« モノクロで都電 | トップページ | 京急線の見える風景 »

2012年5月24日 (木)

激安輸入CD BOXの事

Img_0317
Karajan ; The Complete EMI Recordings-Orchestral Works (87CD+1CD ROM)

以前、カラヤンが1960年代(一部50年代後期)にドイツグラモフォンへ録音した管弦楽曲の全録音、82枚組のCD BOXを17週間ほどですべて聴き通してしまった事を記事にさせて頂きました。

で、今聴いているのが↑このCD BOXです。カラヤンが生涯掛けて英EMIに録音した管弦楽曲のすべてを網羅した87枚組のCD BOXで、これは第1集。第2集はオペラ等の声楽部門のすべてを収録したCD BOXで、このふたつのBOXを購入すればカラヤンが英EMIに残した録音をすべて入手する事が出来ます。

今日の話題はこれらの演奏を云々する事ではなく、こういった全集モノの輸入CD BOXが信じられないほどの激安価格で売られている事を採り上げました。

ちなみに上記CD BOXは某外資系ショップで購入し、税込み11,165円でした。87枚組ですから1枚当たり僅か128円ほどです。決して海賊盤などではなく、英EMIの正規盤でこの価格です。嘗て新譜の時はそれこそ1枚モノで2千数百円もしていたのですから、この激安価格には理由が分かりません。

Img_0310
Toscanini ; The Complete RCA Collection(84CD+1DVD)

こちらも某外資系ショップのwebで予約購入したBOXで、つい三日前に拙宅に届いたもの。こちらの価格に至っては7,524円です。DVDも含めると全85枚になりますが、これも1枚当たり計算してみたらなんとなんと88円ほどです。100円を切っちゃうのですから凄いですねぇ・・・。

イタリア出身の指揮者、アルトゥーロ・トスカニーニ(1867-1957)が米RCAに残した全録音と、英EMIへBBC交響楽団と録音した音源が収録されています。もちろん私はトスカニーニの現役時代など知るはずもなく、この往年の名指揮者の録音を聴いてみたくて購入したのです。

これは激安価格に惹かれたからなのです。仮に1枚1,000円という廉価盤であったとしても84枚ですから84,000円もします。この価格だったら絶対購入していませんです。(^^;
何しろ古い音源でステレオ録音は1枚もないのですから。これを全部聴き通すには相当な忍耐が必要になるのではないかと思います。余程のトスカニーニファンでない限り。

冒頭のカラヤン CD BOXですが、こちらもドイツグラモフォンのBOXと同じく1枚目から順に聴いておりまして、現在51枚目を聴き終えています。しかしここ数年でこういった全集モノのBOXが増えてしまい、述べ枚数も増加する一方で、いよいよ収納場所に苦慮するようになりました。(笑)

こういう異常とも言える激安価格に慣れてしまうと、新譜価格2,500円〜3,000円が逆に異常に高く感じてしまうのが困ります。

もしかして欧米のクラシックレーベルは過去の膨大な歴史的録音を投げ売りした後、CDの販売を止めてしまうのかも・・・と、そんな危惧を抱いている昨今です。

« モノクロで都電 | トップページ | 京急線の見える風景 »

コメント

BBC&トスカニーニ先生のベートーベンは私も持ってます。鬼気迫る演奏が凄まじい!なんでもトスカニーニ先生は練習の鬼で徹底的にオーケストラを鍛えたとか。下手なロックバンドよりノリノリの演奏が聴けます。ロックバンドはせいぜい5人くらいですが,数十人のオーケストラにあのようなタイトな演奏をさせるトスカニーニ先生は偉い!

おはようございます。
正規盤で1枚百円台とは! 私も先日アマゾンで昔持っていたレコードをCDで買い直そうと見ていて700円だったのに驚いたのですが。確かにその値段を見てしまうと二千円、三千円というのがやけに高い気がしてしまいますね。うれしいような悲しいような。

スカルピアさん、おはようございます。
練習の鬼だという事は私も音楽雑誌で読んだり、残された映像のリハーサル風景を見て知っておりました。
そのトレーニングのお陰で放送局お抱えのオケが世界的に有名になったのでしょうね。
BBCとの演奏は凄まじいですか。それでは一番最初に聴いてみる事に致しますね。

koukoさん、おはようございます。
とにかく輸入盤の価格はいったいどうなっているのだ、そういう思いです。
こちらとしては有り難いですが、学生時代に昼食代を削って音源を買っていたのは何なんだ・・・という気持ちも。(笑)

今日、久しぶりに新宿のタワレコに行ってみたところ、クラシックのフロアーが10階になっていたのでとまどいました。
トスカニーニのボックスがありましたが、敬意を表するだけにしておきました。
今はCDはネットで注文して手に入れるのが一般的になっているでしょうから、それに合わせてカラヤンのボックスのように廉価で大部なボックスが作れるのでしょうね。あれを店で買って持ち帰るのはちょっと大変ですからね。

yymoonさん、こんばんは。
こういう大物のBOXセットはいつもwebで購入しています。重たいものをぶら下げて持って帰る必要がない事と、何よりwebの方が安いのですよね、同じショップでありながら。
このトスカニーニのBOX、webでは初回入荷分は完売したようです。私の購入した先、次の入荷分から13,000円超えの売価になっているようです。

こんにちは。
トスカニーニBOXは地味に聴いております。
初回入荷分は、「英雄」で不具合があったらしく、それで以降の入荷が止まっているようです。
購入先からは何のアナウンスも無いので、どうしようかと思案しているところです。

話は変わりますが、EMIのSIGNATURE SERIES (SACD ハイブリッド)が価格の割には良く出来ていて、お勧めです。
ブック型仕様になっており、私が買ったブルックナーはマスターテープ裏書の写真があり、資料的価値も少しはあるのかと思ったりしております。

ぽちさん、こんばんは。
「英雄」に不具合があったのですか。
それで二回も発売が遅れているようなメールが来たのですねぇ・・・。手元に来たものは大丈夫なのかな?
EMIのSIGNATURE SERIES (SACD ハイブリッド)、これは私も店頭で見ました。SACDとしては廉価なので、シューリヒトを買おうか・・・などと思案して一先ず見送っています。でも、多分買うと思います。(^^;

ネットの情報では、1枚目1949年の「英雄」が29枚目の1953年録音と同じだったらしく、現在市中に出回っているものは全て同じと思われます。修正盤は6月に出てくるらしいです。

HMVが未だに何も言ってこないのですが、まぁそういう店らしいので、しばらく様子を見ようと思っています。だめなら輸入元に直接問い合わせするしかないようです。

ぽちさん、
実は先のレスの後、1枚目の「英雄」を聴いてみたのです。ジャケットを見ると1949年録音とあるのですが、それにしては音が良いなぁ・・・と思いながらも1枚最後まで聴き通しました。
で、そのディスクが29枚目の1953年録音と同じというので、今聴き比べてみました。
ガ〜ン・・・、同じ演奏でした。聴衆のノイズも同じところに出ていますので、2枚は同一の演奏です。一応、購入先にメールを出してみる事に致します。
そういえば冒頭のEMI盤のカラヤンも2枚に同一の演奏が混じり、更には解説書にも不具合があり、修正版が別途ケースに入っていました。
安いだけに作り方も雑なんでしょうかねぇ・・・?

こんにちは。
いずれ、CDが全く売れなくなることを見越しているのでしょうか。CD100枚程度のデータが瞬時にダウンロードできるようになったら、この手の商品は売れなくなるのかもしれません。

ビワさん、こんばんは。
ネット配信が広まってからCDが売れないと聞きますが、クラシックの場合はまだまだCDが売れ筋の中心だと思うのですが、将来的には分からないですねぇ。
そういう近い将来を見越しての投げ売りかもしれませんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モノクロで都電 | トップページ | 京急線の見える風景 »