-R 80mm/F1.4 + DMR

« 桜を狙うカメラ | トップページ | 今日はR 90mm »

コメント

おはようございます。
絞り開放のチューリップ、こういうフォーカスがかかった感じの写真が大好きですので、うっとりです~☆ 横浜公園のチューリップは今年はパスかな^^ 桜桜と言っているうちに、GWがもう目前になってしまいましたね。季節が流れるのが早いこと^^

中望遠でのチュリップ、いい具合の木瓜ですね。先日、70−200を持っていきかけたのですが,あいにくの雨で一本減らしました。現地で後悔です!

koukoさん、こんばんは。
大口径中望遠レンズに多い、開放での柔らかさ。こうした花の撮影には向いていると思います。
横浜公園のチューリップ、遅咲きはこれからですので、まだまだ楽しめますよ。
ホントについこの間年末年始の休みが終わったと思ったら、もうGWという感じです。早いですねぇ・・・。

ramble-leicaさん、こんばんは。
70-200は重いですからねぇ。雨が降っていると躊躇しちゃいますよね。
私も欲しいレンズですが、手が出ません。(^^;

こんにちは。
美しいですね。柔らかさを残したシャープな写りが良いです。
ドイツのメーカーは焦点距離にこだわりがありますね。ツァイスの25mmとか。

ビワさん、こんばんは。
中望遠に多い特性のレンズかもしれませんが、なかなか個性的だと思います。
そういえば25mmというのもツァイス独特の焦点距離ですね。他にあまりないですから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜を狙うカメラ | トップページ | 今日はR 90mm »